Event is FINISHED

養心安神丸は茶褐色の水蜜丸で、味が酸・苦・辛です。

Description

養心安神丸 効果・効能】

養心安神丸は茶褐色の水蜜丸で、味が酸・苦・辛です。
養心安神丸は補腎(腎の機能を高めること)、益智(大脳の働きを活発にすること)、養心(心の機能を高めること)、安神(精神を安定させること)の作用があります。
養心安神丸は心腎不交による失眠症、夢が多い、めまい、動悸、耳鳴り、健忘症、腰や膝がだるくて痛く力が入らない、心身の疲れなどに用いる。
心腎不交:漢方では、心と腎は常に影響しあい交流していると考えています。心は火、腎は水の役割を持つため、燃えすぎず冷えすぎず、水浸しにならず乾きすぎずの状態を保っています。
この均衡が乱れた状態が、心腎不交で、火が盛んな状態と乾いた状態を同時に現します。寝つきが悪い、よく目がさめる、夢が多い、早く目ざめたり、物忘れが 多い、動悸がするなどの心火旺の症状と、頭がふらつく、耳鳴りがする、のどが渇く、腰や膝がだるくて痛く力が入らない、夢精する、手足がほてる、のぼせ、 寝汗などの腎陰虚の症状がでやすくなります。
蔵秘雄精の主な成分
淫羊(インヨウカク)、肉蓉、蛇床子、苑糸子、禿鶏散、鹿角散、耗牛丸など貴重なチベットの薬草や秘薬をエキス取って精製したのです。 【蔵秘雄精の適用対象
陽萎早漏、インポテンツ、EDなど
蔵秘雄精の服用方法
セックスの10分前に、温かい水と一緒に1錠飲んでください。1回に1錠 【蔵秘雄精の保存方法
涼しくて乾燥な場所に保存してください。
・蔵秘雄精は、高血圧・低血圧と心臓病の方、未成年の方はご使用しないでください。
・蔵秘雄精は、服用の24時間前後に降血圧薬の服用はしないで下さい。
・蔵秘雄精は、未成年、妊婦の方のご飲用はご遠慮ください。蔵秘雄精は、飲酒時に使用しないで下さい。蔵秘雄精は、飲酒直前直後のご使用は避け、飲酒の場合はなるべく時間をおいてからご使用ください。
・蔵秘雄精は、ご使用後すぐのサウナ、入浴など血圧のあがるような行為は避けてください。
・他の薬と併用しないでください。
Event Timeline
Thu Jul 21, 2016
4:20 AM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
宮崎県日南市梅ケ浜
Tickets
S席 ¥1,000
Venue Address
宮崎県日南市西弁分 Japan
Organizer
部浦漢方薬局
1 Follower