Event is FINISHED

クリエイティブを仕事にするという選択(参加費無料)

Description

クリエイティブ系ワーキングスタイルのセッション1


ゲーム業界への入り口はひとつじゃない・・・!?


日々、新たなコンテンツが生まれます。それはゲーム、アニメーション、映画など様々なエンタテインメントのジャンルの中で増幅し浸透していきます。
そして、デバイス(機器)やプラットホームの変化と進化とともに、コンテンツの楽しみ方も大きく変化しています。そのデバイスやプラットホームも、家庭用ゲーム機、パソコン、ガラケー、スマートフォン、ネットポータルなどへと常に変化を遂げています。
しかし、未だ変わらないのは、そこに提供されるコンテンツは我々がクリエイティブを重ねたものです。
トレンドの変化が早く、人材に入れ替わりの激しいゲーム業界では、プラットホームの複雑化、コンテンツのグローバル化などにより、クリエイターやディレクターの働き方は多様化しています。
今回のトークセッションはゲームクリエイターやディレクターの働き方が多様化している現在、新たにゲーム産業にエントリーしたいという未経験者はもちろんのこと、すでにゲーム産業で働いている人たちに向けてのワーキングスタイルを、長年ゲーム業界に関わり、多様な側面から語ることのできるベテランのゲスト方々にお話をいただきます。皆様のライフスタイルやワーキングスタイルの参考の一助となれば幸いです。ご参加をお待ちしております。クリエイティブな世界の入口は、実は、皆さんの近くにあるのかも知れません。
質疑応答 タイム あります。

懇親会別途開催予定(参加費2,000円程度を予定 現地でお支払い)

ゲスト


山尾 和浩(やまお かずひろ)

1962年2月26日生まれ。株式会社ドリームゲート所属。
京セラ株式会社、株式会社カプコン、株式会社アトラス等を経た後に株式会社キラウェアを設立。
(代表作「ルクスペイン」、「つくものがたり」)
キラウェアを閉じた後、いくつかの会社を経て、現在はXFLAGスタジオにてモンスターストライク台湾版企画運営を担当中。

齋藤 恭太(さいとう きょうた)

1967年3月31日生まれ。株式会社アンソロスケープ代表取締役。
株式会社デジキューブにてインターネット通信販売事業とマーケティング事業を担当し、ゲームソフトの販売分析を行う。
株式会社フューチャートラストを経て、株式会社アンソロスケープを設立。
ゲーム会社だけに限らず、様々な企業の管理サポートおよび業務支援を行っている。

星山 孝明(ほしやま たかあき)

1974年1月12日生まれ。有限会社ぴっくる代表取締役。
株式会社トーセ、株式会社ソニーコンピュータエンタテインメント、株式会社トライエースを経て有限会社ぴっくるを設立。
その後は1年に1社の割合で様々なゲーム会社で開発協力として各種プロジェクトに携わっている。
武蔵境駅前商店街協同組合厚生部理事。コワーキングスペース運営など目下人生迷走中。

<司会進行>
黒川 文雄(くろかわ ふみお)

1960年12月4日生まれ。メディアコンテンツ研究家。黒川塾主宰。
アポロン音楽工業、株式会社ギャガコミュニケーションズ、株式会社セガエンタープライゼス(セガ)、デジキューブ、経た後、株式会社デックスエンタテインメントを設立。
代表取締役を退任した後も、ブシロードなどのゲーム会社を経て現在に至る。
ゲーム業界だけに限らずエンタメ界で「熱い人」とトークをするイベント「黒川塾」を精力的に開催中。
Event Timeline
Sat Jul 30, 2016
5:00 PM - 6:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
通常席

On sale until Jul 30, 2016, 12:00:00 AM

Venue Address
千葉県松戸市小根本45-12 早稲田ビル5F Japan
Organizer
松戸コンテンツ事業者連絡協議会
51 Followers
Attendees
21 / 23