Event is FINISHED

任意団体SEA-CLEAR主催 フィロソフィーダイアログ~自分のために生きよう~第2回

Description

◇◆◇第2回テーマ◇◆◇


「自分」という概念について



◇◆◇概要◇◆◇


こんにちは★任意団体SEA-CLEARの小山祐介(コヤ)です。


《小山祐介プロフィール写真》

フィロソフィーダイアログとは【人生観の対話】を意味しており、団体のビジョン・ミッション・アプローチに基づいたワークショップです。


《当団体ビジョン》

《当団体ミッション・アプローチ》

自分の存在価値を認め、【対話】がその鍵になると〈体感〉してもらうことを目的として、アイスブレイクやヨガの瞑想を取り入れています。


《ダイアログイメージ》

《ヨガ瞑想イメージ》

スーツを着て受講するような堅苦しいものではないので、気軽な気持ちで臨んでください

小山はフィロソフィーインタラキュター(人生観の対話者としてファシリテーターを務めます。


◆流れ◆
①受付(13:10~)
②自己紹介・アイスブレイク
③ダイアログワークショップ
④ワントーク・オールフィードバッ

⑤チェックイン
⑥交流タイム(名刺交換など)
⑦完全解散(~16:00)



《アイスブレイク一例「他己紹介」》


◆報酬(得られること)◆
①自分は生きていていいんだという安心感と自己肯定感
②自分を伝える(表現する)練習と日常生活に活かす機会
③参加者同士の横のつながり(ネットワーク)

◆伝えたいメッセージ◆
①どんな人間にとっても『生きる
』とは神秘的、かつ奇蹟の連続で成り立っており、何をせずとも頑張っていること

②存在していること自体【だれか】や【なにか】に何らかの意味や影響をもたらしていること
③人や社会のためではなく、まず自分のために生きることの大切さ

皆さんのご参加をお待ちしています☆★☆


◇◆◇詳細◇◆◇


[日時]2016年7月5日(火)19:10~22:00
[会場]10°Cafe3階(東京都豊島区高田3-12-8)
JR山手線 東京メトロ東西線 高田馬場駅 徒歩7

http://judecafe.com/
https://www.facebook.com/judecafe/?fref=ts
[定員]15名
[参加費]3,000円

※通常5,000円ですが、6ヶ月間だけ限定価格です!

[持ち物]筆記用具
[申込方法]当イベントぺージにて参加表明してください
※gmail(infoseaclear@gmail.com)でも受け付けています。
[運営者]任意団体SEA-CLEAR代表 小山祐介(コヤ)
団体ブログ http://seaclear.blog.jp/
団体ページ https://www.facebook.com/infoseaclear/
個人ページ https://www.facebook.com/yusuke.koyama.5473


◇◆◇小山祐介プロフィール◇◆◇


1983年9月9日生まれ、O型、おとめ座。

東京都目黒区出身、埼玉県川口市育ち、現住。

幼少期の頃から将来の夢が持てず、父親の逆鱗に触れたことをきっかけに、聞き分けのいい良い子を演じるようになる。小学校(埼玉県川口市立並木小学校)で絵を描くことが好きになり、一時期は画家になる夢を持つが、中学校(埼玉県川口市立幸並中学校)で能力の限界を感じ、断念。高校(さいたま市立浦和南高等学校)では弓道部(二段所有)・大学(専修大学経済学部経済学科)ではマンドリンオーケストラサークル(SMC)に所属。ゼミナールは内山哲郎教授ゼミに在籍していた。成績優秀で、高校では埼玉県教育委員会児童生徒表彰受章、大学では学術奨学生に採用される。

燃え尽き症候群も加わって、夢を持たずに行う就職活動に違和感を持ちながらもシステムエンジニアとしてIT企業に新卒入社。強い劣等感や長時間労働、パワハラが重なり、心身共に疲弊、鬱を発症、24歳で退職。この頃、両親の愛情がわからなくなり、一人暮らしを始める。同時期、山崎ナオコーラに手紙をもらってから「小説家になりたい」と初めて夢を持つようになり、実家に戻った後、書店でアルバイトをしながら処女作「向日葵が咲く頃に」(原稿用紙200枚程度)を執筆。

28歳のとき、初めて父親と胸倉掴み合いの喧嘩をして真正面から向き合う。30歳で利益至上主義に限界を感じ、大学時代に研究していたNPOに転職するも、縦社会の重圧とパワハラを味わい、衝撃を受ける。以降、「自分のために生きる」を提唱するため、父親との和解などを経て、任意団体SEA-CLEARの立ち上げに至る。現在、豊受株式会社(おなかま)店主、田頭和みを師事。NPO法人芸術家の村長期インターン経験有り、NPO法人CRファクトリーではコミュニティ・マネジメント・ラボチームメンバーとして参加中。

※インタビュー記事

「人」という肩書きで生きる(ライター:小野ヒデコ)


◇◆◇ポリシー・ルール◇◆◇


フィロソフィーダイアログ~自分のために生きよう~では安心・安全な[ばしょ]とするため、いくつかポリシーやルールを設けています。


☆★☆ポリシー☆★☆


フィロソフィーダイアログで何より大事にしているのは【対話】と【つながり】です。よって、無理に教え導いたり、促したり、諭したりはしません。

小山が提示するのはあくまで「こういう見方もありますよ」という一意見です。

ワークショップに参加する上で大切にしていただきたいのは、

①小山の意見を《絶対的な正解や答え》だと思わないこと

②小山の意見に対し、自分の内から生まれた「何を感じ、何を思い、何をしたいか」という感覚

です。

もちろん別途ご相談や支援の必要があれば、有料にはなりますが、真摯に誠心誠意ご対応いたします。


☆★☆ルール☆★☆


①否定・非難・批判・誹謗中傷はしない

一旦受け入れることを大切にしてみてください。

②プライバシーに関わる部分は原則「他言無用」

個人的な感想や体験を話したりSNSにあげるのは全然構いません。むしろどんどんやってほしいです!!少しでも多くの人に知ってもらいたいですし(^^)小山が話したことならSNSにあげて全然大丈夫です!!

ただし「〇〇さんが▲▲って言ってた」など、他の方の体験や情報をSNSにあげるのはNGです。


☆★☆補足事項☆★☆


フィロソフィーダイアログの目的は、 自分の存在価値を認め、【対話】がその鍵になると〈体感〉してもらうことにあります。

よって、ネットワークビジネスを代表としたMLM、宗教、ビジネスへの勧誘、ご自身のあつかっているサービス・商品を販売する行為等はイベント中・終了後問わず厳禁です。

もしイベント中、そのような行為が散見された場合、即座に退場していただく可能性がございます。

発覚した場合は、該当者の情報をイベント主催グループにて共有し、以後の参加をお断りさせていただきます。

もし勧誘を受けた等があった場合は、小山にまでご連絡ください。

Event Timeline
Tue Jul 5, 2016
7:10 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
3,000円(当日支払い)
Venue Address
東京都豊島区高田3-12-8 Japan
Directions
JR山手線 東京メトロ東西線 高田馬場駅 徒歩7分
Organizer
「生きる実験台(小説家・詩人・作詞家)」小山祐介(コヤ)
8 Followers