Event is FINISHED

AMBITIONERS’ LAB スペシャル・ワークショップ 第2弾

「リーダーを育てるリーダーになる!」
Description

Ambitioners Lab 第2弾企画


「リーダーを育てるリーダーになる!」


6月1、2日に開催しましたAMBITIONERS’ LAB スペシャル・ワークショップ「未来をつくる8つの力と4つの価値観」に引き続き、8月11日(日)に「AMBITIONERS’ LAB スペシャル・ワークショップ第2弾企画として、「リーダーを育てるリーダーになる!」というテーマでワークショップを開催致します。


<企画背景>


リーダーが、チームや組織で共有ビジョンを実現する過程で直面する課題の一つに、人の課題」があります。


・パーソナルマスタリーを生きるリーダーの学習力に、多くのメンバーがついて来られない状況では、共有ビジョンを実現するスピードが鈍ってしまう。


・そして、その結果、リーダーは、もっと自分の力で頑張ろうとしてしまうのですが、逆にそれが更に、メンバーとのギャップを生んでしまう悪循環に陥ってしまう。


そんな経験がある方も多いのではないでしょうか?


また、これからリーダーシップを発揮していこうとする際に、上記のような状況になってしまうことに不安を感じる方も多いのではないでしょうか?


そんな悪循環のシステムにならないようにし、共有ビジョンを実現するためには、1人で頑張るのではなく、自分と想いを共にするリーダーを育て、そのリーダーがさらに次のリーダーを育てるというシステムを早期に確立することがとても大切です。


今回の8月のワークショップでは、この「リーダーを育てる力」を自分のものにしていただくための内容となります。


◆ワークショップの主な内容:


・未来をつくる8つの力と4つの価値観について

・学習する力

・育成する力

・システム思考の活用方法

・発信力


◆ワークショップの対象者:


・組織や社会の変革を起こしたい方

・リーダーシップ能力を高めたい方

・独立を考えている方

・社会起業家になりたい方

・未来をつくるリーダーの育成に関わっている方

・今までとは違った生き方をしたいと思う全ての方


◆日時:8月11日(日)10:00-18:00(9:30受付)


※終了後、懇親会を企画しております。詳細は別途ご連絡致します。



◆場所:EIJI PRESS LAB~未来が生まれる場所~(英治出版内)


東京都渋谷区恵比寿南1-9-12 ピトレスクビル 5F

http://www.eijipress.co.jp/lab/



◆定員:16名


◆金額:


・通常料金              16,000円


・早割料金(~7/28,8名限定)       14,000円



◆◆◆AMBITIONERS’ LAB について◆◆◆



私たちAMBITIONERS’ LABは、グローバルなビジネス経験と、リーダーシップ教育、人材育成の高度な専門技術を持つプロフェッショナル有志の集まりです。希望に満ちた新しい未来を築くために、これからの社会を担うリーダーや、教育者の育成に力を尽くしたいと願っています。

一人でも多く、同じ志を共有できる仲間をつくり、力を合わせて未来を切り拓いていきたいと思っています。皆様のご参加を心よりお待ちしております。


◇◇AMBITIONERS’ LAB メンバー◇◇


◇熊平美香  


日本教育大学大学院 学長

クマヒラセキュリティ財団 代表理事

Teach for Japan 理事

ハーバード大学経営大学院MBA

TSUTAYAの親会社であるカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社の元取締役。GEリーダーシップ開発センター@クロトンビルにおける『学習する組織』のリーダーシップ開発および変革推進プロセスを日本において展開。2008年には、『学習する組織』を解りやすく解説することを目的とした著書 「チーム・ダーウィン『学習する組織」だけが生き残る』 を出版。現在は、教育の次代をつくる教師のため大学院“日本教育大学大学院“の学長を務めるとともに、日本の教育格差を是正することで「すべての子どもが質の高い教育を受けることのできる社会の実現」に向け活動NPO”Teach For Japanの理事を務めるなど教育関わる分野で幅広く活動中。


