Event is FINISHED

<参加無料>Web制作・デザイン会社のみなさまへ「創作法務とコンプライアンス経営」セミナー 【大阪開催】

Description

▼内容
クリエイティブ受発注の現場で、契約を締結せず進んでいるお仕事はありませんか?契約が存在しないお仕事は、自社のリスクだけでなく、クライアントとの信頼関係にも悪影響を及ぼします。経営の視点から実業務まで事例を交え、企業法務を分かりやすく解説します。

▼こんな方におすすめです!
・Web制作会社の方
・グラフィックデザイン会社の方
・建築デザイン会社の方
・デザイン、クリエイターの方


▼こんなことが学べます!
・クリエイティブに関わる企業法務について
・クリエイティブ受発注の契約について
・クリエイティブ契約書の内容について
・クリエイティブ著作権について


第1部 すぐに役立つ!「創作法務とコンプライアンス経営」


近藤総合法律事務所所長 弁護士・弁理士 近藤剛史(こんどうつよし)


クリエイティブ受発注の現場では、いまだ契約を締結せず進んでいるお仕事が多くあります。契約が存在しない状態で仕事を進めることは、潜在的なリスクを抱えるだけでなく、クライアントからもいい加減な会社と見られかねません。また昨今では権利意識の高まりにより、著作権での訴えなどリスク範囲は拡大しています。

セミナーでは経営の視点から実業務まで事例を交え、実際に使える雛形なども用いながら詳しく、分かりやすくクリエイティブに関わる企業法務を解説いたします。


講師プロフィール
弁護士・弁理士 近藤剛史(こんどうつよし)

近藤総合法律事務所所長。日弁連知財センター委員、大阪弁護士会知的財産権委員会委員、綱紀委員会委員、司法修習委員会委員。(一社)コンピュータソフトウェア著作権協会顧問。関西大学法科大学院特別任用教授(知的財産権法、メディア法、法曹倫理、法実務)
ブログ http://www.kondolaw.jp/tsuyoshi_kondo/


第2部「Webデザインにフォントを使う。
    日本語WebフォントTypeSquareの現場から」


株式会社モリサワ TypeSquare営業課 課長 高桑剛


顧客から真に選ばれる企業となるためのブランド強化は重要な経営課題の一つです。一足先にブランド経営に取り組んだアメリカでは、自動車ブランドtop10全てがWebフォントを導入し、顧客への訴求を強めています。日本でも当初の技術的な問題を克服し、加速度的に利用が進んでいます。

本セミナーでは企業のブランドマネージャーにWebフォントの採用を促すTypeSquareの担当者が、多くの事例を交えながら、皆さまのクライアント視点でその期待と効果をお話しして、1歩先を行く制作会社となるお手伝いをいたします。

Event Timeline
Thu Jul 28, 2016
2:00 PM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
株式会社モリサワ
Tickets
参加無料

On sale until Jul 27, 2016, 5:00:00 PM

Venue Address
大阪市浪速区敷津東2-6-25 Japan
Organizer
株式会社モリサワ
75 Followers