Event is FINISHED

マルチステークホルダー・ダイアログ for SDGs!

Description
■ 2030年に向けて世界が合意した持続可能な開発目標「SDGs」

2015年9月25日。人類史上、決定的な瞬間とも評される合意が国連にて全会一致で採択されました。持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)、通称SDGsです。

SDGsは持続可能な世界の実現を目的とした、「あらゆる場所のあらゆる形態の貧困を終わらせる」「あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を促進する」「気候変動およびその影響を軽減するための緊急対策を講じる」など17個のゴールからなり、2030年までに達成するとしています。

このSDGsのアジェンダでは「我々の世界を変える行動の呼びかけ」として以下の決意が記されています。

我々の世界を変える行動の呼びかけ
70年前、以前の世代の指導者たちが集まり国際連合を作った。彼らは、戦争の灰と分裂から、国連とそれを支える価値、すなわち平和、対話と国際協力を作り上げた。これらの価値の最高の具体化が国連憲章である。

今日我々もまた、偉大な歴史的重要性を持つ決定をする。我々は、すべての人々のためによりよい未来を作る決意である。人間らしい尊厳を持ち報われる生活を送り、潜在力を発揮するための機会が否定されている数百万という人々を含む全ての人々を対象とした決意である。

我々は、貧困を終わらせることに成功する最初の世代になり得る。同様に、地球を救う機会を持つ最後の世代にもなるかも知れない。我々がこの目的に成功するのであれば 2030 年の世界はよりよい場所になるであろう。
(「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための 2030 アジェンダ」より抜粋)

私たちも、大げさではなく、SDGsは人類の歴史に残る遠大な取り組みであり、また、環境問題をはじめとした世界的な破綻を回避し、全ての命が大切にされる世界を実現するための大きなターニングポイントの一つであると確信しています。


■ SDGsを達成するために、私たちは何者として、何を手がけていくのか。
2015年9月25日の採択以来、このSDGsを達成していくために「私たちは何者として、何を手がけていくのか。」という問いを持ちながら、SDGsに関するワークショップなどのいくつかの活動を重ねてきました。

その中で感じたことの一つは、環境、教育、医療、社会福祉、金融、食料、紛争、経済格差、貧困等々の様々な領域で活動しているチェンジ・エージェントの方々と共に、SDGsを白地図として世界の今を共に感じ、対話し、行動を生み出していきたいということです。

それぞれの社会課題はお互いに影響を与え合っています。日々の活動の中でも、チェンジ・エージェントの方々がお互いの領域で起きていることを感じ、共有し合いながら、行動していると考えるだけでも、その可能性にとても勇気付けられます。

また、もう一つは、SDGsを達成したその先にある《私たちが創り出したい未来》にこそSDGsを達成していくための鍵があるのではないかということです。

SDGsに関するワークショップを開催する中で多く聞かれた声は、「SDGsを達成した先にみんなが見ている未来があるような気がする。その未来がSDGsを達成する鍵を握っていると思う」というものでした。

SDGsはある意味で、世界的な破綻という問題を解決するという観点から生まれた目標であるとも言えると思います。この目標を達成していく上で、問題解決という視点に加えて、「そもそも私たちは、どのような世界を創りたいのか」という観点も大切になってくると考えます。

■ なぜSDGs×マルチステークホルダー・ダイアログなのか?
SDGsが、今までの目標と違うのは、「クラスタリング(目標どうしのあり得ない繋がり)」という事に、解決の可能性を観ている点です。

それぞれの分野の専門家だけが集まったのでは、解決できない問題も一見関係の無い分野との繋がりから解決の糸口が見つかることがあります。また、自身の関心のある分野の問題も、意見無関係の問題に立って見た時、見えてくることがあります。

このクラスタリングこそがSDGs解決の鍵であり、可能性です。そして、その領域のみでなく、一見無関係の人々が出逢い・話し・感じ・創る、マルチステークホルダー・ダイアログこそが希望と言えます。


■マルチステークホルダー・ダイアログ for SDGs !
SDGsの達成を目的とした、マルチステークホルダー・ダイアログ(利害・立場の垣根を越えた共創造のための対話と取り組み)を開催します。

当日は、様々な領域で活動しているチェンジ・エージェントの方々と共に、世界の今を共に感じ、対話し、アクションを生み出していく、そして、SDGsを達成した先にある、私たちが創り出したい世界のビジョンについても対話し、共有していきます。

また、SDGsで掲げられている目標間のつながりや、自分自身の願いとSDGsのつながりを体感覚で感じながら、対話を深めていきます。

SDGsを達成していくという想いを持った仲間とつながり、アクションを起こすための機会として、ぜひご参画ください。

【開催概要】
日程:2016年11月19日(土)、20日(日)の1泊2日
    ※初日の開始時間は10:00となります。
    ※最終日の終了時間は17:00となります。
料金:42,400円(税込)
   内訳)
   参加費 :21,600円(税込)
   宿泊実費:20,800円(税込)
   ※宿泊実費には、朝食1回、昼食2回、夕食1回を含みます
   ※現地までの交通費は各自ご負担となります
定員:30名
場所:保険農園ホテル フフ山梨
   http://fufuyamanashi.jp
主催 :一般社団法人 Dialogue

※キャンセルポリシー
ワークショップ実施1ヶ月前までのキャンセル
返金金額=お振込みいただいた参加費全額−銀行振込み手数料

ワークショップ実施3週間前までのキャンセル
返金金額=お振込みいただいた参加費の80%−銀行振込み手数料

ワークショップ実施2週間前までのキャンセル
返金金額=お振込みいただいた参加費の50%−銀行振込み手数料

ワークショップ実施1週間前までのキャンセル
返金金額=お振込みいただいた参加費の30%−銀行振込み手数料

ワークショップ実施1週間以内のキャンセル
返金はございません。



Event Timeline
Nov 19 - Nov 20, 2016
[ Sat ] - [ Sun ]
10:00 AM - 6:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
保険農園ホテル フフ山梨
Tickets
ご参加(宿泊実費込み) ¥42,400
Venue Address
山梨市牧丘町倉科7190番地 Japan
Directions
JR中央本線 塩山駅下車/駅からタクシーで約20分/定刻に送迎車を運行
Organizer
一般社団法人Dialogue
266 Followers