Event is FINISHED

Wenzel FUCHS Serenade - Champagne Concert

Description

ヴェンツェル・フックス
ベルリン・フィルハルモニー管弦楽団 首席クラリネット奏者

オーストリア、インスブルック出身。世界的に人気の高い名クラリネット奏者。音楽一家に生れ、ウィーン音楽院在学中は、学生でありながらウィーン・フィルハー モニー管弦楽団の公演に参加。ウィーン・フォルクスオーパー管弦楽団、オーストリア放送交響楽団の首席奏者を経て、30歳 でベルリン・フィルハーモニー管弦楽団のソロクラリネット奏者となった。ベルリン・フィルでの演奏のかたわら、積極的に後進の指導、マスタークラス、ソリストとしての演奏も行い、暖かく、気さくで、ユーモアに溢れる人柄で知られる。東京シンフォニアとの共演はソリストの中でも最多の3回目となる


Wenzel Fuchs

Born in Innsbruck, Austria, in 1963, Wenzel Fuchs is surely the most eminent and sought after clarinetist in the world. Scion of a musical family, he was accepted into the Vienna Musikhochschule where, even as a student, he was called upon to perform with the Vienna Philharmonic. He served as Principal Clarinet of the Vienna Volksoper and the Austrian Radio Symphony Orchestra before being appointed, at age 30, Solo Clarinet of the Berlin Philharmonic. In addition to performing in the famed Philharmonic, he is highly active teaching, presenting masterclasses, and appearing worldwide as a solo artist.

Wenzel Fuchs is known by his friends and colleagues for his warm personality, good humour, and sense of comradeship. This will be his third appearance as soloist with the Tokyo Sinfonia, the only artist to be so invited.

カール・マリア・フォン・ウェーバー (1786-1826)
ドイツオペラの先駆者であり、短くも輝かしい人生において、ドイツの伝説と民話をもとにして、ドイツ的な雰囲気と観念を持ったオペラに作り上げた。レチタティーボにきわめて重要な役を割り当て、オーケストラを伴奏としてでなく交響的に使用。優れたピアニストだったウェーバーは、才能ある音楽家仲間のために超技巧の曲を作曲した。当時の名クラリネット奏者ベールマンのために、協奏的大二重奏曲1曲、小協奏曲1曲、クラリネット五重奏曲1曲、協奏曲2曲が作曲された

Carl Maria von Weber (1792-1868)
In Weber’s brief but brilliant life, he led the way to a German tradition of opera, borrowing from Germanic legends and folktales and saturating it with Germanic atmosphere and ideals. He assigned an all-important role to recitativo, and used the orchestra symphonically. A brilliant pianist himself, Weber wrote virtuoso compositions to feature the talents of other colleagues. For Heinrich Bärmann, the greatest clarinetist of the time, he produced a grand duo concertante, a concertino, a clarinet quintet, and clarinet concertos in f minor and e-flat major.

フランツ・ダンツィ (1763-1826)
ミュンヘン宮廷楽団の首席チェロ奏者だった父の後を継ぐ。ダンツィはモーツァルトと面識があり、崇敬していた。ベートーヴェンのことも知っていて、強くも複雑な感情を持っていた。また、若きウェーバーの指導者であり、その音楽を称賛し奨励した。ダンツィは、チャーミングで精巧な曲を多くの様式で作り、楽器の特性を活かした作風にプライドを持っていた。この曲では、ベルリンで演奏と指導に活躍する フルート奏者の今永靖子さんと夫妻で共演する。

Franz Danzi (1763-1826)
Danzi succeeded his father as principal cello of the court orchestra in Munich. He knew Mozart, whom he revered, and Beethoven, about whom he had strong but mixed feelings; and he was a mentor to the young Carl Maria von Weber, whose music he admired and promoted. Danzi composed charming, well-crafted music in many genres, taking well deserved pride in the idiomatic treatment of the instruments.
For this performance Wenzel Fuchs will be partnered by his wife. Flutist Yasuko Imanaga Fuchs maintains a busy career as performer and teacher in Berlin.

