Event is FINISHED

越川芳明×星野智幸「占いと呪文と文学」『あっけらかんの国キューバ―革命と宗教のあいだを旅して』(猿江商會)刊行記念

Description
ポストモダン文学の名翻訳者である、越川芳明さんの著書『あっけらかんの国 キューバ~革命と宗教のあいだを旅して~』が、2月に猿江商會から発売されました。

「キューバの魅力の奥深さを、正確に伝える稀有な書物」と村上龍氏も絶賛した本書は、 『日本経済新聞』の人気連載を中心に、大幅に加筆した単行本です。折しも、昨年54年ぶりにアメリカと国交回復したばかりで、オバマ大統領、そしてローリング・ストーンズが相次いで訪問するなど、キューバには、今もっとも注目が集まっていると言えるでしょう。

・なぜ日本の大学教授でもある越川さんがなぜ、日本で唯一の現地の黒人信仰「サンテリア」の司祭になってしまったのか?
・キューバ人はなぜ辛いものが苦手なのか?
・なぜ勝新太郎が有名なのか? 等

今回のイベントでは、越川さんとキューバに関するこうした問いを通じて、ゆるくてタフなキューバ人の素顔についてお話いただく予定です。お相手は、『呪文』という著書もある、メキシコを始めラテンアメリカの経験も豊富な、作家の星野智幸さん。

「キューバ」「占い」「呪文」そしてもちろん「文学」についてどんなお話が飛び出すのか今から楽しみです! 

【出演】
越川芳明(明治大学文学部教授)
星野智幸(作家)

【日時】
2016年4月22日(金)
20:00~22:00 (19:30開場)

【場所】
本屋B&B
世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

【入場料】
1500yen+500yen/1drink

Event Timeline
Fri Apr 22, 2016
8:00 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
B&B
Tickets
前売/席確保(1500+500yen 1drink) ¥2,000
Venue Address
東京都世田谷区北沢2-12-4 2F Japan
Directions
下北沢駅南口徒歩30秒
Organizer
本屋B&B
10,537 Followers