Event is FINISHED

LA x 新宿コラボ!米国発、イノベーションプラットフォーム「Learn Do Share(LDS)」開催! 【Civic + Innovation + Healthcare】 医療を料理「けんこうキッチン」 ~新宿のカオスパワーで未来の生き方をRe-imagine~

Description
☆☆☆☆brief English description @ bottom☆☆☆☆
米国発、イノベーションプラットフォーム「Learn Do Share(LDS)」開催!
【MOVIE: https://youtu.be/essP3kX468g

テーマは、【Civic + Innovation + Healthcare】 医療を料理「けんこうキッチン」 ~新宿のカオスパワーで未来の生き方をRe-imagine~

【なぜ今このイベントを?】
受け身の健康作りから、自分主体で「けんこうづくり」をしませんか?
健康はつくられるものだと思っている方も多いかもしれませんが、健康はつくるもの、そう、まるで料理のようなものです。
お医者さんや友人、テレビ・インターネット・・各方面から膨大な情報が入ってくる昨今では、自分自身で「けんこうをつくる」という意識がなければ、ただただ流されるだけです。
でも、料理をつくる感覚で「けんこう」を作ることができれば楽しくないですか?そもそも「けんこう」とは何なのか、という原点に立ち戻りながら、なんでもありの異なる意見をぶつけあい、けんこうについての新しい価値観形成をしていきます。そして自分自身で未来の生き方を選択できるような社会づくりへとつなげていきましょう。
新宿という様々な顔をもつカオスな街の中で、異なるバックグラウンドをもった異なる年代とのダイアログを通じて、「けんこう」という普遍的なテーマに新しいスパイスしてみるのって必要ですよね。

【イベント概要】
日時:2016年6月12日(日)12:30-18:00(12:00開場) 【+ 懇親会 ~20:00】
場所:国際医療研究センター (東京都新宿区戸山1-21-1) http://www.ncgm.go.jp/access/020/public.html
参加費:2,000円/ドリンク付き(高校生以下、60歳以上は無料⇒事前申込が必要です。「チケットを申し込む」をクリックし、お申し込み下さい。)
主催:Learn Do Share Japan (https://www.facebook.com/learndosharejapan/)

▼プログラム 5.5h (+ 懇親会 2h)
- 有識者のトーク(インプット)
- アイデーション (ダイアログからのアイデア創出)
- プロトタイピング
- チームでのグループワーク(未来へのストーリー創り=アウトプット)
- オープンディスカッション
- ラップアップ(ふりかえり)

【スピーカー紹介】*随時更新予定<3~4名予定>
☆ 椎名茂・Shigeru SHIINA、グローバルテクノロジーコンサルタント、社会活動家
☆ 松下博宣・Hiro Matsushita, Ph.D., 東京農業大学・法人戦略室(東京情報大学看護学部設置準備室)教授
☆ 小出 一富・Kazutoyo KOIDE, 武術家・歴史学者
☆ 竹倉 史人・Fumito TAKEKURA, 作家・人類学者
**スピーカーのプロフィールは、このページの
【スピーカープロファイル】をチェック

【LDSの雰囲気をビジュアルと共に(前回の日野市でのイベント)】
http://bit.ly/1Rx585G

【何をするのか?】
イノベーションプラットフォーム「Learn Do Share(LDS)」のプログラムを使って、「けんこう」+ 「ヘルスケア」をテーマに、独創的発想や自由な感性を紡ぎ合わせ、共感の輪を広げ、<未来づくりに向けた実験的プロセス>を体験することができます。実践的なワークとしてFabCafe全面協力のもと、プロトタイプづくりまで体験することができます。
LDSは、9歳の子供から80歳おじいちゃん、プカプカと世を旅する自由人、志のある起業家からギークな科学者まで、全ての人が参加できる非常にオープンなプラットフォームです。ローカルコミュニティにおけるボトムアップイノベーションの創出を目指し、活動にぜひご参加してみてください。


【こんな人にお勧め】
☆ なんだか今のヘルスケアや将来のケアがどうなるか不安に感じる
☆ 「医療」と言われると他人事だけど「けんこうキッチン」となると何だか身近に感じる
☆ どうしたら「けんこう」になれるか興味がある
☆ 周りに介護や看護が必要なひとがいて悩んでいる
☆ファミリーイベントとして色々な人達とダイアログして未来へのストーリー創りなんかも楽しそう
☆ イノベーションという言葉にピンと来る
☆ デザインやメディアの可能性を探求したい
☆ アメリカ生まれのイノベーション手法を体験したい
☆ もっぱらの医療、ヘルスケア、Design、イノベーション好き
☆ 新宿という場所のカオスが面白いと感じる
☆ よく分からないけど、なんかこのテーマやLDSって面白そう

【LDS参加者の声】
☆ 好奇心から参加して、新たな学びを得ることができました。国務省とのコラボ、さすがアメリカですね。
☆ (自分の熱意をもっている)話をテーマにしていただいて、本当に大きな助けをいただきました。ストーリーテリングを意識して、発信もうまく進めるようにしていきます。
☆ LDSの短い時間で小さくとも何らかしらのインパクトまで繋げられそうなところは、京都でやる意味を持つな~
☆ 自分が考えつかない様な発想をたくさん聞くことができました。
☆ 質問を繰り返したり、敢えて回答しなかったり、新鮮なやり方たくさん発見できた。

