Event is FINISHED

独自の人工知能を開発するテクノロジーカンパニー・グリッド代表が語る「AIが変革する生活インフラのありかた」

Description
独自の人工知能を開発するテクノロジーカンパニー・グリッド代表が語る
「AIが変革する生活インフラのありかた」

自社開発の人工知能プラットフォームを活用し、エネルギー・気象・交通・医療をはじめ生活インフラにかかわる課題解決をグローバルに展開するテクノロジーカンパニー・グリッド。

人工知能の技術が注目される中、そのアルゴリズムを独自に開発できる技術力を持った企業は稀で、日本には数えるほどしかありません。「グリッド」は、社内のアルゴリズム開発者が東京大学や慶應義塾大学と協力し、人工知能・機械学習のプラットフォームをゼロから開発してきた稀有なテクノロジーベンチャーです。

現在、その技術は国や大企業などからも認められ、発電所の電力量予測、乳がん検診の誤診防止、IoTによる健康管理など、さまざまな分野で「生活インフラ」の課題解決に利用されています。

グリッドは今後、人工知能・ディープラーニングのプラットフォームのオープンソース化も進め、カリフォルニア大学バークレー校のBVLCが開発したCaffeや、Googleが解放しているTensorFlowなどと肩を並べ、世界のオープンイノベーションにも貢献していきます。

今回登壇するのは、グリッドの代表を務める中村秀樹氏。
グリッドが目指す「インフラ×ライフ」イノベーションの考え方や、太陽光発電から人工知能によるインフラ課題解決まで多岐に渡る事業詳細、人工知能をはじめとする特徴的なテクノロジーなどを語り尽くしていただきます。

▼こんな人におすすめです!

若手社会人(20代・30代) 対象
特に以下のいずれかに当てはまる人には特にご参加をおすすめします!

・人工知能のアルゴリズム開発に興味がある方
・人工知能などのテクノロジーを、真に社会や次世代のためになる形で活用したい方
・グローバルなビジネスが当たり前のように展開されている環境で成長したい方
・人々の生命・生活に密接に関わる社会問題解決に興味がある方
・生活インフラに密接に関わるビジネスは、総合商社のような大企業でないとできないと思っている方

===============
▼登壇者プロフィール
中村 秀樹(なかむら ひでき)
代表取締役

1971年生まれ 一級建築士
大学で建築を学ぶ。学生時代はバックパッカーで国内・海外の様々な都市や街を歩き周る。

その中阪神大震災が起き、被災者ながら様々なボランティア活動に参加し、改めて現代社会においてのインフラやコミュニティーの大切さを肌で感じる。
その経験を通して、建築デザインからインフラデザインへ志向が変わり、重電関連会社に就職、大小様々なプロジェクトに関わる。

その後、建築・不動産会社に転職、環境共生型建築開発から電気・ガスなどのインフラ会社との共同事業、新会社設立、子供職業体験施設開発などに関わる。
2009年GRIDの創業メンバーとして、太陽光事業をきっかけに人々の生活を幸せにす様々な事業を世の中に創出していきたいと考え、国内・海外で日々活動中。
___________________________
▼開催概要
日時: 2016年4月16日(土) 15:00-17:00
場所: Found Tokyo 南青山(スローガン株式会社 2階)
 東京都港区南青山2-11-17 第一法規ビル2F(最寄:外苑前or青山一丁目)
 http://www.slogan.jp/about
対象: 20代・30代の社会人の方
参加費: 無料
Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2016-04-07 00:31:23
Sat Apr 16, 2016
3:00 PM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Found Tokyo 2F
Tickets
【学生向け】参加無料
【社会人向け】参加無料
Venue Address
東京都港区南青山2-11-17 第一法規ビル2F Japan
Organizer
スローガン株式会社
998 Followers