Event is FINISHED

シンギュラリティサロン@東京「第10回公開講演会」

Description

シンギュラリティサロン@東京「第10回公開講演会」として、今回は理化学研究所様のご協力をいただきまして、和光地区に設置されているスーパーコンピュータ「Shoubu(菖蒲)」の見学会を開催します。特に菖蒲を利用したい方はぜひ参加して下さい。

※今回の講演会は株式会社PEZY Computing様にて、開発記録のために撮影させていただくことを参加の皆様にご承知おき願います。


日時 2016年5月13日(金)見学会:15:00-17:30、懇親会:17:30-19:30

場所:理化学研究所(埼玉県和光市広沢2−1)

               大河内ホール(見学:情報基盤棟)

                懇親会会場:理化学研究所広沢クラブ


題目

15:00-15:30 理研・菖蒲システムの紹介と利用計画 黒川 原佳 (理化学研究所 情報基盤センター)

15:30-16:00 菖蒲システム 齊藤 元章(株式会社PEZY Computing 創業者・代表取締役社長)

16:00-16:30 内部アーキテクチャ 鳥居 淳 (株式会社ExaScaler CTO)

16:30-17:30 菖蒲および4Dシアターの見学(3班に分かれて実施)

17:30-19:30 懇親会(30名で予定)

定員(先着順) 見学会:95名、懇親会(¥3,000):50名

※懇親会の参加希望の方が多いようなので、20名追加いたしました。もし、すでに「見学会のみ」で申し込んでいて、「懇親会も参加」に変更したい方は、お手数ですが、一度、「見学会のみ」をキャンセルし、あらためて「懇親会も参加」でお申し込み願います。



講演概要

理化学研究所(理研)が、株式会社ExaScaler、株式会社PEZY Computing(PEZY)と共同で設置している2 PetaFLOPS級の液浸冷却スーパーコンピュータ「Shoubu(菖蒲)」(7.03ギガフロップス/ワット (GFLOPS/W))は、2015年8月1日に発表された最新のスーパーコンピュータランキングの消費電力性能部門である「Green500」において、世界第1位を獲得しました。また、同年11月にも連続で「Green500」において世界第1位を獲得しています。これは2007年にGreen500の発表が開始されて以来、理研として初の世界第1位獲得であることに加え、日本企業が開発したスーパーコンピュータとして初、更にはベンチャー企業が開発したスーパーコンピュータとしても世界初の快挙です。今回のシンギュラリティサロンでは、菖蒲の紹介、見学とともに、利用したい方に向けた案内を説明していただきます。菖蒲を使って機械超知能作成に挑戦しましょう。

理研へのアクセスは
http://www.riken.jp/access/wako-map/
研究会の建物は以下の構内地図のC32
http://www.riken.jp/access/wako-map/#anchor2
大河内ホールです。

理研の守衛所で見学会に来たと名前を言って入構証を受け取ってください。守衛所近くに構内地図はありますが、構内地図をホームページで確認して印刷して持ってくると安心です。


主催

シンギュラリティを語る会

シンギュラリティ(技術的特異点)とは、人工知能の能力が人類のそれをはるかに超える出来事または時点と定義され、それ以降の人類の歴史は予測できないとされています。またその時点で人工知能の能力が爆発的に進化する知能爆発が起きるとも言われています。

本公開講演会では、シンギュラリティを様々な側面から議論することによって、主として専門家と一般市民の意識改革を行うことを目指しています。


共催
株式会社ブロードバンドタワー

Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2016-04-25 10:59:26
More updates
Fri May 13, 2016
3:00 PM - 7:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
懇親会も参加(会費¥3,000当日払い)
見学会のみ参加
Venue Address
埼玉県和光市広沢2-1 Japan
Directions
和光駅から徒歩:約15分 バス:約10分(西武バス39番「大泉学園駅」ゆきに乗り、「広沢」で下車。) タクシー:約10分
Organizer
シンギュラリティサロン
1,360 Followers