Event is FINISHED

NTTデータ社内SNS『Nexti』10周年記念セミナー 社内SNSのこれまでと"未来" ~人の知と機械の知の共創~

Description

        日本ナレッジ・マネジメント学会ソーシャルメディア部会主催

                6月23日(木)東京開催!

        NTTデータ社内SNS『Nexti』10周年記念セミナー
    「社内SNSのこれまでと”未来” ~人の知と機械の知の共創~」

国内の社内SNSを代表するNTTデータの『Nexti』は、2016年4月で公開から10年が経過しました。その間、ソーシャルメディアや集合知など”人が生み出す知”とビッグデータやAI(人工知能)などコンピュータープラットフォーム上で生み出される”機械の知”の発展にはめざましいものがありました。企業もこうした環境の変化に対応するため、情報共有やコミュニケーション、ワークスタイルまで大きく変化させています。そうした変化のなかで、企業は”人が生み出す知”と”機械が生み出す知”を、どのように捉え、整理し、活用するのかが求められています。日本企業発展の礎となってきた人が生み出す組織的な知の方向と、機械の知の相互活用という新しい課題にどう答えを出すか、本セミナーでは社内SNSの視点から問う。

タイムスケジュール
18:30~18:35
挨拶:山崎秀夫(元野村総合研究所 日本ナレッジ・マネジメント学会理事)

18:35~19:35
基調講演:人の知を引き出す社内SNSの活用~NTTデータでのケーススタディに学ぶ~
株式会社エヌ・ティ・ティ・データ  営業店システム担当部長 竹倉憲也氏

1.NTTデータの社内SNS(Nexti)
(1)経緯と狙い
(2)特徴
(3)利用状況

2.社内SNS活性化のポイント
(1)なぜやるのか?
(2)誰がやるのか?
(3)どうやるのか?

3.まとめ

19:40~20:30
第2部:社内SNSによる”人が生み出す知”と”機械が生み出す知”の共創
村井亮氏株式会社BeatCommunication 代表取締役)


【講師】

●株式会社エヌ・ティ・ティ・データ 営業店システム担当部長 竹倉憲也 氏


<プロフィール>
1994 年 慶應義塾大学卒業。NTT データ入社、銀行向け勘定系システムのSE
2000 年 地銀共同センターの企画・営業
2003 年 UCLA Anderson School of Management に留学、MBA 取得
2005 年 金融分野のM&A 戦略立案・実施
2006 年 社内SNS(Nexti)の立ち上げ 
    http://takekura.exblog.jp/i21/
2011 年 グローバルビジネス企画担当部長(銀行ソリューションの海外市場開拓)
2015 年 営業店システム担当部長(銀行チャネルソリューションの企画・営業)

●株式会社Beat Communication 代表取締役 村井 亮 氏



<プロフィール>
1994年慶應義塾大学卒業。国内大手銀行入社後、1996年ニューヨーク大学Leonard Stern Business School日米経営経済研究所、2002年カリフォルニア大学ロサンゼルス校客員研究員を経て、2004年株式会社Beat Communicationを設立。世界で初めてソーシャルネットワークパッケージの開発・販売を始めたエンタープライズソーシャルのパイオニア。

【参加費】

一般:¥2000-

KM学会会員:無料

※直接ソーシャルメディア部会 小石宛(y-koishi@beat.co.jp)にメールをお願いします。


【会場】

ヒカリエカンファレンスルーム

東京都渋谷区渋谷2丁目21−1 渋谷ヒカリエ11階

http://www.hikarie.jp/conference/access.html


【主催】

日本ナレッジ・マネジメント学会 ソーシャルメディア部会 (http://www.kmsj.org/)

【運営事務局】

日本ナレッジ・マネジメント学会ソーシャルメディア部会(http://www.kmsj.org/)

ソーシャルメディア部会 会長 小石(y-koishi@beat.co.jp)
Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2016-06-09 08:36:45
Thu Jun 23, 2016
6:30 PM - 8:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
一般 ¥2,000

On sale until Jun 23, 2016, 5:30:00 PM

Venue Address
東京都渋谷区渋谷2丁目21−1 Japan
Organizer
日本ナレッジマネジメント学会
28 Followers