Event is FINISHED

座馬耕一郎×岩田有史×鍛治恵「人類最良の眠りとは?」『チンパンジーは365日ベッドを作る』(ポプラ社)

Description
今年3月に『チンパンジーは365日ベッドを作る 眠りの人類進化論』が出版されました。野生のチンパンジーがどのように眠っているのか……この本は、人にもっとも近いチンパンジーの生態を通して、眠りの本質、進化の道筋をたどるものです。

そこで今回B&Bでは、同書の刊行を記念して、著者で京都大学アフリカ地域研究資料センター研究員の座馬耕一郎さんをお呼びして、チンパンジーの眠りから見えてくるヒトへの眠りの進化、眠りの本質について、ゲストとともに語っていただきます。

ゲストには、『なぜ一流の人はみな「眠り」にこだわるのか?』という著書もあり、京都の老舗寝具メーカー(創業1830年)社長という立場から、睡眠習慣のコンサルティングも行う岩田有史さん。「ねむり展」のメイン展示だった「人類進化ベッド」の製作秘話もお楽しみに!

司会は、今春京都で開催された「ねむり展 眠れるものの文化誌」を共催したNPO睡眠文化研究会事務局長の鍛冶恵さんが務めます。

・暑い夏をいかに快適に眠るには?
・睡眠環境の起源とは?
・人の睡眠、チンパンジーの睡眠

人が避けて通れない睡眠。その本質に迫るイベントです。お見逃しなく!

【出演者プロフィール】
座馬耕一郎(ざんま・こういちろう)
京都大学アフリカ地域研究資料センター研究員。専門は人類学、霊長類学。現在の研究テーマは、野生チンパンジーの睡眠と夜間の行動。 ポプラ社刊『チンパンジーは 365 日ベッドを作る』(ポプラ社)。

岩田有史(いわた・ありちか)
創業1830年、京都の老舗寝具メーカー社長。睡眠環境、睡眠習慣のコンサルティング、眠りに関する教育研修、寝具の開発、睡眠環境アドバイザーの育成などを行っている。『なぜ一流の人はみな「眠り」にこだわるのか?』(すばる舎)。

「人類進化ベッド」
展示日程:7/28〜9/13 (8/8~8/12 夏期休館)

会場:リビングデザインセンターozone 3Fウエルカムプラザ
※会期中にベッドを体験できる日あり
https://www.ozone.co.jp/event_seminar/event/detail/89

クラウドファウンディング中の「人類進化ベッド」
https://www.countdown-x.com/ja/project/P1827259

【出演】
座馬耕一郎(京都大学アフリカ地域研究資料センター研究員)
岩田有史(寝具メーカー社長・快眠プロデューサー)
鍛治恵(NPO睡眠文化研究会事務局長)

【日時】
2016年8月20日(土)
19:00~21:00 (18:30開場)

【場所】
本屋B&B
世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

【入場料】
1500yen+500yen/1drink


Event Timeline
Sat Aug 20, 2016
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
B&B
Tickets
前売/席確保(1500+500yen 1drink) ¥2,000
Venue Address
東京都世田谷区北沢2-12-4 2F Japan
Directions
下北沢駅南口徒歩30秒
Organizer
本屋B&B
10,539 Followers