Event is FINISHED

豊田耕三×トシバウロン×おおしまゆたか「アイリッシュ・フルート入門」『アイルランド音楽 碧の島から世界へ』刊行記念

Description
おおしまゆたか著『アイルランド音楽 碧の島から世界へ』刊行記念企画第3弾は、イーリアン・パイプス、ギターに続いて、フルートにスポットを当てます。

クラシックや吹奏楽でもおなじみの楽器ですが、それらとはひと味もふた味もちがうアイルランド音楽におけるフルート演奏の歴史、過去の名演や名プレイヤーたちの特徴などを解説、ご紹介していきます。

ゲストには、本国のコンペティションでも高く評価され、O'Jizo[オジゾー]やケーリー・バンド、はたまた祭り囃子でも活躍するフルート、ホィッスル奏者の豊田耕三さんをお迎えして、おなじみトシバウロン&おおしまゆたかの二人とともにお送りします。

至近距離で、演奏を見て聴きながら学べる貴重なチャンスをどうぞお見逃しなく!

【出演者プロフィール】
豊田耕三(とよだ・こうぞう)

アイリッシュ・フルート、ティン&ロー・ホィッスル奏者。日本人として初めてオール・アイルランド・フラー・キョールのコンペティション本戦に出場。アイルランド国内の複数のフェスティバルに参加。その演奏が絶賛され、国営放送を始めとする各種メディアに取り上げられた。2014年、アイルランド大使公邸にて開催された故シェイマス・ヒーニー氏追悼イベントにおいて皇后陛下の御前で演奏し絶賛される。地元・千葉県船橋市の二宮神社のお囃子神楽連にも所属し、篠笛を中心に伝統芸能の担い手としても活動中。これまでにパディ・キーナン、シェイマス・タンジー、マイケル・タブラディ、シェイマス・オドンネル、フィドラーズフェスティバル、矢野顕子、谷川俊太郎、谷川賢作、小室等、佐々木幹郎、覚和歌子、こむろゆい、まるで六文銭、窪田ミナ、Akeboshiの各氏と共演。現在はソロに加えてToyota Ceili Band、O'Jizoなどのグループでも活動。テレビドラマやアニメなどの音楽の録音にも数多く参加している。東京芸術大学音楽部楽理科卒業(音楽民族学)、同大学大学院音楽研究科修士課程修了(音楽教育)。
公式サイト:http://www.kozo-toyota.com/

トシバウロン
日本では数少ないバウロン専門のプレーヤー。他の楽器と波長を合わせグルーヴを作り出すことに長けているが首が曲がりメガネが弾け飛ぶほどダイナミックな動きには賛否両論がある。 2000年冬アイルランド留学中にアイリッシュ音楽を始めパブ・セッションで研鑽を積む。現在東京にてJohn John Festivalを軸に多様な活動を展開中。2012年スペイン国際ケルト音楽フェスでHarmonica Creamsとして日本人初の優勝を果たす。葉加瀬太郎、鬼束ちひろのレコーディングにも参加。アイリッシュミュージック専門イベント企画やCD販売レーベル「TOKYO IRISH COMPANY」を主宰する。「アルテス」電子版のサイトに「世界のケルト音楽を訪ねて」を連載。
公式サイト:http://www.t-bodhran.com/

おおしまゆたか
ヨーロッパの伝統音楽をこよなく愛する翻訳家。著書に『ギネスの哲学』(英治出版)、『聴いて学ぶアイルランド音楽』(アルテスパブリッシング)、『アイルランド 社会と文化1922~85年』(国文社)、『アイリッシュハートビート ザ・チーフタンズの軌跡 』(音楽之友社)、『アイリッシュ・ソウルを求めて』(大栄出版)があるほか、『ラーマーヤナ』(ポプラ社)、『驚異の発明家の形見函』(東京創元社)など多くの翻訳を手がけている。
ブログ:http://blog.livedoor.jp/yosoys/

【出演】
豊田耕三(アイリッシュ・フルート、ティン&ロー・ホィッスル奏者)
トシバウロン(バウロン奏者)
おおしまゆたか(『アイルランド音楽 緑の島から世界へ』著者/翻訳家)

【日時】
2016年10月15日(土)
19:00~21:00 (18:30開場)

【場所】
本屋B&B
世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

【入場料】
2000yen+500yen/1drink
Event Timeline
Sat Oct 15, 2016
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
B&B
Tickets
前売/席確保(2000+500yen 1drink) ¥2,500
Venue Address
東京都世田谷区北沢2-12-4 2F Japan
Directions
下北沢駅南口徒歩30秒
Organizer
本屋B&B
10,539 Followers