Event is FINISHED

『月の光』とベル・エポックの朗読演奏会 ードビュッシー、ヴェルレーヌ、パリの芸術家たちー

Description
<クルミド出版×音の葉>
『月の光』とベル・エポックの朗読演奏会 ードビュッシー、ヴェルレーヌ、パリの芸術家たちー


神楽坂モノガタリを舞台に、小さな室内楽の演奏と詩の朗読の夜会を。

書棚に囲まれた静かな空間で、お茶やお酒とご一緒に、19世紀末パリのベル・エポック(良き時代)を生きた芸術家たちの音楽や詩を、ごゆっくりお楽しみください。

美と愛に奉じ破滅を厭わない人生を送り、多彩な詩作を遺したポール・ヴェルレーヌ。
その詩作は、同時代の音楽家たちの心をも動かすものでした。
ヴェルレーヌの「月の光」をおさめた詩集『艶やかなる宴』の描き出す優美と歓喜は、クロード・ドビュッシーやガブリエル・フォーレの創造性と響き合い、彼らそれぞれに楽曲「月の光」を書かせることとなりました。


・翻訳と出版にかけた思い

   昨年、『作品集「月の光」』という瀟洒な佇まいの冊子が出版されました。
   ドビュッシーの楽譜とヴェルレーヌの原詩と翻訳、短い文章。
   めくるたびに空想が広がるような、綴じられていない美しい紙たち。

   詩人小谷ふみさんがあらたに訳詩を書き、クルミド出版影山知明さんが世に送り出しました。
   小谷さんとご自身の思いを、影山さんが語ってくれます。
   https://www.kurumed-publishing.jp/books/4

・チェロとフルート、ギターのトリオによる室内楽の小品

   暮らしの中に息づく小さな生の音楽を届ける演奏家グループ「音の葉」。
   国分寺の小さな家を舞台に演奏を続けてきた彼らが、神楽坂モノガタリにやってきます。

   ドビュッシーとフォーレそれぞれの「月の光」をはじめ、フランスの小品たちを演奏します。
   この日のために、ピアノ曲を3つの楽器のために編曲してきてくれます。
   http://otonoha-concert.com

・仏語と日本語、ふたりの朗読
   パリ生まれのシャーロット・ラフィットさん
   東京で、日本の文人たちの作品を読み続けてきた朗読家の中村章江さん(中村劇場)
   ヴェルレーヌと小谷ふみ、それぞれの生み出した響きを聴いてください。

・書棚から広がる逝きし世の面影
   19世紀末のパリは多彩な芸術や文化を生みだし、それは今も生き続けています。
   神楽坂モノガタリの選書担当・久禮亮太が、書棚のあちこちに、往時のパリを表現します。


当夜は、ワインやビールといったお酒からコーヒーやお茶などのお飲み物2杯と、小さなお菓子をお出ししたいと思います。

どうそ、ごゆっくりとお過ごし下さい。

Event Timeline
Fri Jun 24, 2016
8:00 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
神楽坂モノガタリ
Tickets
2DRINK&お菓子付 ¥3,300

On sale until Jun 23, 2016, 9:00:00 PM

Venue Address
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂6丁目43 K'sPlace Japan
Directions
地下鉄東西線神楽坂駅「神楽坂口」地上出てすぐ、右斜め向い
Organizer
神楽坂モノガタリ・イベント部 "Asyl de Kagurazaka" 
1,430 Followers