Event is FINISHED

ZAKKA&CRAFT TALK SHOW 東北のつくり手とつながる17日間

Description
『タピエスタイル』は、気鋭のクリエイターによるアクセサリー・雑貨をセレクトし、
『かわいい』を日本文化として発信する大阪発のお店です。
HPはこちら→http://tapiestyle.jp

8月5日〜23日まで、東北では初となる期間限定ショップ
『Kawaii et cetera in SENDAI』を開催中。
50名以上のクリエイターの作品をご紹介しております。

この度、初の東北進出を記念して、東北地方で活躍しているつくり手をお招きし
トークイベントを行います!
つくり手とつながる特別なひとときをこの機会に。
トークショーは18:30-20:00、20:00-21:00が交流会となっております。

■スピーカー(敬称略・順不同

オーストリア国家認定フローリストマイスター
齋 絢子
仙台在住。フラワーデザインが盛んなヨーロッパの中でもレベルが高いと言われているオーストリアのマイスター国家資格をもつ。近年では「身に着けるアート」をテーマに、植物の実や花を使ったアクセサリーも展開。

ジュエリーブランド『Lipatti Jewelry』デザイナー
草刈 美智子
仙台在住。早稲田大学第一文学部卒 東北鉱業会会員。
震災後、東北から発するもの作りを、との理念から東北鉱山会館にジュエリー工房を設立。
地元の子育て中の女性のちからを合わせて、新しい作品を次々と生み出す。

『株式会社 石巻工房』代表・工房長
千葉 隆博
震災当日まで父親と共に鮨職人として従事していたが、
津波で店舗が壊滅的な打撃を受けたため休業を余儀無くされた。
その後、石巻工房の共同代表である芦沢啓治氏と出会い、家具作りを始めた。
3年を経て、株式会社石巻工房 共同代表・工房長に就任。

『株式会社 studio-L』山形事務所 コミュニティデザイナー
出野 紀子
2001年よりテレビ番組制作の仕事に携わり、TV番組制作ディレクターとして独立。
studio-L参画した後は島根県の自主運営テレビ局で住民による番組作りをサポート。
2014年より拠点を山形に移し、東北芸術工科大学コミュニティデザイン学科で
教員として若手育成に務める。

株式会社タピエ』代表・インテリアデザイナー
玉井 恵里子
京都在住。92年アルフレックスジャパンより独立し東京代々木に「タピエ」設立。
大阪南船場にクリエイターズ雑貨ショップ&ギャラリー「タピエスタイル」をオープン
「kawaii」を日本の文化として日本からパリに向けて発信、「kawaii et cetera」開催。
Event Timeline
Sat Aug 20, 2016
6:30 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
無料チケット
Venue Address
宮城県仙台市 青葉区春日町2−1 Japan
Organizer
タピエスタイル
2 Followers
Attendees
1 / 40