◇佐々木繁範


ロジック・アンド・エモーション代表

リーダーシップ・コミュニケーション・コンサルタント

ハーバード大学ケネディ行政大学院 公共経営学修士

日本興業銀行を経て、ソニーに入社。盛田昭夫、出井伸之両CEOの戦略スタッフ兼スピーチライターとして活躍。IT戦略会議の議長補佐として、IT国家戦略の策定にも携わる。2001年にソニーを離れ、複数の企業の現場指揮官として、経営改革に携わる。2009年に経営コンサルタントとして独立。著書「思いが伝わる、心が動く スピーチの教科書」(ダイヤモンド社、2012年)は、中国語でも出版され、世界に通用するスピーチの定番書として評価されている。今を担うリーダーと、未来を担う若い人たちのコミュニケーション能力アップのために力を注いでいる。


◇満田理夫


株式会社ドアーズ グローバルエデュケーション・プロデューサー プログラム開発部長

日系企業、外資系企業における人事業務経験のべ18年。バブル期から現在まで一貫して人事に関わっている珍しい人材。昨今の社会経済状況の中での日本の人材力の維持向上に対する問題意識から、ドアーズ設立に参画。近いうちに海外移住予定。「海外から日本の人材力強化に貢献する。国境を越えないと話しは始まらない」

・エマジェネティックス 認定アソシエイト

・CNS話し方研究所 講師

・Learning Technology Labo 研究員

・教育の未来を考えるワークショップ ファシリテーター


◇宍戸幹央


組織開発・人材育成コンサルタント

株式会社イノセンティブ 取締役

東京大学卒。大学院まで応用物理の分野の研究に携わり、日本IBM入社。

2004年、元々の興味分野である「人間の可能性」の探求を深めるため、創業間もない人材育成ベンチャー企業アルー(当時エデュファクトリー)に参画。企業研修講師の供給部門を立ち上げ、統括責任者として自ら登壇し様々な企業の人材育成に関わるともに、講師育成にも携わり、100名以上の講師陣を備える体制を構築。大企業のグローバル人材育成支援ができる規模になるまで貢献し、2013年独立。

現在は鎌倉を拠点にこれからの時代の個人と組織の新しい在り方の創出を支援中。


◆AMBITIONERS’ LABの提唱する「未来をつくる8つの力と4つの価値観」について


今、過去に類を見ない大変化が起こる中、多くの人たちが、組織や社会の閉塞感と、自らの無力感や方向感の喪失を感じているのではないでしょうか。この状態を打破し「未来をつくる」ために必要な力と価値観をとして私たちは以下の「8つの力と4つの価値観」を提唱致します。


【8つの力】


① 真の自分を生きる力

② 心を突き動かすメッセージ発信力

③ 自らの意志で動く強いチームを創る力

④ 新しい価値を生みだす対話力

⑤ 創造的な問題解決力

⑥ 自ら学び進化する強い組織をつくる力

⑦ 学習する力

⑧ 育成する力


【4つの価値観】


① 人間の創造力と無限の可能性を信じる

② 他者への共感を大事にする

③ 多様性を尊重する

④ 倫理観を大事にする


■私たちの問題意識



私たちは、以下のような現状と課題認識を前提に、本プログラムを開発しました。


1.現状と課題


<地球規模での大変化>


政治、経済、ビジネス、技術、環境、エネルギー、仕事、教育、家族、…。今、私たちを取り巻くあらゆる分野において、猛烈な勢いで、大きな変化が起きています。しかも、その速度は7倍速のドッグイヤーを超えて18倍速のマウスイヤーに、その範囲は、日本のみならず地球規模で進行しています。

これらの変化は、既存の秩序や制度を揺るがし、様々な混乱と摩擦を引き起こしています。また、その一方で、新しい社会のあり方、新しい企業のあり方、新しい働き方を可能とし、様々なチャンスが現れようとしているのも事実です。


<私たちを取り巻く閉塞感>


そんな中、「これまでのやり方が通用しない」、「何とかしなければと思っているが、どうすればいいかわからない」、「解決策は分かっているのだが、皆がバラバラの方向を向いていて、動かすことができない」。企業人のみならず、政治家、官僚、教育者など、多くの人たちが、こうした悩みを抱えているのではないでしょうか。

世界を見渡したとき、意識の高い人たちが、国や企業や社会の変革に向けて動き始めています。しかし、日本では、まだそうした動きは限られています。また、立ち上がったとしても、壁に阻まれて身動きがとれなくなる場合が多いのが現状です。


