Event is FINISHED

ラブラブラブシネマスピンオフ企画 HANA MATSUMOTO GRADUATION in lovelovelove cinema

Description

ラブラブラブシネマがお送りする、JK映画監督の松本花奈の卒業式in UPLINK


ラブにまつわる情念まみれの映画祭、ラブラブラブシネマがこの春スピンオフ企画として「HANA MATSUMOTO GRADUATION in lovelovelove cinema」を行います!

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2016において、新作『脱脱脱脱17』(ダダダダ セブンティーン)が審査員特別賞を受賞するなど目まぐるしい活躍をしている、女子高生映画監督の松本花奈ですが、ついにこの春高校を卒業!そんな卒業を迎える彼女に対して、俺たちなりの贈る言葉、俺たちなりの卒業式を行います‼

女子高生映画監督というゲタを脱ぐ今、彼女は何を想い、何を感じているのか。
松本花奈という一人の女の子の今しかないこの瞬間を捉えた、甘酸っぱいトークを展開!

また、卒業にひっかけ、冨永昌敬、森岡龍といったグレイトフルなパイセンたちの卒業制作を上映。上映後はこれから女子大生になる松本花奈へ、パイセンたちが学生監督として、一人の映画人としてあるべき姿を熱くご指導ご鞭撻!

松本花奈を知らない人も知っている人も、きっと松本花奈のことを応援したくなる!
アップリンクに卒業という春の嵐を巻き起こせ!
俺たちは松本花奈を肯定する!!!

【トーク出演】
松本花奈
冨永昌敬
中村祐太郎
アベラヒデノブ
黒田将史
大下直人
【第一部】
トークセッション「松本、女子高生辞めるってよ、俺たちなりの卒業式」
今年、高校を卒業する松本花奈の卒業式をアップリンクで俺たちなりに堂々開催。今までの松本花奈の経歴を振り返る「約3分で分かる松本花奈講座」から、大切なあの方々からのメッセージ、新作「脱脱脱脱17」のこと、なぜ本イベントのスチール写真を篠山紀信が撮ることになったのか華麗かつ優美に語り尽くします!
ゲスト:松本花奈

「卒業とははじまりに過ぎない!パイセンたちの熱血教室~上映編~」(135分)
松本花奈卒業への一種のメッセージとしてパイセン達の卒業制作を上映。ともに伝説および幻となっている貴重な作品!松本花奈よ、刮目せよ!!
上映作品1.『Dolmen/ドルメン』(24分)
上映作品2.『ニュータウンの青春』(95分)


【第二部】
トークセッション「卒業とははじまりに過ぎない!パイセンたちの熱血教室~トーク編~」
卒業とははじまりに過ぎない。そもそも、松本花奈自体何者でもない。そんな、俺たちの妹、松本花奈にグレイトフルな先輩たちの卒業制作を上映し、来たるべく大学生活の心構え、学生時代はどのような映画を撮ろうと心掛けたのか。また、一人の映画監督としてあるべき姿、どうしたら面白い映画が撮れるかなど普遍的なテーマも教え諭す。この春、大学生になる人、学生時代映画を撮っている人、何かモラトリアムこじらせてくすぶっている人、全方位に向けられたトークイベントである!
ゲスト:冨永昌敬

『ドルメン』(1999年/日本/24分)
監督:冨永 昌敬
いじめを苦に失踪した青年シェフ(声が女性のように高い)からの復讐にウェイトレスは怯えるが、いじめていたのは店長であって、どちらかというとウェイトレスは気の毒なシェフを案じていた。しかし大変なことになったのである。



