Event is FINISHED

体感型セミナー:2時間で理系大学生が知るべきイノベーションを起こすためのデザインを学ぶ

Description
【開催目的】
デザインという言葉はとても広い意味で用いられています

例えば…
「デザインとは、単にどのように見えるか、どのように感じるかということではない。どう機能するかだ。」スティーブ・ジョブズ

スティーブ・ジョブズ氏が使った「デザイン」と、我々学生が使う「デザイン」は、全く異なる意味で用いられていると思いませんか?

これらの「デザイン」の差異を感じとること、それがこの体感型セミナーの目的です。

デザインの差異を感じとることが、誰もが思いつかなかった新しいモノを生み出す、つまりイノベーションを生み出すための必須条件となります。

セミナーには、講師にKYOTO Design Lab特任准教授であるスシ・スズキ氏をお呼びします。

【対象】
■意識高い系用
- 日常生活で「デザイン」という言葉をクールに使いたい
- 0から1を生みだすための考え方に興味がある
- 大学が教えない「どう」やってモノをつくるかではなく、「なに」をつくるかに興味がある
- 研究領域の視野を広げたい

■意識低い系用
- デザインという言葉に拒絶反応を起こす
- デザインという言葉はアート系の大学生の所有物だと思っている
- 講師であるSushiさんの出身大学にだけ興味がある

【現在の参加者】(随時更新中)
- 京都工芸繊維大学
「応用生物学」、「情報工学」、「造形工学」、「デザイン経営工学」、


【開催概要】
- 日時:2016年7月5日(木) 18:30-20:30 (18:00-18:30 受付)
- 場所:3号館 0322教室
- 参加対象:京都工芸繊維大学、全課程生を中心とした全国の大学生・大学院生 30人


【講師】
スシ・スズキ
京都工芸繊維大学KYOTO Design Lab特任准教授

京都に生まれながら、アメリカに15年以上、ヨーロッパに5年以上居住。スタンフォード大学機械工学修士号、ライス大学機械工学士号およびスタジオアーツ文学士号を有する。

現在は、京都工芸繊維大学KYOTO Design Lab特任准教授として、スタンフォードやIDEOが掲げるイノベーション方法論である「デザインシンキング」をベースにした様々なプロジェクトを企画実施そして自らも教鞭をとる。

それ以前は、パリの École des Ponts ParisTech にてデザインイノベーションについて教えながら、Paris Est d.school を共同設立。スタンフォード大学 ME310 ディレクターとしても活動していた。また、パナソニック欧州研究所でイノベーションチームを立ち上げ、i-kimono.com というアンティーク着物・小物をネット販売する日本のスタートアップ企業の立ち上げメンバー、ドイツを拠点とするセマンティックプロダクトサーチエンジンである Yocondo のコンセプトデベロッパーでもある。


【開催体制】
主催:KIT Entrepreneurs - 起業部!

Event Timeline
Tue Jul 5, 2016
6:30 PM - 8:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
京都工芸繊維大学3号館0322教室
Tickets
参加費無料
Venue Address
京都工芸繊維大学3号館0322教室 Japan
Organizer
KIT Entrepreneurs - 起業部!
3 Followers