Event is FINISHED

文化の場をつくるヒト 山本和豊

Description

大型クレーン教習所だった広大な場所に、毎日通える「文化」の場をつくったのがdessenceの山本和豊さん。

東京から新幹線で1時間弱ほどの熊谷市。さらに駅から離れた場所にNEWLANDはあります。


今もクレーンのある教習所のあった大きな屋根の下は「SHOP」という場所。いろいろな形をしたお店が点在するショッピングモールになっています。気持ちのいい空間が広がるカフェや、ぼくも大好きなセレクトショップ、それに有機野菜を販売するお店まで。多彩なようでいて、思いの伝わるお店がそろっています。

植物が生い茂るドッグランの先には「HOUSE」という建物。ここはもともと事務室や教室として使用された場所で、天井の高い空間では雑貨やインテリアを販売したり、ギャラリーの機能もあるようです。ちょうど

さらに奥には「SCHOOL」という場所もあって、ひとつの街が生まれたように感じます。


山本さんとお話していて印象的だったことは、ここに広がる時間の流れをとことんディテールまで想像しながら場所づくりを行っているということです。


過去があった場所だからこそ、新築では得られない時間の流れを感じられる。

今、自分たちの働く場所を併設しながら、日々いい場所にしようと実践している。

そして未来について長期的なビジョンを持っている。

すべてが連続して緻密に考えられているんですよね。


とはいえ失敗もあったそうで、山本さん曰く「自分と同じような失敗はしてほしくない」とのこと。

それならば、ぜひ山本さんの頭の中にあることを共有していただきたいなと思って、お話を伺える機会をつくりました。こんなことを実践した経験のある方なんていらっしゃらないですからね。でもこれから必要とされる場所だと思います。

「失敗したこと」「未来の話」「場所の目利き」などなど、9つのテーマをきっかけにして、山本さんのお話を聞いてみたいと思います。

イベント終了後は、参加いただいたみなさんを交えて、山本さんと直接お話いただく時間も用意しています。イベントスペース横にあるBARでお酒でも飲みながらお話しましょう。

それではみなさんの参加お待ちしています。

ゲスト:山本和豊さん(株式会社dessence)

NEWLAND:http://www.new-land.jp

dessence:http://www.dessence.jp

Event Timeline
Wed Sep 4, 2013
7:30 PM - 10:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
リトルトーキョー
Tickets
参加費(1ドリンク付) ¥2,000
Venue Address
東京都港区愛宕1-2-1 リトルトーキョー Japan
Directions
地下鉄銀座線「虎ノ門」駅徒歩5分、日比谷線「神谷町」駅徒歩5分
Organizer
リトルトーキョー
67 Followers