【米国発のボトムアップイノベーションのプラットフォーム「Learn Do Share」とは?】
「Learn Do Share(LDS)」は、米BusinessWeek誌によりハリウッドを変えた18人の一人に選出されたランス・ウエイラー氏が、2008年にスタートしたボトムアップイノベーションのプラットフォーム。http://www.learndoshare.net/

Learn (TEDtalk型プレゼン、ケーススタディからの学び)
Do  (ワークショップによるプロトタイプの創生&具現化)
Share (Storytellingを通じた共感・共鳴、共創)

3つの要素から構成されたイベントプログラムを通じて、自発的市民が自らの手で未来を創っていくためのSocial Sandbox(実験室)です。現在、NYC, PARIS, LONDON, BARCELONA, WARSAWなど世界15都市で開催され、今回、Roppongi, Kyoto, Shibuya, Hino に続きShinjukuでの初のLDS開催となりました。

【スピーカープロファイル】
☆ 椎名茂・Shigeru SHIINA、グローバルテクノロジーコンサルタント、社会活動家
プライスウォーターハウスクーパース・コンサルティング共同経営者&前代表取締役社長、 日本障害者スキー連盟副会長

20年以上前に遡り大手コンピュータメーカーの研究員として人工知能の研究の先駆者として活躍。主に制約理論や最適化理論に関する研究成果について学術学会誌への投稿および専門誌への寄稿を多数行う。1999年、外資系コンサルティングの草分けであるKPMGグローバルソリューション株式会社に入社し、SCM最適化における戦略立案や業務改革、およびOracle/EBS、SAP等の大型ERP(基幹業務コンピューターシステム)導入プロジェクトのコンサルティングを中心に活動。その後、複数の外資系コンサルティング事務所にて幹部職に従事、日本のグローバル化を牽引するリーダーとして、 豊富なコンサルティング経験をベースに、企業のSCMの再構築、新興国への進出戦略支援、グローバル戦略立案等のコンサルティングを実施してきている。
企業、団体などでの講演、投稿記事、論文等多数。

その鬼才を放つ傍ら、外資系コンサルタントの近寄りがたいイメージを一新する親しみやす~いスマイルと心あたたまる朗らかなパーソナリティで万人を魅了。別け隔てのない包容力を持ち日本障害者スキー連盟副会長などの社会的意義・インパクト(影響力)のある活動に尽力。人としての奇跡のバランス感覚の持ち主。

☆ 松下博宣・Hiro Matsushita, Ph.D.
東京農業大学・法人戦略室(東京情報大学看護学部設置準備室)教授 。専門分野は、健康医療管理学、人的資源マネジメント、アントレプレナーシップ&イノベーション、そしてそれらを架橋するサービスサイエンス(service science)。◆学生時代から一貫して世界との交流、自転車ツーリング&アウトドアに挑戦。1980年インドの首都デリーから~ネパールの首都カトマンズまで約2000kmを仲間と共に自転車で走破。ネパールヒマラヤのカラパタル峰5600mまで踏破。◆コーネル大学大学院修了(M.Sc. Policy Analysis and Management, Sloan Program in Health Administration)。東京工業大学博士。◆コーネル大学在学中には、アメリカ人の仲間と北米大陸東西両岸をフィールドワークで往復。ナバホ族、ホピ族を訪れネイティブの知恵、物語を収集。◆サイクリング、ランニング、断食を組み合わせた独自のエコロジー健康法を実践中。◆Hay Management Consultantsにてプロフェッショナル経験(1988年~1997年)を積んだ後、起業家としてCareBrains, Incを裸一貫から創業、成長させ上場企業に売却。◆15冊の専門書を刊行、論文多数。◆東京農工大学産業技術専攻(MOT)教授(2008年~2013年)を経て現職。兼担として、神奈川県立保健福祉大学客員教授、札幌市立大学客員教授、東京工業大学非常講師。◆社会貢献活動:NPO法人国際社会起業サポートセンター理事(2008年~2015年)、内閣府経済社会総合研究所社会イノベーション研究ワーキンググループ委員(2008年)

☆ 小出 一富・Kazutoyo KOIDE, 武術家・歴史学者
1981年、剣術・柔術などを伝える兵法家の家に生まれる。
幼い頃から古典文学、漢籍、古今東西の歴史の本を読み漁るようになる。小中学校では不登校児になるが、学校に通わずに興味のおもむくままに自分の勉強に没頭。サンスクリット語やパーリー語、古代ラテン語などの古典言語に通暁する。 現在、社団法人温故學會の監事・研究員を務めるかたわら、自由大学の人気講座を担当する名物教授としても活躍。2014年10月には『人生が変わる古事記』(海竜社)を出版。Amazonでジャンルベストセラー1位を獲得した。この時代だからこそ講義や本を通じて知る楽しさと熱とを伝えたい、と語る。

