Event is FINISHED

『多様化する世界と、新しい家族のかたち』
SUSANOO「越境」ラボ 「未来のしくみ」を考えよう Vol.3

Description

「家族」といえば、どのような形を思い浮かべますか?

自分が育った環境を思い返したり、近所の友達の家族を思い出したり・・

 

今回のイベントでは、今ある「家族」という概念を、普段より少し広げて考えてみます。

 

話題提供をするのは、下記3名の起業家。

 

・日本初・産後ケアの分野を20年間にわたって切り拓いてきた、【マドレボニータ・吉岡マコさん】

・貧困、虐待、非行の経験で、いき場を失った若者とともにしごとを作り暮らす【NOCA アリー・カワキタさん】

・薬物依存症の当事者と、周囲の人たちとの繋がりをつくる、【DOUGUBAKO・小関真澄さん】   

 

蓋をされてきた社会課題に果敢に挑んできた起業家と一緒に考える、

参加型クロストーク!

 

★SUSANOOとは?


<定員>  30名(先着順)
<当日プログラム(予定)>
19:00-19:10 オープニング、アイスブレイク
19:10-19:40 登壇起業家によるプレゼンテーション
19:40-20:20 クロストーク
20:20-20:40 質疑応答、場との議論
20:40-21:00 自由交流


◆登壇者プロフィール

・吉岡 マコ 氏 / NPO法人マドレボニータ 代表、SUSANOO第1期メンバー


 自身の出産を通して、産後女性をケアする制度やサービスが公にも民間にもないことを
 知る。1998年「産後のボディケア&フィットネス教室」開始。
 2007年NPO法人マドレボニータを設立。


・アリー・カワキタ 氏 / 一般社団法人NOCA 代表理事、SUSANOO第2期メンバー

 ヒト、モノ、コトのそのまんまの価値を発掘しアップサイクルさせる0→1が得意。
 各地で様々な人と様々な活動を立ち上げつつそのまんまイキ、イラレル社会を作る。
 天の声を聴き「風」を師と仰いでいる。


・小関 真澄 氏 / DOUGUBAKO共同創業メンバー、SUSANOO第3期メンバー

 精神病院男子急性期病棟、小児精神病院女子思春期病棟勤務を経て、
 タイでの寄り道生活の後、依存症クリニックで看護師として勤務。
 誰もがしらふで素直に生きられるほど、世の中甘くないことをじわじわ実感している。



◆「未来のしくみ」を考えるSUASNOO「越境」ラボ Vol.4も開催!

【Vol.4】 4/21(木)19:00-21:00
『畑と食卓のオシャレなつなぎ方』


★【Vol.1】『”失われゆくもの”で、日本を輝かす ―日本酒、家紋、祭から―』
 【Vol.2】『”未来のしくみ”をつくる仲間になろう ―起業家の右腕募集説明会―』は、
 それぞれ盛況の内に開催しました。当日の様子は、下記よりご覧いただけます!

→【Vol.1】https://goo.gl/lffqAC
 【Vol.2】https://goo.gl/MaJvdW

Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2016-04-12 00:37:19
Thu Apr 14, 2016
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
参加お申込
Venue Address
東京都渋谷区神南1-5-7 APPLE OHMIビル5階 Japan
Directions
渋谷駅・原宿駅より徒歩10分
Organizer
SUSANOO
484 Followers