Event is FINISHED

DESIGNEAST 07 MOBILITIES

Description

DESGINEAST 07 MOBILITIES

日 時:2016年9月17日[土]-19日[月/祝]

会 場:クリエイティブセンター大阪(大阪府大阪市住之江区北加賀屋4丁目1−55)

参加費:1dayチケット 一般 2,000円、学生 1,000円

 3days早割チケット 一般 5,000円、学生 2,000円

 PIYチケット 10,000円〜(3days, 3drink付き)

※開催期中の当日チケット、PIYチケットについては受付にて販売いたします。

※未就学児童は必ず保護者同伴のうえご参加ください。

主 催:DESIGNEAST実行委員会

助 成:おおさか創造千島財団


 「デザインする状況をデザインする」ことを目的に、2009 年に始動したDESIGNEAST。

大阪を拠点に活動するデザイナー、建築家、編集者、研究者の5名の実行委員が中心となり発足したプロジェクトです。これまで「social sustainability」「周縁と中心」「状況との対話」「場への愛」など毎年テーマを設定し、年に1回、国内外のゲストによるトークやワークショップ、映画上映、マルシェなどが渾然一体となる場を大阪にて創出。多様化するデザインをめぐる状況と向き合いながら、DESIGNEAST自体も変化を続けてきました。

 2014年からは、全国4ヶ所を移動した「CAMP(2014)」や、山口と大阪を行き来した「XO(2015)」のように、これまでの拠点型から移動・往来型のプロジェクトへと更新。全国各地の共同企画者とともに、地域のフィールドワークや食のリサーチなど、さまざまな試みを行いました。


 そして8年目となる2016年、「DESIGNEAST 07」のテーマは「MOBILITIES=移動」。

 人はもちろん、物資や情報の移動が可能になったことで、私たちの生活は劇的に変化しています。観光のために移動する人々。複数の拠点を持って移動する人々。常に移動中の職業につく人々。集団移動せざるを得ない人々。バーチャルに移動する人々。スマホとともに移動する人々。

 とどまることをしらない今日の「移動」を前提とした社会は、デザインをどのように変えていくのかでしょうか。また、「移動する」デザインは、社会をどのように変えていくのでしょうか。常に流動的で軽く、完成形が不定で、新陳代謝によって動的平衡が維持されるデザインとはどのようなものでしょうか。

 2016年、移民やテロが世界的問題となるなか、私たちDESIGNEASTは、この2年間、日本各地で議論し実践してきたことを糧に、テーマ「MOBILITIES=移動」について、ここ大阪で改めて考えてみたいと思います。


DESIGNEAST実行委員会(柳原照弘/家成俊勝/原田祐馬/多田智美/水野大二郎)

http://designeast.jp


TALK - 建築家、デザイナー、編集者など、ジャンルを横断したゲストによるトーク
Maria Lisogorskaya[Assemble] ※通訳あり、開沼博[立命館大学准教授]+曽我部昌史[みかんぐみ]+藤村龍至[RFA]、石川 初[慶応義塾大学教授]、港千尋[写真家・著述家]+ドミニク・チェン[(株)ディヴィデュアル共同創業取締役、NPOコモンスフィア理事]

SPEAKERS CORNER - 全4ブース同時に、4組のスピーカーによる来場者参加型トーク。実行委員推薦によるゲストと公募ゲストにご登壇いただきます。
赤井佑輔[paragram]+三重野龍+仲村健太郎、庄子渉+森純平+藤末萌[PARADISE AIR]、スージー区長 with WeComPass、田頭章徳、原田陽子[流しの洋裁人]+北原一輝[itocaciオーナー]、水野木村田所谷村、金田康孝[NPO法人Co.to.hana]+柴田英昭[淀川テクニック]、浅子佳英+安藤僚子[インテリアツアー]、金氏徹平、伊藤智寿[株式会社いとうともひさ]+加藤正基+安川雄基[アトリエカフエ]、千年村プロジェクト関西(菊池暁ほか) 、橋詰宗、市川紘司+川勝真一, 榊原充大[RAD]+山道拓人[ツバメアーキテクツ]+連勇太朗[モクチン企画]+彌田徹, 辻琢磨, 橋本健史[403architecture [dajiba]]、六原まちづくり委員会+ぽむ企画+井上えり子+杉崎和久、服部滋樹[graf]、兼松佳宏、尾内志帆+阿部純+清水友理子、前田茂樹[ジオグラフィック・デザイン・ラボ]、山内庸資、酒井義夫[ろくろ舎]、五十嵐勝大+田沼英治 [proef、Knittingbird]、岸野雄一、澤邊芳明[1→10]+松倉早星[ovaqe]、奥津爾 [オーガニックベース]、立道嶺央[POMPON CAKES]、山下陽光+下道基行+影山裕樹[新しい骨董]、白鳥浩子、高原文江+津田和俊[YCAMバイオ・リサーチ]

