Event is FINISHED

インターネットと若者の政治参加に関する日米対話 ※19:00~21:00に変更

〜2012年大統領選挙と2013年参議院議員選挙をベースにして〜
Description
------------------------------------------------
  • 通訳をボランティアでお引受けくださる方が出たため、参加費が一律500円で開催できることになりました
  • 社会人の方にも、より広くご参加頂けるよう、開始時間を18時から19時に変更いたしました

※ご注意ください:開催時間を変更いたしました
右記の開始時間が「18:00〜20:00」となっておりますが、正しくは「19:00〜21:00」の開催となります
------------------------------------------------



■内容
----------------------------------------------------------------------
今回の参議院議員選挙におけるインターネットの影響は、小さいものでした(参考:図1〜3)。しかし、本来インターネットキャンペーンは、しっかりと準備された土台(ターゲティングに基づくネットワーク構築)があって、初めて機能するものです。その意味で、ネット解禁初回である今回の参議院議員選挙よりも、次回選挙までの準備期間が、インターネットを選挙キャンペーンで効果的に活用する上での肝であり、そこが抜けてしまうと、次回日本におけるインターネットユーザー数がいかに増えていたとしても、効果は再び小さく終わることが予想されます(2012年アメリカ大統領選挙においてロムニー候補がインターネットを効果的に活用し切れなかったように)。

また、現在すべての選挙キャンペーン活動はオンライン上と絡み合っています。(例:日々のメッセージはいまほとんどオンライン上に現れる、紙ビラはオンライン広告として広がる、テレビ広告はオンライン上で再現される、草の根ネットワークはオンライン上で強力な組織部隊となるなど)。よって、オンライン戦略を理解することはより重要になります。特に、インターネットの双方向機能が持つ「新しい支持層を開拓する力」を最大化するにはどうすれば良いのでしょうか?

本イベントでは、インターネットのそんな力に着目し、若者と政治の距離を近づける活動を続ける2名の若手リーダーと、アメリカの選挙キャンペーン専門家養成スクールの大学院長を迎え、2013年参議院議員選挙の総括及び、次の目標に向けた戦略について考えます。(日米における政治制度及び文化の違いに詳しい明治大学教授同席の下、適宜解説及び共有の限界を理解した上で進めます)

日本におけるインターネットキャンペーンはまだ始まったばかり。具体的アクションを起こしている現場最前線の若者が見た事実を更なるムーブメントへつなげるにはどうしたらいいのか?一緒に考えてみましょう。

なお、このイベントは、政治や選挙に関する具体的知識を必要とするイベントではありません。どうぞ、お気軽にご参加くださいませ。


■当日のタイムライン
----------------------------------------------------------------------
18:50 開場
19:00 ご挨拶とパネリスト紹介
19:10 若者代表によるプレゼンテーション(それぞれ10分程度)
19:30 学長との対話
20:00 会場との対話(質疑応答/ディスカッション)
20:50 まとめ
21:00 終了 


■定員
----------------------------------------------------------------------
99名


■参加費
----------------------------------------------------------------------
一律:500円

※前日までに、こちらのサイトよりチケットをご購入いただくか(http://peatix.com/event/18397)、当日会場の受付にてお支払いくださいませ

※既に3000円をお支払い頂きました皆様には、当日受付にて差額をご返却いたします


■共催
----------------------------------------------------------------------
■パネル登壇者
----------------------------------------------------------------------
  • マークケネディー氏
ジョージワシントン大学ポリティカルマネジメント大学院学長。メイシーズ副社長(グローバル戦略担当)を経て、米国連邦下院議員(共和党/ミネソタ州選出)、ブッシュ政権及びオバマ政権(1期目)における貿易アドバイザーを歴任。2012年秋より現職。

  • 原田謙介氏
1986年岡山生まれ 東京大学法学部卒 NPO法人YouthCreate代表。「20代の投票率向上」を目指す学生団体ivote設立、インターネット選挙運動解禁を目指す「「One Voice Campaign」発起人、元内閣府子ども・若者育成支援推進点検・評価会議委員など

  • 鈴木邦和氏
1989年 神奈川県生まれ。東京大学工学部に在籍。2011年 在学中に設立・代表を務めた被災地支援団体で、社会貢献支援財団「東日本大震災における貢献者表彰」、平成24年度「東京大学総長大賞」受賞。2012年 日本政治報道株式会社設立。インターネット政治メディア「日本政治.com」運営。


  • 海野素央教授
明治大学政治経済学部教授(異文化コミュニケーション論)。心理学博士。アメリカン大学異文化マネジメント研究所(IMI)客員研究員('08〜'10、'12〜'13)08年及び12年アメリカ大統領選挙でオバマ陣営の草の根キャンペーンを1年間密着研究。日米間における政治/選挙文化の違いに詳しい。著書に「オバマ再選の内幕ーオバマ陣営を支えた日本人が語る選挙戦略」「オバマ+コノリーVS.ティーパーティー」(共に同友館)など多数



----------------------------------------------------------------------
GSPM(http://gspm.gwu.edu/)は、25年前に設立された、アメリカで唯一の「実務的な応用政治(apply politics)」を専門とする大学院で、主に政治分野における職業専門家養成を行っています。また、"Helping Democracy Work"というミッションの下、南米及び欧米の複数大学を提携プログラムを持ち、技術及び人材交流を深めている他、各国の政党を対象に選挙キャンペーンプログラムを提供しています。

Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2013-08-28 15:16:59
More updates
Fri Sep 6, 2013
6:00 PM - 8:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
明治大学アカデミーコモン3階(309E)
Tickets
一般席 ¥3,000
学生席 ¥1,000
一律 ¥500
(更新)一律 ¥500
Venue Address
東京都千代田区神田駿河台1-1 アカデミーコモン Japan
Organizer
Akiko Kawai
12 Followers