Event is FINISHED

柳原孝敦×米光一成「訳者とゲーム作家、『第三帝国』を語る!」ボラーニョ・コレクション『第三帝国』(白水社)刊行記念

Description
ロベルト・ボラーニョの没後10年となる2013年に刊行が始まった〈ボラーニョ・コレクシ
ョン〉(全8巻)。第6回配本となる
『第三帝国』は、本コレクション中で唯一、作家の遺稿から原稿が発見され、没後出版さ
れたという経緯をもつ作品です。
『第三帝国』の執筆時期は1989年。小説家としての短いキャリアの中で比較的初期の作品
でありながら、『野生の探偵たち』『2666』など、すでに邦訳のある後期の作品の世界観
を先取りするかのような高い完成度を備えた異色の長篇小説です。

日記形式で描かれる小説の語り手は、〈第三帝国〉という名のウォーゲームのドイツ人プ
レイヤー。ボラーニョ自身もボードゲームを愛好していたと言われ、彼の作品ではおそら
く唯一「ゲーマー」が主人公の小説である点も見逃せません。

このたび、本書の訳者であり『野生の探偵たち』の共訳者でもある柳原孝敦さんと、「日
本翻訳大賞」の実行委員として立ち上げに関わったゲームクリエイターの米光一成さんの
お二人をお迎えし、『第三帝国』の世界と、ゲームを通じてボラーニョを読むことの可能
性について存分に語っていただきます。



柳原孝敦(やなぎはら・たかあつ)
1963年鹿児島県名瀬市(現・奄美市)生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科准教授。
東京外国語大学大学院博士後期課程満期退学。著書に『ラテンアメリカ主義のレトリッ
ク』、『劇場を世界に――外国語劇の歴史と挑戦』共編著(以上、エディマン/新宿書
房)、『映画に学ぶスペイン語』(東洋書店)、訳書にアレホ・カルペンティエール『春
の祭典』(国書刊行会)、フィデル・カストロ『少年フィデル』、『チェ・ゲバラの記憶』
監訳(トランスワールドジャパン)、ロベルト・ボラーニョ『野生の探偵たち』共訳、カ
ルロス・バルマセーダ『ブエノスアイレス食堂』、(以上、白水社)、セサル・アイラ
『文学会議』(新潮社)、フアン・ガブリエル・バスケス『物が落ちる音』(松籟社)な
どがある。

米光一成
1964年広島県生まれ。ゲーム作家、ライター。デジタルハリウッド大学客員教授。『ぷよ
ぷよ』『トレジャーハンターG』『バロック』『想像と言葉』などゲーム監督・脚本・企
画を数多く手がける。一方で、本やゲームのレビュー等でライターとしても活躍。池袋コ
ミュニティ・カレッジ「表現道場」の道場主。編著に『男の鳥肌名言集』(角川書店)、
著作『仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本』(ベストセラーズ)、『思考ツールと
してのタロット』(電子書籍)等。ゲーム『想像と言葉』をNHKラジオやイベントなど
で展開中。2015年西崎憲氏とともに「日本翻訳大賞」を立ち上げ、大きな話題を呼んだ。
Twitter@yonemits


開場:19:30〜

[B&Bイベントページ]
http://bookandbeer.com/event/20160822_game/





Event Timeline
Mon Aug 22, 2016
8:00 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
B&B
Tickets
前売/席確保(1500+500yen 1drink) ¥2,000
Venue Address
東京都世田谷区北沢2-12-4 2F Japan
Directions
下北沢駅南口徒歩30秒
Organizer
本屋B&B
10,542 Followers