Event is FINISHED

CIVIC TECH FORUM@九州 2016 Powered by CivicWave #civictechjp

Description

※会場が展示室から5階大会議室に変更になりました。

<運営委員長からのメッセージ>
シビックテックの祭典、CIVIC TECH FORUMがいよいよ九州にやってきます。

昨今、九州では、Code for Kurume、Code for Saga等に続き、各地でCode for立ち上げの声が上がり始めています。また熊本のAppLeagueなど、様々なスタイルのシビックテック活動も盛り上がりを見せています。
4月、熊本と大分を大地震が襲い、今も余震が続いています。この地震の後、多くのシビックハッカーが連携し、被災地を支援する活動が起こりました。その動きを見て確信したことは、各地でシビックテック活動している皆さんの緩やかなネットワークがいかに大切で、それがいざというときに大きな力を生むということでした。

今こそ九州で、シビックテック活動を盛り上げ、連携を強めて行きましょう。このフォーラムが、そのきっかけになることを切に願っています。

運営委員長 牛島清豪

00.開催趣旨(CIVICTECHFORUM2016運営委員会より)

CIVIC TECH FORUMは、2015年、2016年と東京で開催してきましたが、シビックテックの現場は各地域であり、地域でこそ開催したいという想いがずっとありました。

 ※「シビックテックとは?

シビックテックはまだ、世界でも日本でも模索段階です。東京で2度開催された「CIVIC TECH FORUM」についてシェアすることでシビックテックの「現在地」を感じていただくとともに、開催地域周辺のシビックテック団体の活動をお互いに知り、一緒に取り組む仲間を作ってもらえればと思い本イベントを企画させて頂きました。

ご参加いただいくことで、今後の活動のヒントを持ち帰っていただけるイベントとなる予定です。

シビックテック活動をされている方も、これから始める方も、まずは知ってみたいという方も。どのような方も大歓迎です。

是非、九州で初めてのCIVIC TECH FORUMにご参加下さい。

お会い出来るのを楽しみにしております。

01.開催概要

イベント名:CIVIC TECH FORUM@九州 2016 Powered by CivicWave
日 程: 8月6日(土)13:20-19:30 (13:00より受付開始)
会 場:久留米シティプラザ5階大会議室(※変更になりました)
住 所: 福岡県久留米市六ツ門町8-1
参加費:3,000円
定 員:60名
共 催:CIVIC TECH FORUM 2016 運営委員会/CivicWaveCode for Kurume
後 援:久留米市
メディアパートナー:CivicWave
お問い合わせ: info@civictechforum.jp
※領収書がご入用の方は、当日会場受付にて発行をさせていただきます。
※Twitter用公式ハッシュタグ #civictechjp


02.PROGRAM / SPEAKER

13:00: 入場受付開始

13:20-13:30(10分) 開会挨拶 運営委員長

13:30-14:00(30分) シビックテック概論
シビックテックの概略についてのセミナー。金沢、会津、シカゴのようなコミュニティ活動の事例から、ビジネス的な事例、オープンデータの活用に関する事例など網羅的にお話を頂きます。

・柴田 重臣(しばたしげおみ)氏/CIVICTECHFORUM2016運営委員長、Code for Ibaraki
ネットワークエンジニア。Code for Japan設立時にリサーチチームとして参加。Code for America Summitにも参加するなど、海外シビックテック事例について研究している。昨年まで実施していた井戸端会議世話人のひとりとして、多数の参加者から現場の話を聞いてきた。Code for Ibarakiメンバーとして毎月一回のシビックテックカフェを主催中。


■14:00-14:30(30分) Code for Kanazawa活動事例
立ち上げから現在までに至る、仲間集め、組織づくり、地域との共創関係から市民参加、行政との連携までの事例、苦労話を網羅的に。また、オープンデータに関する取り組みも一部取り上げます。
・福島 健一郎(ふくしまけんいちろう)氏/一般社団法人コード・フォー・カナザワ 代表理事
地域の課題解決をICTの力で解決できないかと考え、2013年5月にCode for Kanazawaを仲間とともに設立。 開発した5374(ゴミナシ).jpは全国のコミュニティの手で日本中に広がり、国産初のシビックテックアプリと言われている。 現在は、シビックテックを国内に広げるための活動も行っている。

14:30-14:45(15分) 休憩

■14:45-15:15(30分) 参加シビックテック団体による活動披露LT

BODIK ODCS ~ 九州・山口圏内の「オープンデータ空白地帯ゼロ」を目指して ~
ビッグデータ&オープンデータ研究会in九州 / 坂本 好夫氏

Code for Saga で考えたこと
Code for Saga / 堀良彰氏

民産学官の協働によるオープンデータ活用の推進
久留米オープンデータ活用推進研究会 / 星野 正和


自然災害時におけるIT
AppLEAGUE / 土黒功司氏



■15:15-16:45(90分) CivicTech井戸端会議
参加者の方の取り組みに応じ2つに分け、議論や交流を目的とし進行します。

①CivicTech井戸端会議(シビックテック実践者、これから踏み出そうとしている方向け)
②シビックテック入門・ミニアイデアソン(初めてシビックテックに触れた方向け)

CivicTech井戸端会議
参加者が議論したいテーマを出し、テーマごとに複数のグループにわかれて議論・交流を行うアンカンファレンス方式。登壇者・講演者の一部も参加を頂き、シビックテック活動を進めていく上での課題や、未来像などを交換する場。

②シビックテック入門・ミニアイデアソン
シビックテックの可能性とキーワード解説と共に、ミニアイデアソン(アイデアを出しあうワークショップ)体験。初めての方にもわかりやすく、参加しやすい場。


16:45-16:55(10分) 閉会 本会運営副委員長より

17:30-19:00
懇親会 Kurumeria ARK にて懇親会(会場より徒歩3分程度)

イベント終了後各自にて移動を頂き、17時半より開始となります。
懇親会参加者の方は、イベント受付時に専用のネームカードをお配りいたしますので、必ず着用の上ご来場をいただけますようお願いいたします。
会場は「CivicTechForum2016」にて予約しております。お早めに着かれた方は店舗にお伝え頂き指定の会場にてお待ち下さい。
アクセス↓

03.NOTE

  • 申し込みは先着順で定員になり次第、締め切らせていただきます。
  • お申し込み後のキャンセル及び返金はお受けいたしかねます。
  • 当日の模様を記録する画像および映像は、『CIVIC TECH FORUM 2016 運営委員会』および『CivicWave』に帰属いたします。
  • ご記入いただきましたご住所やEメールアドレスなどは、『CIVIC TECH FORUM 2016 運営委員会』および『CivicWave』からの事務連絡に使わせていただくことがございます。
  • お問い合わせ: info@civictechforum.jp

04. STEERING MEMBERS


運営委員長 牛島 清豪
運営副委員長 柴田 重臣
運営委員 安河内 公洋
運営委員 深川 智恵美
事務局 鈴木 まなみ
事務局 株式会社ウィズグループ
事務局 伴野智樹

Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2016-08-03 14:19:54
More updates
Sat Aug 6, 2016
1:20 PM - 7:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
参加チケット ¥1,000
懇親会+参加チケット ¥3,000
Venue Address
福岡県久留米市六ツ門町8-1 Japan
Organizer
CivicWave
256 Followers