Event is FINISHED

8/7(日) Link Project Vol.56 北アフリカ チュニジアとの出会い 〜人生を変えた織物”キリム”〜

Description
「過去の一時点では点と点でしかなかった出会いや経験が、ある日ふと気づいたら、一つの道となって目の前に広がっていた。」(佐藤さん)

今回は、2人の子を持つごくごく「普通・平凡」の主婦佐藤さんが、北アフリカ・チュニジアの織物”キリム"に魅せられて未知の世界へ飛び出し、活躍する社会起業家になるまでのお話を、余すところ無くお伺いします!

◆日時 8月7日(日)
(13:30受付開始)
14時〜16時:トーク

◆場所
ソーシャルビジネスラボⅡ
東京都中央区日本橋蛎殻町1-24-4井川ビル2F

◆会費
500円
※お菓子と飲み物つきです!

◆話し手のプロフィール
佐藤恵理さん
1963年生まれ
「Lone Toujane(ローヌ トゥジェン)」代表
DYCインターナショナル東京支局長
チュニス・日本青年団:Japan Youth in Tunis世話役
2014年6月、チュニジア南部周遊時たまたま訪れた田舎の峡谷都市、トゥジェンのキリム(平織りの織物)に魅了され、日本に紹介・販売することを思い立ち、個人輸入販売業主、という未知の世界へ飛び込む。 2014年10月、ウェブショップ「Lone Toujane〜トゥジェンの色〜」を立ち上げる。
日本・トゥジェン間のキリムの商業・流通システムの確立に取り組むうちに、キリム作りの伝統の保護・育成の必要性、作り手である女性の閉鎖的生活、地域格差など、さまざまな社会問題に目を向けるようになる。子育ての経験から特に子どもたちが早くから学習・読書週間、情報との関わり方を身につけることの重要性を痛感、子ども図書館の設立を目指し、キリム関連の業務と並行し支援活動を行っている。

◆トーク内容
・北アフリカ、チュニジアとはどんなところ?
・チュニジアに出会うまでと、今日に至るまでの経緯
・織物”キリム"について
・ レアな体験談、チュニジア南部のど田舎ホームスティ生活について ・チュニジアと関わって知ったこと、学んだこと
・現状に対する考察 ・今後の "活動 “の展望と、課題について

◆ブランド:Lone Toujane(ローヌ トゥジェン)
ローヌ トゥジェン = アラビア語で 「 トゥジェンの色」の意。
現地の敷物販売を通して、チュニジア地方都市の支援活性化も模索している。
http://lonetoujane.shop-pro.jp

◆Link Projectとは
話し手と参加者のコミュニケーションによって、お互いのことを深く理解し、新しい活動が生まれることを目指しています。

Event Timeline
Sun Aug 7, 2016
2:00 PM - 4:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
ソーシャルビジネスラボⅡ
Tickets
事前申込 ¥500
Venue Address
東京都中央区日本橋蛎殻町1-24-4井川ビル2F Japan
Directions
東京メトロ「水天宮前駅」徒歩3分、東京メトロ「人形町駅」「茅場町駅」徒歩7分
Organizer
芸術家の村
297 Followers