Event is FINISHED

<親子10組限定>森あそび木づかい「オリジナル枝イスづくり」

Description
まずは動画をご覧ください。

東京産材の枝と木で作った東京うまれ東京そだちのイス「home ホーム」。普段、私たちが使っているモノ(製品)には必ず源があります。生まれ故郷の青梅市成木へ帰る姿に、ルーツ(ここでは「木材の物流」)を重ねて制作した3分ほどのPVです。動画撮影したものの逆再生ではなく、3日間で6000枚以上撮った写真でストーリーを組み立てたアニメーションです。

この動画主人公であるイス「home ホーム」の源(森林環境)を見て知る「森あそび」と、実際に森から生まれた木・枝でオリジナルのイスをつくる「木づかい」を親子で体験してもらうツアーです。

東京に36%存在する森をこと、環境のこと、そして木を使うことの大切さを「森であそび」ながら子どもたちに知ってもらい、「木をつかう」ことで未来につなぐ環境保全を考える、遊び・学び・循環の体験型ワークショップとなっています。

東京産間伐材の枝や木材を活用した「オリジナル枝イスづくり」を通して、木のぬくもりに触れる豊かさ、ものづくりの楽しさを親子で体感してもらうことで、同時に環境保全活動の一環にも繋がっていきます。

今回のイベント開催地と枝イス材料は、東京都青梅市成木という地域で江戸時代から続く林家(森林所有者であると同時に林業も従事)さんの山へ入り、間伐作業を体験させてもらいながら、作業の中で出た木枝を活用します。イスづくりで使用する木枝を買い取ることで、山の保全・森林環境の利活用につながります。

イスづくりはとても難しく、ましてや自然素材の枝のままでのイスづくりはとても困難です。イスづくりで使用する枝を事前に選別し、イス足・座面の加工してくれるのが、同じく成木にある家具工房の職人さんです。

組み立てイスを購入する感覚では高いかもしれませんが、森林生産者とともに親子で山へ入り、木々の育成や環境のことを学び、その枝木を活用してオリジナルのイスを自宅へ持ち帰り、大切に使ってもらう。多くの学びと体験を詰め込んだワークショップとなっていますので、是非ともご参加ください。

親子10組限定 <親子でオリジナル枝イスづくり>

2016年9月3日(土) 9時30分JR青梅線 東青梅駅集合(送迎あり)
※(台風などの悪天候以外決行。雨などの状況により森の中でのメニューが変わる場合がございます。イスづくりは屋内での作業となります。)
16時 イスづくりワークショップ終了
17時 JR青梅線 東青梅駅 完成した枝イスとともに解散予定
参加費:12,000円 (一組一セット分の材料費・イベント保険料込)
参加対象: 親子10組20名 (定員になり次第締め切り。一組3名以上の場合は、別途送迎代として大人お一人1,000円、子どもお一人500円いただきます)

<本イベントは「都会の村人」(D14-L-0147)プロジェクトとしてトヨタ財団2014年国内助成プログラムの助成を受けています>


<下記の注意事項を必ずお読みください>
※枝イスは子ども用サイズです(縦横約40cm×40cm×高さ55cm 多少の個体差あり)※できあがった枝イスは各自お持ち帰りください。※お昼ご飯は各自で持参ください。※山の中は虫が多いため長袖・長ズボン・歩きやすい靴でお越しください。※自家用車での参加をご希望される方は要事前申し込み(先着10台)※材料手配の上、事前お振り込み、キャンセル不可となる旨ご了承ください。

◇お申込先・お問い合わせ:地元びいき 担当:和田◇
〒140-0001 東京都品川区北品川2-28-19 品川宿交流館内
メール info@jimoto-b.com/tel 090-3420-6038

<メンバー紹介>

☆中島大輔(中島林業)青梅市出身 在住/木育インストラクター保有
代々続く林家に生まれるが、林業の衰退に伴い、家業をはなれ住宅メーカーに勤める。勤めていくなかで、木の使い方について疑問を抱き、森から考えることは出来ないかと思い、2013年、家業の林業へ転職。現在、父親と共に森を育てるため間伐をメインに、所有山林に道を入れ、木を伐り出しながら、林業普及活動を行う。
今後の目標は、人と森を繋げる普及活動を行うとともに、持続可能な森林経営を目指す。
2015年、都市部で生活する和田とともに、トヨタ財団国内助成を取得し、都市側と森林側で考える、東京の森林資源を活かす取り組みを行っている。

☆松永 昭彦(mo-guzモーグズ代表)青梅市出身 在住

イベント施工会社に勤めている時ディスプレイ台がカッコイイと感じ、調べてくうちに家具の魅力にはまり、2001年に足立技術専門校家具科に入学し、構造や木の性質を学ぶ。
卒業後、家具会社を3年間勤め退社。技術専門校 CADデザイン科に短期入学し卒業後、実家の工場、松永木工所に入社。商業施設をやりながら自分のデザインで作りたく、仕事の合間にグループ展などに出展し作家活動を行う。
地元で無垢の木にこだわる工務店と出会い、食器棚、下駄箱などの収納を主に製作。今後の目標としては、地域産材を使い身近で使いやすい家具の製作を目指している。

☆和田富士子☆(東京都品川出身・在住) 地元びいき代表

大手EC会社退職後、2013年日本中に眠る資源や宝を掘り起こし、未来に向けて小さな経済づくりを目指す「地元びいき」というポータルサイトを運営、地域コーディネーターとしてローカルと東京をつなぐイベント企画・運営、webや紙媒体制作、ライターなどを務める。
2014年度トヨタ財団国内助成を取得し、青梅市成木にて中島林業を営む中島氏と「都会の村人」プロジェクトを立ち上げ、成木地域の活性活動や森育活動を実践中。東京の森林資源を都心側に暮らし東京都民と考える取り組みの一環として、今回の「枝イスツアー」を企画・運営している。

Event Timeline
Sat Sep 3, 2016
9:30 AM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
成木の家
Tickets
枝イスづくり親子2名一組 ¥12,000
追加送迎バス代(先着10名・当日払い・子ども500円/大人1,000円)

On sale until Aug 25, 2016, 12:00:00 AM

Venue Address
東京都青梅市成木7-1215 Japan
Organizer
地元びいき
248 Followers