<未来をつくるリーダーシップ>


地球規模での大変化の時代を生き抜くためには、問題を解決する力、創造する力、変わる力が必要です。組織や社会をリードする人たちや、未来を担う人を育てる教育者たちが、8つの力と4つの価値観からなる、未来をつくるリーダーシップ能力を高めることが必要であると、私たちは考えます。


2.「8つの力と4つの価値観」


<8つの力>


① 真の自分を生きる力


これからのリーダーは、真の自分を生きる力が必要です。人は心から望むことをする時に、とてつもない力を発揮します。これが未来をつくる原動力となるのです。リーダーは、自らはもちろんのこと、多くの人たちが、真の自分を生きることができるように、使命を見いだすことを助け、その実現を後押しする力が求められるのです。


② 心を突き動かすメッセージ発信力


これからのリーダーは、心を突き動かすメッセージ発信力が必要です。未来をつくるためには、ビジョンを発信し、共鳴する仲間をつくり、力を合わせて事に臨むことが大切です。そのためには、論理的に、分かりやすく説明することに加えて、人の心に火をつけ、心と心をつなぐメッセージ発信力が求められるのです。


③ 自らの意志で動く強いチームを創る力


これからのリーダーは、自らの意志で動く強いチームを創る力が必要です。未来をつくるためには、個を超えたチームの力が必要だからです。夢とビジョンと目標を共有し、一人一人が自らの役割を知り、自らの意志でその目標の達成にコミットしていく。強い信頼関係のもと、互いの意見の相違を恐れず、オープンな議論ができる。強制力ではなく、自らの意志で動く。そんなチームを創る力が求められるのです。


④ 新しい価値を生みだす対話力


これからのリーダーは、新しい価値を生みだす対話力が必要です。未来をつくる

ための新しいアイデアは、異質なものが交差するところで生まれます。多様な経験や専門性を持つ人同士が、お互いを尊重し、安心して意見をぶつけあい、学びあうことを通じて、新しい価値が生みだされるのです。意見を主張し合う議論を超えて、傾聴と内省を通じて新しいアイデアを生みだす対話を促す力が求められるのです。


⑤ 創造的な問題解決力


これからのリーダーは、創造的な問題解決力が必要です。未来に向かう過程では、あらゆる分野の既存の秩序が、大きな変化を求められます。そのような中で求められるのは、論理的に考える力、複雑にからみあった全体像を把握する力、過去にとらわれない新しい解を生みだす力です。ロジカル思考、システム思考、デザイン思考を駆使して、創造的に問題を解決する力が求められるのです。


⑥ 自ら学び進化する強い組織をつくる力


これからのリーダーは、自ら学び進化する強い組織をつくる力が必要です。未来をつくるためには、新しい未来を生みだす意志と、過去のとらわれから脱却し、常に新しいものを受け入れ、自ら変わる力を持つ組織をつくるリーダーが求められます。共有ビジョンを実現するために、個人、チーム、組織全体が、必要な気づきと能力を高め続ける組織を創る力が求められるのです。


⑦ 学習する力


これからのリーダーは、学習する力が必要です。未来をつくるためには、過去にしばられず、常に新しい見方を手に入れる必要があります。また、多様性から新しい価値を生みだすことが大切です。好奇心を持ち、異質なものから学び、自らの思考や行動を省みて、自らの枠を広げ、成長する。こんな姿勢で行動し、進化を遂げる力が求められるのです。


⑧ 育成する力


これからのリーダーは、人を育成する力が必要です。自ら学び進化する強い組織をつくるためには、学習する力を持つ人を育成することが大切です。ありたい姿に向けた成長課題を明確にし、伴走者として観察とフィードバックにより人々の成長を支援する。こんな育成力が求められるのです。


<4つの価値観>



① 人間の創造力と無限の可能性を信じる


人間が持つ潜在的な力、まだ見ぬものを創造し、未来を創り出す力は計り知れないものがある。これからのリーダーは、この人間の持つ偉大な創造力と無限の可能性を信じ、人を活かし、人を育てる気概をこれまで以上に持つことが求められる。


② 他者への共感を大事にする


これからのリーダーは、他者の状況を自分の事のように感じる共感力を持つことが必要です。社会の大きな変化の中で、既存の商品やサービスでは十分なニーズが満たされない人たち。大きな生活上の問題を抱えている人たち。人口減少と高齢化という厳しい時代を生き抜かなければならない後の世代の人たち。こんな人たちが置かれた状況に、深く共感することができれば、企業部門も公共部門も含めて、よりよい社会の実現に向けて、様々な新しい価値を生みだすことが可能となります。頭だけでなく、心も体も使って相手を理解する力が求められるのです。


