Event is FINISHED

佐々木俊尚「レイヤー化する世界」× CiRCUS「リュックサック革命」

Description
 
 20世紀に完成された世界システムはいま急速に衰え、誰が見ても終わりに近づいている。先進国ではどこも若者たちが失業し、富は失われ、社会の活力は乏しくなっている。

 ではこの先の希望とは、いったいどのようなものなのか? 未来の若者はどう働き、どう暮らし、どう生きていくようになるのだろうか?

 新刊「レイヤー化する世界」で、ヨーロッパが生んだ国民国家と民主主義は終わり、人々がさまざまな共同体や仕事や仲間につながりながら、その積み重なり(レイヤー)の中で生きていくだろうと説いたジャーナリスト佐々木俊尚。

 そして、21世紀は世界とつながりつねに移動していく時代であり、「世界に出る」のではなく「世界にいる」感覚を持とうと訴える5人の若者たちによるチーム、CiRCUS。CiRCUSは日本から10,000人の若者が世界に移動しようというムーブメント「リュックサック革命」を呼びかけている。

 この6人の考えに「響いた!」と感じた人は、7月30日に東京・八丁堀に集まろう。そしてこれからの世界のありようと、その世界での生き方について語り合おう。


《当日スケジュール》

18:00 開場
18:30 ~ 20 : 00 トークイベント
20:00 ~ 21:00 懇談会(50名限定)


《登壇者プロフィール》

佐々木俊尚:
作家・ジャーナリスト。1961年兵庫県生まれ。愛知県立岡崎高校卒、早稲田大政経学部政治学科中退。毎日新聞社、月刊アスキー編集部を経て2003年に独立し、IT・メディア分野を中心に取材・執筆している。「レイヤー化する世界」(NHK出版新書)「『当事者』の時代」(光文社新書)「キュレーションの時代」(ちくま新書)「電子書籍の衝撃」(ディスカヴァー21)など著書多数。総務省情報通信白書編集委員。

CiRCUS:
CiRCUSは、旅にテーマを持ちプロジェクト化した5人の若者で設立したチーム。新しい旅の形、テーマを持った旅、世界で働くことなど、世界に出ていく新しい方法をデザインする。若い世代の個の可能性を繋げ、世界を舞台に自分で考えて行動する日本の若者を世界に輩出していく。現在、スルガ銀行とコラボをし、若者を1万に世界に送り出す「リュックサック革命」を始動。

共催:内田洋行

Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2013-07-16 10:45:57
Tue Jul 30, 2013
6:00 PM - 8:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
観覧チケット ¥500
観覧チケット+懇談会費 ¥1,000
観覧チケット+懇談会費(50名) ¥1,000
観覧チケット(130名) ¥500
観覧チケット+懇談会費(50名) ¥1,000
Venue Address
東京都中央区新川2-4-7 ユビキタス協創広場 CANVAS Japan
Directions
「八丁堀駅」A4出口より徒歩4分、東京メトロ 日比谷線・東西線「茅場町駅」1番出口より徒歩5分
Organizer
Yu Aoki
88 Followers