Event is FINISHED

第55回ヴェネツィア・ビエンナーレ報告―2010年代のアートはどこに向かうのか?

Description
【開催日時】2013年7月31日(水)19:00〜21:00
      *120分のレクチャーとなります*


今年で55回目を迎えるヴェネツィア・ビエンナーレが、6月に開幕しました。

100年以上の歴史を誇るこの世界最古のビエンナーレは、

20世紀のアートの状況ばかりでなく、そのコンテクストとなる時代を色濃く映し出してきました。


今回の講義では、講師に美術評論家・市原研太郎氏をお迎えし、

21世紀に入って大きく変化しつつある世界の情勢を背景に、

2010年代に行われたヴェネツィア・ビエンナーレを通して

アートが示す反応を検討したいと思います。


そのために、市原氏が先日訪れた2013年のビエンナーレを

2つのセクションに分けて報告いたします。

1つ目は、同時代の世界を反映するナショナル・ビエンナーレ部門について。

2つ目は、2010年代のアートの方向に貴重な示唆を与えている企画部門についての

展示を観賞しながら、2010年代のアートの潮流について考えます。



<講師:市原研太郎氏からのメッセージ>

世界にあまたあるビエンナーレのなかでも、100年以上の歴史をもつ世界最大のヴェネツィア・ビエンナーレ。今年のビエンナーレは、本体のナショナル・パビリオンと企画部門と併せて、ビエンナーレに付属するかたちで、ヴェネツィア市内で同時期に200にも及ぶ特別展が開催されています。そのすべてを紹介するどころか観賞することも不可能なので、私が観得た限りで興味深い企画と思われる展覧会の画像もお見せします。なお、前回の2010年のビエンナーレを参考にしますので、あらかじめ私の展評を読んでくだされば、2010年代のアートについての理解がより深まると思います。



Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2013-07-11 05:30:06
Wed Jul 31, 2013
7:00 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
3331 Arts Chiyoda
Tickets
一般 ¥2,000
学生 ¥1,000
Venue Address
東京都千代田区外神田6丁目11-14 Japan
Organizer
3331 Arts Chiyoda
968 Followers