ローベルト・フックス (1847-1927)
ウィーンに生まれ、ウィーン音楽院で学び、後には同校で37年間音楽理論の教授を務めた。その生徒の中には、エネスク、コンゴールド、マーラー、シベリウス、ウルフ等、有名になった作曲家も多い。多くの様式で作曲し、最もよく知れているのは、5つの弦楽セレナーデである。あまりに人気があったので、「セレナーデ屋の狐(フックス)」というあだながついた。

Robert Fuchs (1847-1927)
Vienna-born Robert Fuchs studied at the Vienna Conservatory, where he later served for 37 years as professor of music theory. Among his students were some of the most notable composers of Europe, including Enescu, Korngold, Mahler, Sibelius, Wolf and many others. Writing in many genres, his best-known works were his five string serenades, whose popularity was so great that he came to be known as “Serenaden-Fuchs.”

東京シンフォニア&ロバート・ライカー
東京シンフォニアは、アットホームな雰囲気と高い芸術性を持って、あらゆる機会に対応した演奏を提供する、世界でもユニークな室内オーケストラ。あたたかく豊かな音色、いきいきとした表現力を特徴とし、音楽監督ロバート・ライカーの音楽への愛情を音で表す。イマジネーション溢れる選曲とプログラム構成の楽しいコンサートが特徴。ロバート・ライカーは100回以上の東京シンフォニアコンサートを指揮。3つの国でオーケストラを創設。カナダ、インド、日本で10団のオーケストラやオペラの音楽監督、首席客演指揮者、アドバイザーを務め、50都市以上で音楽活動。

Tokyo Sinfonia & Robert Rÿker
Lauded as the most exciting orchestra in Japan, the Tokyo Sinfonia is unique in the world. Personable, flexible, and delightfully creative, it is distinguished by rich sound, lively expression, and friendly rapport with the audience. Embodying the warmth and immediacy of Robert Rÿker’s affectionate approach to music, the Sinfonia has won much praise for the imaginative programming and inviting presentation of its hugely enjoyable events.

Maestro Rÿker has appeared in over 50 cities on four continents, served as music director, principal conductor or musical advisor of more than 10 symphony orchestras and opera companies in various parts of the world, and founded orchestras in Canada, India, and Japan.

PROGRAM
Concerto for Clarinet & Strings in F Minor, Op. 73 (Carl Maria von Weber)
クラリネット協奏曲 ヘ短調 作品73 (ウェーバー)

Sinfonia Concertante for Flute, Clarinet & Strings, Op. 41 (Franz Danzi) - with his wife, Yasuko Imanaga
フルート、クラリネット、弦楽のための交響協奏曲 (ダンツィ)
フルート 今永靖子

Serenade for Strings in C Major, Op. 14 (Robert Fuchs)
弦楽のためのセレナーデ ハ長調 作品14 (ローベルト・フックス)


終演後は出演者と一緒にシャンパンタイム

(Followed by post-performance champagne reception)


開演 19:00、 開場 18:30
CONCERT START TIME : 19:00 <> DOORS OPEN from : 18:30

TICKETS / INFORMATION
料金: (コンサート&シャンパンタイム)
1名 5,500円 2名以上のグループの場合 1名 5,000円
1学生 2,500円

Tickets: Single ¥5,500; Group ¥5,000 each; Student ¥2,500
お支払いはクレジットカードまたはペイパルで
(右側の「チケットを申し込む」ボタンをクリック)
Buy your tickets on-line using credit card / Pay Pal
(Click the BUY TICKETS button on right side bar of this page)
または、メールまたはお電話で
or
contact us directly by -
Email : tickets@tokyosinfonia.com or Phone : (03) 3588 0738

Event Timeline
Updates
  • The event description was updated. Diff 2016-05-24 09:02:29
More updates
Wed Jul 13, 2016
7:00 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
銀座 王子ホール Oji Hall, Ginza
Tickets
Single ¥5,500
Group (2 or more persons) ¥5,000
Student ¥2,500
Venue Address
東京都中央区銀座4丁目7番5号  Japan
Directions
●JR 有楽町駅下車・ 銀座口から徒歩7分
●地下鉄 銀座駅下車・A12出口から徒歩1分
●地下鉄 銀座一丁目駅下車・9出口より徒歩5分
●地下鉄 東銀座駅下車・A2出口から徒歩2分
Organizer
東京シンフォニア Tokyo Sinfonia
237 Followers