Event is FINISHED

ISWC2016@KOBE連携ハッカソン<2日目>-オープンデータ×NHKワールドで「インバウンド向けLODアプリ」を開発しよう!

Description

■主催人工知能学会・セマンティックウェブとオントロジー(SWO)研究会
■協力:NHKワールド
■後援特定非営利活動法人リンクト・オープン・データ・イニシアティブ
   LODチャレンジ実行委員会

■当日の開場予定は9:30です.

■イベント公式サイト
 http://www.sigswo.org/papers/iswc2016hackathon
 →データセットの利用方法などの情報はこのサイトで公開します.
  アイデアソンの成果も掲載しています

■Facebookイベント
 https://www.facebook.com/events/1200426033348495/
 →参加者間の意見交換などにご利用ください.

★9/3(土)ハッカソンのみの参加も可能です!

 →ハッカソンのみの場合,チーム編成については,
 a)イベントサイトに公開するアイデアソンの結果(上記の公式サイトに掲載)を見て,
  関心のあるチームがあれば合流する.
  (※事前にご連絡をいただければ,主催者を通して,チームの代表者に参加希望をお伝えします.)
 b)個別に開発を進めていただく.
 のいずれかをご選択いただくが,その他,ご希望があればご相談ください
 →
iswc2016hack@ei.sanken.osaka-u.ac.jpまで

■9/2(金)13:00-18:00 プレハッカソン@大阪
ハッカソンの前日にお時間のある方は,大阪大学産業科学研究所(大阪大学吹田キャンパス内)にて,事前開発やデータ準備を行うプレハッカソンを行います.
→参加をご希望の方は,iswc2016hack@ei.sanken.osaka-u.ac.jpまでご連絡ください.
 詳細についてお伝えします.

■NHKワールドから提供いただくデータ
以下のデータを取得可能なAPI(SPARQLエンドポイント)をご提供いただきます.
データの詳細仕様は,こちらをご覧下さい.
  • NHKワールドのテレビ番組表(EPG)
  • 動画メタデータ(VOD):Journeys in Japan,Tokyo EYEの動画情報(約100本分)
  • 料理レシピデータ: レシピ情報(約400本)
これれのデータに加えて,さまざまオープンデータを組み合わせてアプリを開発します.

■開催概要
セマンティックWeb技術やLinked Dataなどに関するトップカンファレンスであるISWC2016(The 15th International Semantic Web Conference)が,今年の10月に12年ぶりに日本(神戸市)にて開催されます.

このISWC2016の神戸開催の連携企画として,Linked Open Data(LOD)の活用した「ISWC参加者向けアプリ」を開発するハッカソンを開催します.
テーマは,世界各国から集まる「ISWC2016の参加者が,日本(神戸)滞在を楽しむ」ためのアプリケーションです.

使用するデータは,DBPediaをはじめとするLODや,神戸市などが公開しているオープンデータに加え,NHKさんがNHKワールドのコンテンツに関するメタデータをLinked Dataにして提供して下される予定です.

またハッカソンの優秀作品は,SWO研究会の参加者等からの意見を受けてブラッシュアップをした後,ISWC2016国内委員会が提供する公式アプリとして,参加者に利用していただく予定です.

■参加対象
・LODやオープンデータを活用したアプリケーション開発に関心をお持ちの方
・NHKワールドのコンテンツを利用したアプリを開発してみたい方
・外国人向けのサービスやアプリに関心のお持ちの方
・LODを他のデータやコンテンツ(例:NHKワールド)と連携させて利用する技術に関心のある方
※プログラムの開発経験があることが望ましいですが,アイデア出し,データ作成など,
 エンジニア以外の方でもご参加いただけます.

■イベント内容(予定)
<1日目:8月20日(土)アイデアソン>【詳細は,こちら
・NHKさんから提供いただくNHKワールドのメタデータをはじめ,今回のハッカソンで利用できる
 データおよびツールの説明をします.
・チーム編成,および,開発するアプリのアイデアを議論する「アイデアソン」を行います.

※1日目のアイデアソンと,2日目のハッカソンの間の期間は,グループ毎に必要に応じて打ち合わせ,事前作業を進めていただきます.
※2日間ともに参加できることが望ましいですが,いずれか1日のみの参加も歓迎します

<2日目:9月3日(土)ハッカソン>
・アイデアソンの成果をもとに,アプリのプロトタイプを開発する「ハッカソン」を行います.
・最後に成果発表を行い「ISWC2016で参加者に提供するアプリ」や,その他の特別賞などを決定しま
す.

■スケジュール
9:30 開場
10:00 趣旨説明,データの紹介
10:25 チーム編成(※ハッカソンのみ参加の人)
10:30 開発開始
15:00 中間状況の報告(スプレッドシートにアプリの概要等を記入)
16:30 プレゼン開始
17:10 休憩・審査
17:30 結果発表
18:00 解散
(終了後,希望者で懇親会)

■プレゼンの方法
・アプリのデモを含めたプレゼンをしていただきます.
・発表の持ち時間は5分+質疑応答2-3分を予定しています,
・アプリのデモ
 →プログラムの改良,データの拡充については,ブラッシュアップの段階で行う想定ですが,
  少なくとも「サンプルデータ」で実際の動きが見られることが望ましいです.
・プレゼンデーション
 →説明スライド,模造紙利用,寸劇,など形式は問いません.

■今後の開催予定
<後日:9月6日(火)ブラッシュアップ(東京にて開催)>
・ハッカソンで「ISWC2016で参加者に提供するアプリ」として選ばれたアプリ
 「第39回セマンティックウェブとオントロジー(SWO)研究会」内で紹介すると共に,研究会の参加者
 からの意見も聞いて,ブラッシュアップの方針を検討します.
・その後,検討した方針に沿ってアプリのブラッシュアップを行い,最終版をISWC2016の参加者向けに公開します.

※9/6に行うブラッシュアップの議論については,参加は必須ではありませんが,9/5-6に開催される第39回SWO研究会と合わせて,参加をご検討いただけますと幸いです. 
※ブラッシュアップの作業をどのように行うかの詳細は,追って案内しますが,ハッカソンで選ばれたアプリの開発者だけではなく,本イベントとして,開発をサポートする体制を用意する予定です.

■成果物の扱い
・本イベントで発表された成果(アイデア,アプリ)は,原則として,オープンなライセンスで公開するものとします.
・ただし,それらの成果をもとに発展させたものを学会(国際会議,研究会,全国大会など)や学術論文として発表することは,妨げません.
 →その際は,貢献度に応じて共著者にすることや謝辞で述べるなど,適切な対応を行ってください.
・「ISWC2016で参加者に提供するアプリ」として選ばれたものは,ブラッシュアップの後,オープンソースソフトウェアとして公開する予定です.
 その際のライセンス等は,アプリの開発に携わったメンバーで調整の上,決定します.

■お問い合わせ先
・セマンティックウェブとオントロジー(SWO)研究会
 「ISWC2016@KOBE連携ハッカソン」担当
 iswc2016hack@ei.sanken.osaka-u.ac.jp
Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2016-09-02 13:30:30
More updates
Sat Sep 3, 2016
10:00 AM - 6:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
参加する
Venue Address
兵庫県神戸市中央区三宮町1-9-1 三宮センタープラザー東館6階 Japan
Directions
JR「三ノ宮」駅、阪急・阪神・地下鉄・ポートライナー「三宮」駅より徒歩約5分
Organizer
セマンティックウェブとオントロジー研究会
24 Followers