Event is FINISHED

【Japan In-depthxGoHoo】公開熟議 どうする?憲法9条

Description

護憲派/改憲派の二極対立を乗り越え、憲法9条とこの国の将来を「熟議」する。

これからも9条をこのままにして活用すべきか?

個別的自衛権の行使に限定する新9条に改定すべきか?

武力行使の選択肢を限定しない条文に改定すべきか?

9条問題で斬新な問題提起をしてきた4人の論客が、具体的な条文案を発表。この国の将来にふさわしい選択肢とは?この国の安全保障、立憲主義、民主主義について、約3時間、徹底的に議論する

この公開熟議は、元フジテレビ解説委員のジャーナリスト安倍宏行と、日本報道検証機構GoHoo代表楊井人文が共同で主催します。

本企画の趣旨に賛同された方へ、開催費用のご支援を呼びかけております。ご支援者に懇親会招待券や当日の動画DVDなどをお届けします。ぜひREADY FOR?サイトもご覧頂きますようお願いいたします。https://readyfor.jp/projects/article9jukugi 】


1.日時 2016年6月8日(水)18:00~21:00

2.場所 日本記者クラブ10F ホール
  東京都千代田区内幸町2-2-1

3. 内容

17:30 受付開始

18:00 挨拶 Japan In-depth編集長安倍宏行、日本報道検証機構代表理事楊井人文

18:05 パネルディスカッション

20:50 閉幕

【パネリスト】

画像左から、松竹伸幸氏、伊勢崎賢治氏、井上達夫氏、長谷川三千子氏

松竹伸幸(まつたけ・のぶゆき)1955年生まれ、一橋大学経済学部・社会学部卒。全学連委員長、民青同盟国際部長、日本共産党政策委員会安保外交部長を経て、2006年に同党を退職。現在、ジャーナリスト(かもがわ出版編集長)、「自衛隊を活かす会」事務局長。「憲法九条の軍事戦略」「集団的自衛権の深層」(いずれも平凡社新書)、「9条が世界を変える」「集団的自衛権の焦点 「限定容認」をめぐる50の論点」(いずれも、かもがわ出版)など著書多数。


伊勢崎賢治(いせざき・けんじ)1957年生まれ。早稲田大学大学院理工学研究科修士課程修了。国連シエラレオネ派遣団武装解除部長、日本政府特別顧問(アフガニスタン武装解除担当)を経て、現在、東京外国語大学大学院教授(平和構築・紛争予防)。「自衛隊を活かす会」呼びかけ人。「新国防論」(毎日新聞出版)、「本当の戦争の話をしようー世界の『対立』を仕切る」(朝日新聞出版社)、「日本人は人を殺しに行くのか:戦場からの集団的自衛権入門」(朝日新書)、「武装解除」(講談社現代新書)など著書多数。

井上達夫(いのうえ・たつお)1954年生まれ、東京大学法学部卒。現在、同大学大学院教授(法哲学)。日本法哲学会理事長を経て、昨年創刊の研究誌「法と哲学」責任編集委員。2005年、月刊誌「論座」で論文「挑発的!9条論ー削除して自己欺瞞を乗り越えよ」を発表。「リベラルのことは嫌いでも、リベラリズムを嫌いにならないでください」「憲法の涙」(いずれも毎日新聞出版)、「世界正義論」(筑摩選書)など著書多数。「共生の作法ー会話としての正義」(創文社)でサントリー学芸賞、「法という企て」で和辻哲郎文化賞。

長谷川三千子(はせがわ・みちこ)1946年生まれ。東京大学文学部哲学科卒、同大学院博士課程中退(哲学)。現在、埼玉大学名誉教授、NHK経営委員。「日本会議」代表委員。「憲法改正」(共著、中央公論新社)、「九条を読もう!」(幻冬舎新書)、「民主主義とは何なのか」(文春新書)、「激論 日本の民主主義に将来はあるか」(共著、海竜社)、など著書多数。「バベルの謎ヤハウィストの冒険」(中央公論新社)で和辻哲郎文化賞。

【コーディネーター】
Japan In-depth 編集長 安倍宏行

4参加費  3,000円

5問い合わせ先

TEL 03-5315-4957info@wanj.or.jp (担当)日本報道検証機構・楊井

【主催者】

安倍 宏行

1955年東京生まれ。1979年慶応大学経済学部卒業 日産自動車入社 1992年フジテレビ入社報道局政経部。1996年ニューヨーク特派員。1998年同支局長。2002年ニュースジャパンキャスター。2003年経済部長。2010年報道局解説委員。BSフジプライムニュース解説キャスター。2013年9月フジテレビ退社。10月株式会社安倍宏行設立。Japan In-depth創刊、編集長。

      



楊井 人文(やない・ひとふみ)

1980年生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業後、産経新聞記者を経て、2008年、弁護士登録(第一東京弁護士会)。弁護士法人ベリーベスト法律事務所に所属。20124月、マスコミ誤報検証・報道被害救済サイト「GoHoo」を立ち上げ、同年11月、一般社団法人日本報道検証機構を創設、代表。



Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2016-05-27 23:30:03
More updates
Wed Jun 8, 2016
6:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
一般 ¥3,000
Venue Address
日本記者クラブ10F ホール Japan
Directions
東京メトロ 千代田線・日比谷線 霞ヶ関駅 C4、 東京メトロ 丸ノ内線 霞ヶ関駅 B2、 都営三田線 内幸町駅 A7、JR新橋駅 日比谷口(SL広場側)
Organizer
Japan In-depth
283 Followers