EXHIBITION - 3日間限定のデザインエキシビジョン
01:2016/ An Installation between Past and Future
1616年。九州の北西部に位置する有田の山の中で、朝鮮の陶工、李参平によって偶然発見された陶石のかけらは、人々の知恵と努力によって美しい陶磁器に姿を変え、海を渡り、世界中の人々を魅了してきました。
それから400年を経て、世界に散らばる16組の優れたデザイナーと有田の窯元とが力を合わせ、新たな陶磁器ブランド「2016/」が誕生しました。多様な文化背景を持つデザイナー達と共に生み出す有田焼きの定義とは何か?見るものに伝統産業と場所の真意を問いかけるインスタレーションを行います。

02:種は、移動する
出展:種市(奥津爾[オーガニックベース] 江口研一[food+things] 古庄悠泰[景色デザイン室])
現在、先進国で流通している野菜の種のほんの一粒のかけらに、人類がどのような操作をしているのだろうか。東京から雲仙に移住し、若き農家と共にその状況を危惧するORGANIC BASE奥津爾は、日本に流通している1パーセントにも満たない在来種・固定種を守るための活動の場「種市」で、種のもつ多様性とその可能性を発信してきました。
私たち人間という種が、移動と定着、固定と流動を繰り返して今ここに存在するように、種もまた、独自の変化を遂げてきました。風土に根ざしながらも時空と空間を越えた旅を続ける在来種・固定種に焦点をあてたインスタレーションと、世界を旅しながら、その地で料理を作る料理人、江口研一と共に、食の未来を問いかけるレストランを作ります。 (1日100食限定)

FOOD - 3日間限定のフードコード
森林食堂ほか

MUSIC - 流しによるパフォーマンス「うたをながして」
共同企画:岸野雄一+永江大
出演:かえるさん(
細馬宏通)、北村早樹子、柴田聡子ほか

FILM - 1Fブラックチャンバーにて、移動したDESIGNEASTのドキュメントを上映
“DESIGNEAST 05 CAMP DESIGNEAST 06 XO Document Movie” (45min) 制作: 山田晃嗣
上映開始時間: 11:30/12:30/13:30/14:30/15:30/16:30

SHOP - 3日間限定のデザインショップ、ブックショップ。
柳々堂/ Oy/ PULL+PUSH PRODUCTS/ DESIGNEAST selection (DESIGNEAST実行委員セレクトの商品を扱うショップ)

BAR/ KIOSK - おいしいドリンクと軽食
共同企画: RAD

LIVE VIEWING
TALKやSPEAKERS CORNERを生中継するオープンスペース



〈アクセス〉

新幹線の場合

市営地下鉄御堂筋線 新大阪駅 乗車〜市営地下鉄御堂筋線 大国町駅 乗り換え〜大阪市営地下鉄四つ橋線 北加賀屋駅 から徒歩10分

電車の場合

大阪市営地下鉄四つ橋線 北加賀屋駅 から徒歩10分

※会場には駐車場はございません。ご来場の際は公共交通機関をご利用下さい。


〈アーカイブ〉

Photo: Takumi Ohta

Photo: Yoshiro Masuda

Photo: Kazue Kawase (YUKAI)

Photo: Kazue Kawase (YUKAI)

Photo: Yoshiro Masuda

Photo: Yoshiro Masuda



Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2016-09-05 02:42:22
More updates
Sep 17 - Sep 19, 2016
[ Sat ] - [ Mon ]
11:00 AM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
3days早割(一般)チケット ¥5,000
3days早割(学生)チケット ¥2,000
1day(一般)チケット ¥2,000
1day(学生)チケット ¥1,000

On sale until Sep 18, 2016, 12:00:00 AM

Venue Address
大阪府大阪市住之江区北加賀屋4丁目1−55 Japan
Directions
地下鉄四つ橋線北加賀屋駅より徒歩10分
Organizer
DESIGNEAST実行委員会
141 Followers