Event is FINISHED

アジアを旅する移動型トークイベント「MobileTalk #1 OSAKA」

Description

 この度、FLAG studioでは、「Mobile Talk 2016 #1 OSAKA」を開催します。「Mobile Talk」は、アジアのクリエーターをスピーカーに迎え、アジア間で巡回開催(Mobile)するトークシリーズ。2016年は、「#Independent / Collective (個/集合体)」を共通のテーマに、開催地毎に異なるスピーカーを選定。第二回は香港 (10月8日)、第三回台北(11月5日)を予定しています。

 LCC/Airbnbが普及した今、移動の容易さはどんどん進み、アジアのクリエーター達の間では、国を跨いで仕事と生活の拠点を複数持つといった、ワーキングスタイルの多様化が進んでいます。「Mobile Talk」では、このような状況の中で、世界で活躍するクリエイターが、どのように活動をしているのかを知るため、各都市のクリエイティブシーンについて、自身の活動やライフスタイルをまじえ「出前(Mobile)」形式で紹介。トークのみならず、その土地の軽食も楽しみながら、参加者とクリエーターの交流の場を目指します。

 「Mobile Talk 2016 #1 OSAKA」では、オランダでキャリアをスタートさせ、現在はソウルを拠点に世界的に活躍するグラフィックデザイナー、ナ・キム、「文化庁メディア芸術祭」での受賞歴も持つ香港のメディアーティスト、キース・ラム、中国で数々の大規模デザイン・建築展を手がけたキュレーターのオウ・ニン、インディペンデントな写真家達のレーベル活動を行っている中国の写真出版者ヤン・ヨウの4人を迎えます。個、集団といったキーワードを元に、彼らの活動を知り交流をはかることで、場所や活動の形に縛られないこれからのワーキングスタイルのヒントを探り、国境を超えたクリエイター間の新しいコミュニティづくりを目指します。


アジアを旅する移動型トークイベント「MobileTalk」

【日時】

2016.7.30|土| 15:00-18:00(トーク15:00-17:00・交流会17:00-18:00)

【料金】

前売券:4000円 ※軽食と1ドリンク付

【登壇者】

ナ・キム(韓国/グラフィックデザイナー)

グラフィックデザイナー。KAIST(韓国科学技術院)でプロダクトデザイン、弘益大学でグラフィックデザインを学んだ後、ヴェルクプラーツ・ティポグラフィ(オランダ)に参加。その後、アムステルダムにスタジオを設立し、現在は「Table Union」、そしてアーティスト・ラン・スペース「Common Center」のメンバーとして、ソウルを拠点に活動している。国立現代美術館(ソウル)やV&A(ロンドン)、MoMA(ニューヨーク)など、数多くの国際美術・デザイン展に参加するなど、所謂デザイナーの枠に収まらない活躍を見せている。 www.ynkim.com

オウ・ニン(中国/キュレーター )

キュレーター。中国の新進アーティスト・デザイナーの作品を紹介するビエンナーレ「Get It Louder(2005, 2007, 2010)」や「深圳・香港 都市/建築ビエンナーレ(2009)」チーフ・キュレーター、「2011成都ビエンナーレ」キュレーター、ホウ・ハンルとの共同キュレーション「Liu Xiaodong’s Hotan Project(2012-2013)」など、数多くの大規模プロジェクトを手掛けている。近年は「Bishan Commune」プロジェクトを立ち上げ、中国における農村の復興にも取り組んでいる。グッゲンハイム・ミュージアム「Asian Art Council」メンバー(2011)をはじめ、多くの国際展で審査員やスピーカーを務めている。

キース・ラム(香港 /メディアアーティスト 、Makerスペース「LAB」主宰 )

メディアアーティスト。クリエイティブチーム「Dimenshion Plus」、Makerスペース「LAB」主宰。「アルス・エレクトロニカ」や「文化庁メディア芸術祭」での受賞歴を持ち、数多くの国際展に作品を出展している。デザインのコミッションワークでも「Design for Asia Award」金賞や「Tokyo TDC」など、多くの受賞歴を誇る。「Hong Kong Design Institute」外部審査員、広州美術学院客員准教授、「Shenzhen New Media Arts Festival」相談役、グラフィックデザイン・コンペティション「GDC」審査員。http://keithlyk.net/

ヤン・ヨウ(中国 /独立系写真出版社 「Jiazazhi Press」主宰 )

インディペンデント・パブリッシャー「Jia Zazhi」主宰。2009年にオンラインマガジン『Jia Zazhi(偽雑誌)』をスタートさせ、現在は中国のコンテンポラリー・フォトグラフィの作品集を中心にした出版活動を、編集からデザイン、そして流通まで、自身で精力的に行っている。現在までに15人の写真家の16の作品集を発表している。http://www.jiazazhi.com/

【主催】

DECOBOCO | www.enokojima.info

【企画・運営】

OOO Projects | outofoffice.jp

Milkxhake | www.milkxhake.org

【進行】

後藤哲也(OOO Projects) 逐次通訳有



Event Timeline
Sat Jul 30, 2016
3:00 PM - 6:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
フラッグスタジオ
Tickets
前売券 ¥4,000
Venue Address
大阪市西区江之子島2-1-37 阿波座ライズタワーズ フラッグ46 1階 Japan
Directions
地下鉄中央線・千日前線「阿波座」駅8番出口より徒歩5分
Organizer
DECOBOCO
18 Followers