Event is FINISHED

『人工知能のための哲学塾』刊行記念イベント〜「人工知能×ビジネス」〜

Description

■概要


『人工知能のための哲学塾』の刊行を記念して、トークセッションを開催いたします。8月11日にBNN新社より発売される書籍『人工知能のための哲学塾』は、ゲームAI開発者・三宅陽一郎氏が、人工知能と哲学、生物学、科学と人工知能、そして私たち人間との関係について解説した本です。

人工知能は人間に近く、そして遠い存在です。今、誰もが知りたいところは、人工知能が私たちの社会にとって、個人にとって、どのような位置を占めることになるか、ということです。それがわかれば、生活でも、ビジネスでも、どのように用い、人工知能と共にどのような方向へ進めば良いかわかるようになるからです。そこには、確かに時代の流れがあります。

第1部では、書籍『人工知能のための哲学塾』の著者である三宅陽一郎氏から、【人工知能と私たち人間の社会とのかかわり】を解説いたします。第2部では、ゲストとしてSpeee代表の大塚英樹氏、著述家の山本貴光氏をお迎えして、【人工知能、ビジネス、社会をテーマに、存在の在り方を変えていく人工知能について鼎談いたします。

進行はテクノロジーと未来について創作活動を続ける犬飼博士氏が担当します。
人間にとって人工知能は何なのか、基本的なビジョンを獲得し、今後の活動に向かうためのお時間を準備いたします。

*最後に、登壇者・参加者を交えて懇親会を行います。


■開催日程


2016年8月29日(月)19:30 ~22:00[19:00開場]


■参加費


1,000円



■タイムスケジュール


19:00 -     開場
19:30 -     はじめに(進行:犬飼博士氏)
19:35 - 20:15 講演(三宅陽一郎氏)
20:15 - 20:20 5分休憩
20:20 - 21:00 鼎談(三宅陽一郎氏×山本貴光氏×大塚英樹氏)
21:00 - 22:00 懇親会

■ゲスト


=大塚 英樹(おおつか ひでき)株式会社Speee 代表取締役
1985年生まれ埼玉県出身。小学生時代から経営者だった父親に影響を受け、自身も経営者を志す。2005年に株式会社リクルートへ入社。ネット広告代理店での事業立ち上げを経験し、2007年株式会社Speeeの創業メンバーとして参画。2011年に代表取締役就任。

=山本 貴光(やまもと たかみつ)
文筆家・ゲーム作家。コーエーでのゲーム制作を経てフリーランス。大学や専門学校で教鞭をとり、モブキャストとプロ契約を結んでプランナー育成に携わる一方で、文理にまたがって学と術(sciences and arts)の世界を遊歩・測量中。著作に『脳がわかれば心がわかるか』(吉川浩満との共著、太田出版)、『世界が変わるプログラム入門』(ちくまプリマー新書)、『サイエンス・ブック・トラベル』(編著、河出書房新社)、『文体の科学』(新潮社)、『「百学連環」を読む』(三省堂)など。漱石の『文学論』を読み解く本や三宅陽一郎さんとの共著も進行中。好きなものはカステラ。必殺技は百学連環の計。繋ぎます。


■登壇者


=三宅 陽一郎(みやけ よういちろう) @miyayou
国際ゲーム開発者協会(IGDA)日本ゲームAI専門部会代表、日本デジタルゲーム学会(DiGRA JAPAN)理事、CEDECアドバイザリーボード、ゲーム開発者。デジタルコンテンツシンポジウム第4回 船井賞受賞(2008)、CEDEC AWARDS 2010 プログラミング・開発環境部門優秀賞。日本デジタルゲーム学会2011年若手奨励賞受賞。デジタルゲームにおける人工知能技術の理論的確立と実際のゲームタイトルへの具体的導入に従事。

=犬飼 博士(いぬかい ひろし)
1970年、愛知県生まれ。eスポーツプロデューサー、ゲーム監督。つながりと笑顔を生むツールとして、ゲームとスポーツに着目。スポーツとITを融合した作品発表、大会運営等を手がける。現代的なスポーツマンシップとしてスペースマンシップを提唱。人工知能を巻き込んだ次世代の「遊び」を研究開発中。最新作は「あたりつき お守りタイプ」


Event Timeline
Mon Aug 29, 2016
7:30 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
自由席 ¥1,000

On sale until Aug 28, 2016, 12:00:00 PM

Venue Address
東京都港区六本木4-1-4 黒崎ビル 4Fラウンジ Japan
Directions
【東京メトロ日比谷線・都営地下鉄大江戸線六本木駅】6番出口より、徒歩7分 【東京メトロ南北線六本木一丁目駅】1番出口より徒歩7分 *4階のラウンジにそのままおいでください
Organizer
『人工知能のための哲学塾』出版記念イベント運営委員会
139 Followers