Event is FINISHED

今村正治×御手洗瑞子 「立命館アジア太平洋大学 meets 気仙沼ニッティング! 地方と世界を混ぜちゃおう!」 『混ぜる教育 80カ国の学生が学ぶ 立命館アジア太平洋大学APUの秘密』(日経BP社)刊行記念

Description

※連動書籍『気仙沼ニッティング物語』(新潮社)、『ブータン、これでいいのだ』(新潮文庫)共に御手洗瑞子著

学生の半分が80カ国から集まった外国人で、授業も日本語と英語の2本立て、教師も半分は外国人。そんなスーパーグローバル大学がなぜか九州別府の温泉街に!

いま話題の立命館アジア太平洋大学APUの魅力をつづった新刊『混ぜる教育』。

本書の主人公の1人にして、APU設立の仕掛け人でもある今村正治副学長が、

下北沢BBで対話するのは、東北は気仙沼の地で高品質の手編みニット製品をビジネスにした「気仙沼ニッティング」の御手洗瑞子社長。マッキンゼーからブータンの首相フェローとなり、震災の爪痕残る気仙沼で起業しました。

そんな2人に共通するのは、日本の地方と世界を「混ぜちゃう」こと。

明日の日本の生き残りのヒントがたっぷり詰まった対話を、どうぞ!

プロフィール

今村正治(いまむら まさはる)

立命館アジア太平洋大学副学長

学校法人立命館常務理事。

1958年生まれ。立命館大学卒

学校法人立命館に就職。

1997年、新大学設置準備事務局に

新大学設置準備事務室課長として就任、

立命館アジア太平洋大学設立に深く関わる。

書籍『混ぜる教育』の登場人物において主人公のひとり。

御手洗瑞子(みたらい たまこ)

東京生れ。東京大学経済学部卒業。マッキンゼー・アンド・カンパニーを経て、20109月より1年間、ブータン政府に初代首相フェローとして勤め、産業育成に従事。帰国後の2012年、宮城県気仙沼市にて、高品質の手編みセーターやカーディガンを届ける「気仙沼ニッティング」の事業を起ち上げて、2013年から代表取締役に。著書に『気仙沼ニッティング物語 いいものを編む会社』『ブータン、これでいいのだ』(共に新潮社)が。

【出演】

今村正治(立命館アジア太平洋大学副学長)
御手洗瑞子(気仙沼ニッティング代表取締役)

【日時】
2016年7月11日(月)
20:00~22:00 (19:30開場)

【場所】
本屋B&B
世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

【入場料】
1500yen+500yen/1drink


Event Timeline
Updates
  • タイトル は 今村正治×御手洗瑞子 「立命館アジア太平洋大学 meets 気仙沼ニッティング! 地方と世界を混ぜちゃおう!」 『混ぜる教育 80カ国の学生が学ぶ 立命館アジア太平洋大学APUの秘密』(日経BP社)刊行記念 に変更されました。 Diff 2016-06-14 00:39:19
Mon Jul 11, 2016
8:00 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
B&B
Tickets
前売/席確保(1500+500yen 1drink) ¥2,000
Venue Address
東京都世田谷区北沢2-12-4 2F Japan
Directions
下北沢駅南口徒歩30秒
Organizer
本屋B&B
10,537 Followers