Event is FINISHED

『僕は、七輪でみんなをハッピーにしたい』 (ユーキャン学び出版) 発刊記念トークイベント 黒岩揺光 「専業主夫が世界を救う!」

Description

世界最大のアフリカ・ケニアのダダーブ難民キャンプで、

2年半の間、難民が働く七輪製造の工場長などとして、

ソマリア難民の支援に携わってきた黒岩さん。

そんな黒岩さんは、現在、ロシアとイランの間にある国、

アゼルバイジャンで「専業主夫」を実践中。

韓国人の妻、スージンさんと出会ったのは2005年。

遠距離恋愛が始まり、2009年、遠距離のまま結婚し、

そのまま、お互いのキャリアを重視し、遠距離のまま夫婦生活を送っていました。

そんな生活に終止符を打つため、今年2月から国連職員になったスージンさんに

寄り添うことを決め、日々家事に奮闘中です。

「女性は家庭を守る」という固定観念が、

働きたい女性を束縛するのと同様、

「男は外で働くべし」という固定観念が、

「ちょっと休みたい」「子どもと過ごしたい」

と考える男性を束縛していないか?

男女平等が進んでいるといわれる欧米でも、海外駐在する妻に寄り添う「主夫」はまれ。産油国のアゼルバイジャンには、石油関連会社で働く欧米人が万単位で暮らしていますが、毎週木曜日の「主夫会」メンバーは6名のみ。

それでも、「主夫」になって夫婦・家族関係が円満になることも。

多国籍な「主夫会」のエピソードとともに、

持論「専業主夫こそ世界を救う!」を熱く語っていただきます。

(※著書の書影を挿入)

▼プロフィール

黒岩揺光(くろいわ・ようこう)

1981年新潟県生まれ。兄姉より成績が悪く、友達がいないことへの劣等感から、13歳で東京や埼玉の競馬場や競艇場に新幹線で通い始める。15歳で単身米国へ留学するが、徹夜マージャンやカジノクルーズに通い詰め破産寸前になり、ギャンブルから身を遠ざけようとスウェーデンに留学。旧ユーゴスラビアを放浪中、難民に出会い、心機一転する。その後、オランダのユトレヒト大学大学院に進学。その間、タイのビルマ(ミャンマー)難民が通う学校に住み込む。帰国後、毎日新聞社勤務を経て、2010年から2012年末まで、アフリカ・ケニアのダダーブ難民キャンプの米国NGOに勤務。現在は、ロシアとイランの間にある国、アゼルバイジャンで国連職員の妻に寄り添う「専業主夫」を実践中。


【出演】

黒岩揺光

【開催日時】

2013/08/20 20:00~22:00 (19:30開場)

【場所】

本屋B&B
世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F
http://bookandbeer.com/

【入場料】

1500yen + 1 drink order

Event Timeline
Tue Aug 20, 2013
8:00 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
B&B
Tickets
前売(1500yen+500yen/1drink) ¥2,000
当日現金支払(1500yen+500yen/1drink)
Venue Address
東京都世田谷区北沢2-12-4 2F Japan
Directions
下北沢駅南口徒歩30秒
Organizer
本屋B&B
10,540 Followers