Event is FINISHED

タクトレ体験会 2016春期

Description

T3PROJ.の基本方針であるタクティカルトレーニングを通して、

トイガンの事故&トラブル「ゼロ」を目指すイベントです。


エアガンの安全な運用方法と

それにつながる動きや射撃を体験してもらうイベントとなります。


今回は基本的な射撃技術を体得済みの中級以上が対象となり、

体験から実践、ライセンステストまで、内容別に3部構成となっています。

------------------------------

【追記】

参加者のリクエストにより、急きょ初心者向けのクラスも開催します。

1部の講習は初級、中級合同で実施します。

2部以降は各クラスに分かれて実施します。

------------------------------

・1部:基本的な安全講習

・2部:中級レベルの講習

・3部:中級ライセンステスト


※ライセンステストに合格すると、当日に合格証を進呈します。


※今回のイベントの参加費の一部は4月14日以降に発生した

熊本地震の復興支援に充てられます。

集められた義援金は、T3PROJ.名義にて、

熊本県が設置している熊本地震義援金口座へ振り込みいたします。

■参加者装備品リスト(中級者向けクラス)

必須(お持ちでない方は第3部に参加できません)

基準を満たした眼球保護具

・(プライマリ)ライフルまたはそれに準ずる形状のエアガン

・(セカンダリ)ハンドガン形状のエアガン

必要量のBB弾(バイオ弾・色指定なし・0.2gのみ・8mm不可
・プライマリ用スリング

・セカンダリ用ホルスター

・プライマリ用予備マガジン

望ましいもの

頭部、及び四肢を保護する各種プロテクター

長袖、長ズボンの衣類

足をサポートできるブーツやトレッキングシューズ

・セカンダリ用予備マガジン

各種マガジンポーチ

■参加者装備品リスト(初心者向けクラス)

①必須

・基準を満たした眼球保護具

・エアガン(ライフルでもハンドガンでも可)

・必要量のBB弾(バイオ弾・色指定なし・0.2gのみ・8mm不可)


②望ましいもの

・頭部、及び四肢を保護する各種プロテクター

・長袖、長ズボンの衣類

・足をサポートできるブーツやトレッキングシューズ

・予備マガジン

・各種マガジンポーチ

・スリング


原則として射撃エリアでの銃は、床置き、立て掛けなど行わず、常に携行するスタイルをとりますので、スリングやホルスターの使用を強く推奨します。

多弾倉マガジンでも可としますが、イベントの性質上、スプリング式のノーマルタイプのマガジンを推奨します。


■安全管理&事故防止5ルール

①全ての銃には常に弾が装填されているものと思い取り扱う

②射撃時以外は安全装置をかける(安全装置がない場合、銃口管理に十分注意する)

③銃口は撃とうとするもの以外に向けない

④銃口がターゲットに向いているとき以外はトリガーに指をかけない

⑤射撃を行う前、ターゲットとその周辺の状況を把握する

今回のイベントはこの5ルールを終日敢行します。

■安全に関する最重要項目

・フィールドにて使用するエアガンすべての弾速チェックを行います。2発以上の試射、0.2g弾にて行います。各自ご準備ください。

・0.989ジュールを超えるエアーソフトガンは持ち込み禁止(法令違反になります)

・0.95ジュールを超えないよう調整をお願いします。

・市販の計測器(xcortech x3200)を使用します。環境や機器の個体差などにより初速は変動します。数値には十分な余裕を持って整備、調整を行ってください。

・各種保護具をかならず使用してください。

・眼球保護のためのシューティンググラス、またはその規格に準じたプロテクトウェアの装着を最低基準とし、必要に応じて頭部や顔面、四肢の保護具装着を推奨します。

・イベント中は、セーフティーエリア外での眼球保護具の装着は義務とします。また、セーフティーエリア内を含む、フィールド全域での保護具の装着を推奨します。

・イベントスタッフにより、危険と判断された保護具については改善を要請させていただき、それがなされない場合はイベントの参加をお断りさせていただきます。

※イベントを円滑かつ事故なく進めるため、ご協力をお願いいたします。

※ラボ北では、セーフティーエリアや射撃エリアを含む敷地全体を「フィールド」としています。

■健康管理について

・イベント当日までに体調がすぐれない方や、イベント中に体調を崩された方は、参加を中止し、スタッフまでお申し出ください。

・万が一、イベント中に重大な怪我人や急病人が発生した場合は、最寄りの医療機関へ搬送します。

■銃の取扱いについて

・フィールド外では銃が見える状態での持ち歩きを禁止します。必ずバッグなどの収納具に格納してください。

・フィールド内ではできるだけ、ホルスターやスリングで保持し、マズルを直下方向で保持することを心がけてください。

■セーフティーエリアについて

・銃の種類に関わらず、弾丸が装填された銃の持ち込みは厳禁とします。

・セーフティーエリア内では、銃へのマガジン装填、空撃ち、不必要な取り回しを禁止します。各種調整は射撃エリア内の定められた場所で行ってください。

・ロングガンは所定のガンラックに預け、ハンドガンはホルスターに収納してください。この以外の状態でのマガジンへの弾丸の装填は禁止とします。装填したマガジンは手に持ったままにせず、速やかにポーチなどに収納してください。

・銃本体へBB弾を装填するタイプのものは射撃エリアで、統制されたロード時の際に行ってください。

※これらの安全面については各自が責任を持って取り組むものとし、イベントにて発生した事故やトラブルについては、主催者側は一切の責任を負わない事を予めご了承ください。

■射撃エリアについて

・イベント中の試射は射撃エリアに設けます。指定された時間帯、場所、方向を厳守してください。それ以外で試射が必要な場合はその都度、スタッフやトレーナーに許可を得てください。

・トレーナ及びスタッフが、統制して弾丸のロード、アンロードを指示することがありますので従って下さい。

■その他のレギュレーションについて

・セミオートのみの射撃とし、フルオート射撃は行いません。

・著しく射撃精度を欠く銃または射手については、安全のため離脱を要請し、対策及び調整が完了するまで復帰を制限することがあります。

・その他、危険な行為、迷惑行為に関して改善がなされない場合、場合によっては警告なしに事後のイベント参加をお断りすることがあります。(退場措置)

■中級ライセンステスト(3段階)について

今回実施する中級ライセンステストは、以下の内容をチェックします。

・安全管理&事故防止5ルール

・移動間射撃

・スイッチング

・リロード

・トランジション

■初級ライセンステスト(3段階)について

今回実施する初級ライセンステストは、以下の内容をチェックします。

・安全管理&事故防止5ルール

・各種射撃姿勢

Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2016-06-04 11:38:38
More updates
Sun Jun 12, 2016
10:00 AM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Virtual MOUT laboratory北九州
Tickets
1段階(安全講習) ¥1,500
1段階+2段階(初級講習) ¥2,000
1段階+2段階(中級講習) ¥2,000
1段階~3段階(初級テスト) ¥3,000
1段階~3段階(中級テスト) ¥3,000
Venue Address
福岡県遠賀郡岡垣町糠塚1371−1 Japan
Organizer
T3PROJ.(ティースリープロジェクト)
5 Followers