Event is FINISHED

<伊藤野枝伝刊行記念>栗原康×五井健太郎「セックスとは友情である―不倫上等! 淫乱好し!」

Description

『村に火をつけ、白痴になれ 伊藤野枝伝』(岩波書店)刊行記念

栗原康×五井健太郎 トーク・セッション (聞き手:久禮亮太)

セックスとは友情である ―― 不倫上等! 淫乱好し!」

********************************************************************

 セックスとは友情である。

 愛しあうふたりは、けっしてひとつになれやしない。抱いても、抱いても、最後にはひとりになる。まったくの別人だ。でも、だからこそ、かけがえ のない相手にたいして、やさしくなろうとする。わたしたちの肉体は、いつだってやさしさを表現しつづけている。友情、だいじ。

 こういうひともいるだろう。ひとつになろうとしなければ、そもそも恋なんてうまれやしないと。でも、異なる人間がひとつになるということは、たがいがたがいを所有できるようになるということだ。わたしはあなたの財産です、商品ですと。ひとは商品しか愛せないとでもいうのだろうか。

 いま、まことしやかに自分の商品価値をあげることがモテることだといわれている。エコでオシャレにダイエット。きりがないくらい、もっともっとと。でも、どうなんだろう。こういうの、もういいんじゃないのか。そろそろ、はっきりとさせておかなくてはならない。くたばれ、恋愛至上主義。わたしたちがやりたいことは、ただひとつ。そう、セックス、セックス、セックスだ。 はじめにセックスありき。やっちまいな!

********************************************************************

神楽坂モノガタリに、栗原康さんと、栗原さんの盟友、五井健太郎さんをお招きします!

栗原さんはこれまで、『大杉栄伝 ー永遠のアナキズム』(夜光社)、『村に火をつけ、白痴になれ 伊藤野枝伝』(岩波書店)などの著作を通して、大杉や野枝たち大正のアナキストの思想や生き様を、現代に生きる私たちのこととして問い直して来ました。

アナキズムを専門とする政治思想研究家としてのみならず、ご自身の生き方をもって、生きる自由とは何かを考えてこられたと思います。

『はたらかないで、たらふく食べたい ー「生の負債」からの解放宣言』(タバブックス)は、自伝的自由論ともいうべき一冊で、その本質は恋愛論でもあると読めました。

今回は、批評活動からプラーベートまで行動を共にする盟友、五井健太郎さんとの掛け合いで、思考と対話を加速してお届けできればと思います。

経済や社会のシステムに絡め取られない生き方や、性愛や友情の自由を問い直す現代のアナキストの生の声を届けるトーク・セッションになるかと。

どうぞ、ご参加ください。

神楽坂モノガタリ 書籍担当:久禮亮太(久禮書店)







Event Timeline
Tue Jun 21, 2016
7:30 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
神楽坂モノガタリ
Tickets
着席(1ドリンク付) ¥1,500
Venue Address
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂6丁目43 K'sPlace Japan
Directions
地下鉄東西線神楽坂駅「神楽坂口」地上出てすぐ、右斜め向い
Organizer
神楽坂モノガタリ・イベント部 "Asyl de Kagurazaka" 
1,430 Followers