③ 多様性を尊重する


これからのリーダーは、多様性を尊重する姿勢が必要です。多様性を尊いもの、価値あるものとして受け入れ、多様性から新しい価値を生みだし、多様性が安全に存在できる環境をつくる力が求められるのです。


④ 倫理観を大事にする


ここれからのリーダーは、確固とした倫理観を持つことが必要です。自分たちのチームや組織の偏狭な利益だけでなく、社会の善にどのように貢献するかを考慮することが求められます。目的の正しさを常に考えて行動する力が求められるのです。


■ワークショップのベースとなる理論・ノウハウ・著書



① U理論


人がイノベーションを起こす過程で、内面に起きるプロセスを言語化した理論。2007年にマサチューセッツ工科大学のオットー・シャーマー上級講師が提唱。


② 学習する組織


マサチューセッツ工科大学のピーター・センゲ上級講師によって統合された組織論


③ ハーバード教育大学院大学 プロジェクトゼロ


理解のための教育 学習に関する理論


④ ハーバード教育大学院大学 グッドワーク


倫理は価値観について考えを深める教材


⑤ フューチャーオブラーニング


ハーバード教育大学院大学による変化する時代の教育についての研究


⑥ マインド・ブレイン・エデュケーション


ハーバード教育大学院大学による脳科学の学習に対する活用研究


⑦ マルチプルインテリジェンス


1983年に、ハーバード大学のハワード・ガードナー教授が提唱し、現在世界で広く認知されている理論


⑧ 思考の可視化


ハーバード教育大学院のプロジェクトゼロが提唱する学習プログラム


⑨ コッター教授の組織変革論


ハーバード史上最年少の33歳で終身教職権を取得したジョン・P・コッター教授の組織改革論


⑩ MBTI


ユングの心理学的タイプ論に基づいて開発された、世界中で最も多く使われているパーソナルアセスメント


⑪ OECD 『The Definition and Selection of KEY COMPETENCIES』


OECD(経済協力開発機構)が提唱する21世紀の教育 キーコンピテンシーの国際標準


⑫ グローバル教育


米国の団体、Asia Societyは、子どもたちが21世紀の社会を豊かに生きるために必要なグローバルコンピタンス


⑬ ORSC システムコーチング


関係性のコーチング理論


⑭ スタンフォード大学のI スクール デザイン思考


創造の仕方を教えるフリーツール


⑮ ノール・ティチー教授が提唱する理論 リーダーシップ・エンジン


組織にリーダーを育てるエンジンが有ることが大切という理論


⑯ GEクロトンビル・リーダーシップ開発センターのリーダー開発プログラム


◇参考図書・レポート


① ビジネスモデルYOU

② ビジネスモデルジェネレーション

③ ローマクラブの限界なき学習

未知の世界における学習の在り方が提唱された最初の本

④ ハーバードビジネススクールのケース・ハーバードビジネス出版の記事

⑤ The five dysfunctions of a team Patric Lencioni

シリコンバレーのベンチャー企業のエグゼクティブを対象にチーム開発を行っているコンサルタントの書いた本 チームビルディングの基本として活用している

⑥ 知的な未来を創る5つの心

ハーバード大学ハワードガードナー教授による新しい時代に必要なマインドについての研究に関する本

⑦ コーポレットユニバーシティ

CCL(センターフォークリエイティブリーダーシップ)による企業に置けるリーダー養成の在り方の本

⑧ For your improvement

CCL(センターフォークリエイティブリーダーシップ)による個人の育成課題別 育成方法の辞書のような本

⑨スピーチの教科書

以上

Event Timeline
Sun Aug 11, 2013
10:00 AM - 6:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
EIJI PRESS LAB (英治出版Lab)~未来が生まれる場所~ @恵比寿
Tickets
早割チケット ¥14,000(~7/28、8名様限定) ¥14,000
通常チケット¥16,000 ¥16,000
学割チケット ¥10,000
半日チケット ¥8,000
Venue Address
東京都渋谷区恵比寿南1-9-12 ピトレスクビル 5F Japan
Organizer
ANBITIONER'S LAB
2 Followers