☆ 竹倉 史人・Fumito TAKEKURA, 作家・人類学者

人類学者。武蔵野美術大学で映画制作などを学んだ後、東京大学文学部宗教学科卒業。大学卒業後はフリーターや自営業で生計を立てながら在野で哲学の研鑽を積む。2015年に上梓した『輪廻転生―〈私〉をつなぐ生まれ変わりの物語―』(講談社現代新書)を皮切りに講演や執筆活動を開始。現在は東京工業大学大学院社会理工学研究科価値システム(VALDES)博士課程に在籍しつつ、予備校等で数学講師として医学部を目指す高校生たちに受験指導もしている。

竹倉さんの視座の際立った特徴は、その関心の深遠さと広大無辺さですね!竹倉さんの研究テーマはズバリ「人類」。人類とは何か?我々はどこからきてどこへ行くのか?この惑星に暮らす我々の存在に意味や目的はあるのか?そういったcosmicな関心を軸に、この地球で「よりよく生きる」ための実践的な知性を探求している。


【ファシリテーター紹介】
○ 須藤潤・Jun SUTO - Learn Do Share Japan Executive Producer, Management Consultant, Social Impact Designer
1988年渡米。米カリフォルニア州サンタモニカ市住在。
南カリフォルニア、ロスアンゼルスのコミュニティでは、ロスアンゼルス郡経済開発公社、サンタモニカ市People's Academy(市民参加向上プログラム)、LA Civic Innovation Lab等の団体とコラボ、サポートし、地域のQOL向上と草の根的なイノベーション活動に関与する一方、XPRIZE Foundation(http://www.xprize.org/)などのダイナミックな産業レベルでのイノベーションを企む機関とのコラボレーションを通じ未来の創造を試みる。
プロフェッショナルとしてのキャリアにおいては、S-CUBED Consulting (S-CUBED) 最高責任者(CEO)兼Solution Curator。2004年、戦略実行支援を専門にしたコンサルティングファーム、S-CUBED(エスキューブ)をロスアンゼルスに設立。スタートアップからグローバルフォーチュン25企業まで幅広い顧客と共に戦略の現実化を4つのサービス群、Growth(成長)、Risk(リスク管理)、Integration(統合)、Performance(パフォーマンス向上)を柱にサポートしている。前職では、世界四大会計事務所の一つであるKPMG(ロサンゼルス/東京事務所) ディレクターとして日米欧のグローバル企業を中心に会計監査および経営コンサルティング業務に従事。

【プロデューサー紹介】
○ 吉田智美(よしだともみ)Health Communication Facilitator 兼 Social Business Producer
名古屋市生まれ。 医療業界での営業、教育の仕事を経て、現在はフリーで活動中。
市民の立場からの医療×介護×福祉への参加とイノベーションを軸にワークショップ、イベント他の企画・運営を行っている。

○ 木股加与子(きまたかよこ)Reseacher、英会話講師、翻訳家
茅ヶ崎市生まれ。外資系経営コンサルティング会社、証券会社調査部などでアシスタント業務を経験。現在はフリーで医療コンサルティング会社の業務支援、英会話講師、翻訳などに携わる。LDSには2015年第1回東京での開催から参画。

【Learn Do Share Shinjuku 運営メンバー】
LDS Japan Executive Producer : JUN SUTO
LDS Shinjyuku Producers: HIRONOBU MATSUSHITA / TOMOMI YOSHIDA / TAKAAKI SUZUKI / AMI SHIMOMURA / KAYOKO KIMATA / YUI IRIFUNE

~English~
Through 5.5-hour workshop, we will inspire co-creations surrounding the future of healthcare.
Healthcare is such a big field. With spread of Internet and rapid progress of medical researches and technologies, we are constantly bombarded with a flood of information while we are entering a new age of "rapidly aging society" in Japan and other developed nations where we encounter new sets of challenges in our health which requires more community involvement to solve.
At this Learn Do Share civic innovation lab, we will become a chef for one day and "cook" the healthcare into beautiful dishes.
Through structured workshop filled with experiential learning activities, we will co-create wicked solutions for dysfunctional healthcare system in our community by harnessing the chaotic power of imaginations from Shinjuku.
The workshop will feature at least 3 TED Talk style lighting talks.
【MOVIE: https://youtu.be/essP3kX468g 】
【LDS US site: http://www.learndoshare.net/】
Please note that the workshop sessions will be conducted in Japanese. (Yet, there are many non-Japanese participants in the past LDS labs in Japan.)
~ End of English~

Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2016-06-02 17:06:57
More updates
Sun Jun 12, 2016
12:00 PM - 8:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
国際医療研究センター
Tickets
一般【前売り】 ¥2,000
当日 ¥2,500
シニア【60歳以上】~無料~
ジュニア【高校生まで】~無料~

On sale until Jun 12, 2016, 12:00:00 AM

Venue Address
東京都新宿区戸山1-21-1 Japan
Directions
都営大江戸線「若松河田駅」下車 徒歩5分 / 東京メトロ東西線「早稲田駅」下車 徒歩15分
Organizer
Learn Do Share Japan
115 Followers
Attendees
38 / 50