Event is FINISHED

ライフプランの中で「はたらく」を考えよう

Description

結婚、夫の転勤、妊娠、出産、育児、介護――。

女性のキャリアはさまざまなライフイベントによって修正や中断を余儀なくされがちです。

それでも自分らしく働くためにはどうすればいいのでしょうか。

東洋経済新報社では今春、新しいウェブメディアをスタートします。

これからの時代に、女性がよりよく「はたらく」にはどうしたらいいのか。

自分自身が幸せに生きるための「はたらく」を考えるメディアとして、いま働いている人にとってもいま働いていない人にとっても有益な情報を積極的に発信していきます。

5月のサイトオープンに先駆け、「女性が自分らしく働き、暮らすための人生設計セミナー」として、専門家3人をお招きし、リアルな情報交換の場を設けました。


当日のプログラム

【第1部】10:00~11:45

・「あきらめないで!はたらき方は自分で決める」

 NPO法人Arrow Arrow代表・堀江由香里氏

・「自分の資質を知ってベストな仕事、働き方をみつけよう」 

 数字統計学研究家・いのまた美き氏

 (軽食)

【第2部】12:15~14:30

・「産む選択、産んでからの選択、育てられる社会」 

 NPO法人親子の未来を支える会代表・林伸彦氏

・質疑応答タイム 

 (司会)東洋経済新報社・堀越千代

・参加者、登壇者のみなさまによる楽しい交流会

http://www.tkwa.top/


登壇者ご紹介

●NPO法人Arrow Arrow 代表理事・堀江由香里氏

horie

人材会社を経てNPO法人フローレンスで事業部長などに就く。10年に「子育てや介護などに左右されずに働くことができる社会」を創るべくNPO法人 Arrow Arrow設立。企業向けプログラム「産休!Thankyou!」のほか、全国6自治体で「ママインターン」事業を展開。自由大学「生き方デザイン学」講師。

●数字統計学研究家・いのまた美き氏

inomata19歳で家業の財務を担った後、25歳で3社の財務責任者を経験。05年ミキズ有限会社設立。その後、ユダヤ人が古くから活用している数字学問から独自の性格分析法、バイオリズム分析法「数字統計学」を考案。 現在は数多くの企業経営者や著名人に対してリスクヘッジや目標達成のサポートを担う。

●NPO法人「親子の未来を支える会」代表理事、産婦人科医・林伸彦氏

hayashi東京大学で分子生物学・発生学を学んだ後、千葉大学医学部へ編入。産婦人科医になる。生まれる前に治療しうる病気がある一方で、胎児診断(出生前診断)を進めると、結果として中絶が増えるという矛盾にぶつかる。また、障がいや子育て全般への社会的理解・サポートが充実しておらず、妊娠出産を機にやりたいことを諦めてしまう女性が多いことに疑問を抱く。現在は、英国の福祉制度、胎児医療を学ぶためにロンドン留学中。


ご参加にあたって

【参加費】
・第1部のみ参加(10:00~11:45)/3000円
・第2部のみ参加(12:15~14:30)/3000円
・第1部、第2部とも参加/5500円(軽食代含む)

【当日の持ち物】 ・筆記用具 ・電卓


【キャンセルについて】

・キャンセルされる場合は必ずご連絡ください。

・7日前以降のキャンセルは、以下のキャンセル料がかかります。あらかじめご了承ください。   7日前~当日:100%


Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2016-04-18 09:59:05
Sun Apr 24, 2016
10:00 AM - 2:15 PM JST
Add to Calendar
Venue
東洋経済新報社7階
Tickets
第1部のみ参加 ¥3,000
第2部のみ参加 ¥3,000
第1部、第2部とも参加(軽食代含む) ¥5,500
Venue Address
東京都中央区日本橋本石町1-2-1 Japan
Directions
半蔵門線「三越前駅」B3出口から徒歩0分、銀座線「三越前駅」A3出口または「日本橋駅」A1出口から徒歩3分、 東西線「日本橋駅」A1出口から徒歩3分 、JR「東京駅」日本橋口から徒歩5分 
Organizer
「Women’s Intelligence~女性がもっと経済に興味を持つためのきっかけづくりプロジェクト」
41 Followers