Event is FINISHED

波戸岡景太×新井卓「アートとテクノロジー:活版印刷、ダゲレオタイプ、ときどきロケット」『ロケットの正午を待っている』(港の人)刊行記念

Description
トマス・ピンチョン論を中心に、現代文学全般、文化論へと批評のフィールドを広げるアメリカ文学者、波戸岡景太さんの新刊『ロケットの正午を待っている』(港の人)は、本文は金属活字印刷、収録された写真も活版印刷により、つくられています。
ピンチョンという永遠の前衛をモチーフにし、現代におけるヒトラーをシンボライズするものとしての 「ロケット」をタイトルにした文学評論が、エッセイのようなしなやかな文体で書かれ、活版印刷という技法を使った書物に収められた。このことには、波戸岡さんのどんな意図がこめられているのでしょうか。
一方、新井卓さんは、ダゲレオタイプという最古の技法を使って作品を撮りつづけている写真家です。第五福竜丸やフクシマなど核の問題に深い関心を寄せつづけ、これを主題とした写真集『MONUMENTS』により、2016年木村伊兵衛賞を受賞されました。
おふたりのお仕事からは共通して、芸術とテクノロジー、そして「時間」への問題意識が伝わってきます。かねてから親交のあったおふたりですが、今回改めて、それぞれの取り組みについて語り合っていただきます。私たちが生きる「いま」について、まったく新しい角度から光が当てられるような時間になることでしょう。


開場:14:30〜

[B&Bイベントページ]
http://bookandbeer.com/event/20160618_rocket/

Event Timeline
Sat Jun 18, 2016
3:00 PM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
B&B
Tickets
前売/席確保(1500+500yen 1drink) ¥2,000
Venue Address
東京都世田谷区北沢2-12-4 2F Japan
Directions
下北沢駅南口徒歩30秒
Organizer
本屋B&B
10,556 Followers