Event is FINISHED

マイナス金利以降の不動産マーケットと収益物件 売却戦術

Description

2月16日から実施された、マイナス金利。
マイナス金利の目的のひとつは、銀行が企業や個人に貸すお金の金利を下げることで、設備投資や住宅投資を促進すること。

一方で、首都圏の中古マンション市場をみてみると、新規登録件数と在庫件数が7ヵ月続けて増加し在庫がどんどん積みあがっています(東日本不動産流通機構・マーケットウオッチより)。
また、1都3県のアパート系(木造、軽量鉄骨)空室率は2015年春あたりから異常な伸びを示しています(タス・賃貸住宅市場レポートより)。

マイナス金利以降、不動産マーケットはどのように動いたのでしょうか?これからどうなっていくのでしょうか?
不動産マーケットの動きを受けて、所有する不動産については、どのタイミングで、どのように動けばいいのでしょうか?

本セミナーでは、長嶋修による「不動産マーケットの現状解説と将来予測」、田中歩による「首都圏収益物件の利回りと具体的な売却戦術」、2人の不動産コンサルタントによる“ここでしか聞けない”情報をお届けし、皆さんと一緒にベストな不動産とのつきあい方を考えます。

また、さくら事務所火災保険コンサルタントが、収益物件ならではの火災保険のポイントについてもレクチャーします。

この機会を逃さず、奮ってご応募ください!

▼詳細・お申し込みはコチラ▼
http://www.sakurajimusyo.com/semina_160514

Event Timeline
Sat May 14, 2016
2:00 PM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
渋谷駅近郊
Tickets
ticket(別途申込が必要です)
Venue Address
渋谷駅近郊 Japan
Organizer
兒嶋将人(さくら事務所)
7 Followers