Event is FINISHED

「スポーツGOMI拾い」から学ぶ非営利組織のマネジメント ~企業・行政とスポーツの関わり方の実例~

Description
スポーツと社会貢献は相性が良いと言われる。個人の善意によって素晴らしい活動がなされることもある。しかし、えてしてこのような活動は長く続かない。その理由は、マネジメントにありそうだ。

「想い」を継続的な活動に繋げるために必要なものは何か。企業や行政はその様な「想い」と結びついてどの様な価値創造が出来るのか。スポーツが社会にもたらせる社会的インパクトはどの様なものなのか。今回は「スポGOMI」を展開する一般社団法人ソーシャルスポーツイニシアチブの馬見塚健一代表に非営利団体のマネジメントについてお伺いする。

スポーツ業界の方はもちろん、企業や行政がどのようにスポーツと関わりあいながら自らの価値を向上していけるのかのヒントが満載。

スポGOMI

http://www.spogomi.or.jp/

この様な方にお勧め

・非営利団体のマネジメントに興味のある方

・スポーツを活用した事業をお考えの企業・自治体関係者

・スポーツや社会貢献に興味を持っている方

・スポーツビジネスに興味のある方


【詳細はこちら】
日時: 825日(木)
19:00
21001845受付開始)

2100~ そのままの会場で、お飲物、軽食付きの立食式の交流会を開催します。

場所: フォトクリエイト 3階セミナールーム

http://www.photocreate.co.jp/company/access/#map01

2階の受付ではありませんのでご注意ください


費用 社会人5,000円 学生3,000円 


交流会でのお飲物、軽食代も含まれます。


★内容

19
00  講演

2100  交流会

交流会は立食形式で行います。学生・社会人問わず、業界を知ったり、人脈を広げるにはとても良い機会です。

皆様のご参加お待ちしております!!


【講師プロフィール】

馬見塚健一 1967年生まれ 鹿児島市出身

一般社団法人 ソーシャルスポーツイニシアチブ 代表理事

(旧)一般社団法人 日本スポーツGOMI拾い連盟

株式会社ブレイン プロデューサー

一般社団法人 日本スポーツ雪かき連盟 副理事

横浜商業高校スポーツマネジメント科非常勤講師

2007年、スポーツと環境をデザインするブランドコンサルティング集団、深浸呼吸有限責任事業組合を設立。同年、ap bankの第5期プロジェクトとして「mawaru fukuro(地球柄のごみ袋/ごみ=幸せの抜け殻)を発表。2008年、一般社団法人日本スポーツGOMI拾い連盟発足。20166月、「スポーツで、地域の社会課題を解決する。」をテーマに、一般社団法人ソーシャルスポーツイニシアチブに社名変更。

主なプロジェクト

・はかりうり推進委員会(ナチュラルローソンとの取組)。

mawaru project2008年東京ヤクルトスワローズ/2009年オリックスバファローズとの使用済ユニフォームを使用したリメイクプロジェクト)

nono japan1609 project(鹿児島奄美大島 与論島の大島紬の復興)

・スポーツGOMI拾い大会の企画運営 など

【定員】: 40

【お問い合わせ】:(株)RIGHT STUFF 

E-mail : info@rightstuff.bz URL : http://www.sjn.bz/

【主催】:(株)RIGHT STUFF

【協力】:(株)フォトクリエイト






Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2016-08-03 20:42:17
Thu Aug 25, 2016
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
フォトクリエイト 3階セミナールーム
Tickets
社会人 ¥5,000
学生 ¥3,000
Venue Address
新宿区西新宿6-16-6 タツミビル2F Japan
Organizer
株式会社RIGHT STUFF
43 Followers