Event is FINISHED

『誰もいない場所を探している』刊行記念 大塚いちお×庄野雄治トークイベント「いきていくカタチ」特別編

Description
 コーヒー初心者のための案内本『コーヒーの絵本』の著者で、全国各地に多くのファンを持つ徳島の名コーヒー焙煎所「アアルトコーヒー」庄野雄治さんの著書『誰もいない場所を探している』(ミルブックス)の刊行を記念して、庄野さんと挿絵を担当した大塚いちおさんによる全国巡回のトークイベント「いきていくカタチ」の特別編を開催します。

 本書は、庄野さんが全くの未経験からコーヒーロースターになるまで、そしてお店を始めて10年続けてきた中で、実践してきたことを綴った本。その内容に沿って、フリーランスでやっていくためにふたりが普段考えていることをお話します。今の仕事や生き方に迷っている方、フリーランスで生きていきたいと考えている方、必聴です。これからの人生に役に立つかもしれないし、まったく立たないかもしれない。あんな大人になっていいんだって気が楽になるはずです(たぶん)。


雇われて生きる。フリーランスで生きる。都市で生きる。地方で生きる。ひとりで生きる。だれかと生きる。だれにもたくさんの選択肢があるはずなのに、気が付くと同じような道を歩いてしまっている。だけど本当はいきていくカタチは人それぞれ違って当たり前なんだ。そんなことを、ゆるゆると話す時間になればいいなあ。

―大塚いちお、庄野雄治


日時:2016年6月19日 (日) 19:00スタート(18:30開場)
会場:カフェ&ギャラリー・キューブリック
(ブックスキューブリック箱崎店2F・福岡市東区箱崎1-5-14
JR箱崎駅西口から博多駅方面に徒歩1分)
出演:庄野雄治、大塚いちお
入場料:2000円(1ドリンク付・要予約)


庄野雄治(しょうの・ゆうじ)プロフィール
shono
コーヒー焙煎人。1969年徳島県生まれ。大学卒業後、旅行会社に勤務。2004年に焙煎機を購入しコーヒーの焙煎を始める。2006年徳島市内に「アアルトコーヒー」を、2014年同じく徳島市内に「14g」を開店。著書に『誰もいない場所を探している』、『コーヒーの絵本』(平澤まりことの共著)、『はじめてのコーヒー』(堀内隆志との共著)、『たぶん彼女は豆を挽く』(いずれもミルブックス)がある。http://aaltocoffee.com/

大塚いちお(おおつか・いちお)プロフィール

ichio1968年新潟県上越市生まれ。イラストレーターとして、広告やパッケージ、出版など数多くの仕事をこなし、 アートディレクターとして、広告や、テレビ番組のキャラクターデザイン・衣装・セット・タイトルロゴなど番組全体のデザインに携わる。 担当番組にNHK Eテレ「みいつけた!」など。Jリーグ川崎フロンターレのファミリーアートディレクターとして、 グッズやイベント関係のデザインを担当し、2015年シーズンユニフォームをデザイン。そのジャンルを越えた創作活動は、子供から大人まで幅広い層に支持されており、 イラストからデザイン、空間、キャラクター、衣装やユニフォームまでこなす多種多様なクリエーションは唯一無二の存在である。http://ichiootsuka.com/

Event Timeline
Sun Jun 19, 2016
7:00 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
カフェ&ギャラリー・キューブリック
Tickets
予約/¥2000(当日会場払)
Venue Address
福岡県福岡市東区箱崎1-5-14 ベルニード箱崎2階 Japan
Organizer
ブックスキューブリック箱崎店
1,136 Followers