Event is FINISHED

関西初!!『システム アウェアネス』プロフェッショナル向け ベーシック講座

Description

プロセスワークと様々な組織開発手法の 掛け算以上の新手法

SYSTEM AWARENESS 『システムアウェアネス』

自分自身もシステムの一部
そのダイナミクスをさらに活かし 場とかかわっていく
個人と世界を中心に理解  体感 リーダーとして
本当に「今ここにある」とは どういう状態なのか
コーチ、ファシリテーター、あるいは、組織/地域開発や人材開発の分野で活動されている
プロフェッショナルなあなたにお届けいたします。

システムアウェアネスとは、心理学発祥の特性を活かしたプロセスワークをベースに、多様性とそのダイナミクスで世界は成り立っているという前提に基づき、そのシステム全体にアウェアネス気づきを向けることを目指します。

あなたご自身、他者、集団のこころについて 心身一如の視点から理解していこうとする

プロセスワークの世界観を持ちながら、ロールという概念を多用し、また、U理論システム思考、アプリシエイティブインクワイアリー、アクションインクワイアリーなどの知見も取り入れています。
そして、自らの源に繋がり、それが如何に世界の源泉の一部であるかを知り、そこから世界と自分の立場にアウェアネスを向けながら行動する。

さらに、行動しながらアウェアネスを持とうとすることで、プロセスワークの醍醐味である深みを失わずに、その深いアウェアネスを日常に活かせるよう工夫しています。

【講師のご紹介】

横山 十祉子 TOSHIKO YOKOYAMA
システムアウェアネスコンサルティング代表
日本プロセスワークセンター前センター長

20数年前、数社の企業経験の中で組織をどう活性化するのかに直面、プロセスワークに出会う。
より多様で全体に開かれたシステム変容を目指して、U理論、システム思考、AI等の手法も取り入れながら、個人向けコーチング、カウンセリング、組織開発、地域開発、人材開発のコンサルティング、ワークショプデザイン・ファシリテーション、ファシリテーター養成、リーダシップ開発などを手がける。
同時に、日本プロセスワークセンター教員としてプロセスワークの普及にも務めたのち、
より組織、地域、人材の成長に直接活かせる形としてシステムアウェアネスの手法を開発。
また、自身が地域と都市に住み、その循環を体験することで自分の全体性を広げながら社会にそれを活かすことに挑戦中。

開催概要
日程 201684日(木) 5日(金)
時間 1000~1800  (受付開始 945
     終了時間は30分程度前後することがございます。
会場 スリー エム ジャパン 大阪支店内 セミナールーム
     大阪府大阪市北区中之島6丁目240号 中之島インテスビル17階 OAC
定員 10
お申込み受付期限 20167252000
受講料 162000
*受講料にはフォローアップのためのオンラインまたは対面によるコーチングセッション2回分が含まれます
キャンセルポリシー
イベント・セミナーお申込み後のキャンセルはお受けしておりません。参加者のやむを得 ない事情によりキャンセルを希望される場合、以下の規定に基づきキャンセル料が発生し ます。
お支払いしていただいた参加費に対して、
当日キャンセル不可
2016
84日まで参加費の 80%から手数料を引いた金額を返却
2016
82日まで参加費の 50%から手数料を引いた金額を返却
2016
725日まで参加費から手数料を引いた金額を返却
また、天候不順や主催者側の都合で、キャンセルまたは延期の場合は全額ご返金いたします。

■主催
Naoko Chouteau
■共同主催 受付窓口

ARC いのちの”きらめき” 
稲垣友美

Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2016-07-30 13:45:36
More updates
Aug 4 - Aug 5, 2016
[ Thu ] - [ Fri ]
10:00 AM - 6:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
受講費 ¥162,000

On sale until Aug 3, 2016, 8:00:00 PM

Venue Address
大阪府大阪市北区中之島6丁目2番40号 中之島インテスビル17階 OAC Japan
Directions
•京阪電鉄 中之島線「中之島駅」2番出口から徒歩3分•市バス「大阪駅」から53系統(船津橋行)船津橋下車すぐ •市バス「淀屋橋」から88系統(天保山行)土佐掘2丁目下車 北へ徒歩5分  
Organizer
システム アウェアネス+ARC
2 Followers