©️ダングラール

『ニュータウンの青春』(2011年/日本/95分)
監督・脚本:森岡龍
出演:島村和秀/飯田芳/嶺豪一/宇野祥平/松本花奈/前野朋哉
配給:ダングラール
下町と新興住宅が立ち並び、ニュータウンを川が分断する千葉県浦安市のとある街。映画監督を目指す高校三年生の島村和秀・通称“カズカズ”(島村和秀)は、作品にするでもなく、8ミリカメラで街を撮影している。和秀はいつも同じ公園で、スナック『霊界』の息子で同級生の嶺豪一(嶺豪一)、無職で2年上の先輩・飯田(飯田芳)となんとはなくたむろしている。公園の前を通る女性・富永が気になってはいるものの、ただ遠くから眺めるしかない。ある日、富永がストーカーの被害に遭っていることを知った3人は、ストーカー退治を請け負う。退屈な日々に生まれた刺激に浮足立つ3人は盛り上がるままに行動してしまい、勘違いや失敗ばかりする。それでも3人は楽しかった。しかし、結局は3人が離 れ離れとなるきっかけとなってしまい、かけがえのない人や場所から離れて、3人は少しずつ大人になっていく

【ゲストプロフィール】
冨永昌敬
1975年愛媛県生まれ。1999年日本大学芸術学部映画学科卒業。おもな監督作品は『ドルメン』(99)、『ビクーニャ』(02)、『亀虫』(03)、『シャーリー・テンプル・ジャポン PART2』(04)、『パビリオン山椒魚』(06)、『コンナオトナノオンナノコ』(07)、『シャーリーの転落人生』(08)、『パンドラの匣』(09)、『乱暴と待機』(10)、『庭にお願い』(10)、『アトムの足音が聞こえる』(11)、『目を閉じてギラギラ』(11)、『ローリング』(15)など。最新作はドキュメンタリー『マンガをはみだした男 赤塚不二夫』(GWよりポレポレ東中野など)、TBSドラマイズム『ディアスポリス 異邦警察』(4/12より放映)。

松本花奈
1998年、大阪府出身。
同世代の仲間とつくった初監督長編監督作品 映画「真夏の夢」が
ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015フォアキャスト部門に正式出品。その後もKisssh-Kissssssh映画祭、湖畔の映画祭、10代の映画祭での上映など広がりを見せる。 以降高校生活と並行で映像制作を続け、竹友あつき「ワレモノ注意」MVがShorts Short Film Festival & Asia2015 ミュージックShort部門にて上映。井上苑子メジャーデビューアルバムリード曲「大切な君へ」MVがyoutubeにて180万回再生突破。
※上映作品は近日発表
最新長編映画「脱脱脱脱17」がゆうばり国際ファンタスティック映画祭2016で審査員特別賞を受賞
 

ラブラブラブシネマ運営事務局
ラブラブラブシネマとは次世代の映画監督たちが「ラブ」にまつわる過去作を上映し、新作を制作および競い合う情念溢れる映画祭です。
映画を語るんじゃなくて、映画を出しにLOVEについて考えたい。
いいじゃないか、いつだってボーイ・ミーツ・ガールこそが物語を紡ぐ。
LOVEにまつわる、ラブにまみれたレトロスペクティブとコンペティション
それが、ラブラブラブシネマ。

主宰:中村祐太郎
1990年、東京都大田区出身。多摩美術大学卒。
自身初の劇映画『ぽんぽん』(2013) が多数の劇場、映画祭で上映され、続いて『あんこまん』等の意欲作を発表する。
東京学生映画祭で2度のグランプリ、MOOSIC LAB 2014で作品賞、男優賞、ミュージシャン賞の三冠を獲得する。
卒業制作の「雲の屑」(2015)、名古屋市中川区の助成作「アーリーサマー」(2015)は、公開待機中。
撮影監督として、スチャダラパー「中庸平凡パンチ」(2015)
役者として、園子温監督作『TOKYO TRIBE』(2014 年)や、SWANNY主催の演劇作品等に出演している。

アベラヒデノブ
1989年、ニューヨーク州生まれ。
監督・俳優、大阪芸大卒。俳優として、二宮健監督作品『SLUM-POLIS』(2015)、藤井道人監督作品の『7s/セブンス』(2015)に出演。
監督として映画『死にたすぎるハダカ』(2012)で福井映画祭2012長編部門グランプリ、モントリオールファンタジア映画祭入賞。2014年、映画『めちゃくちゃなステップで』(2014)で、Short shorts film festival & asia 2014 UULAアワード受賞

黒田将史
1993年、大阪府生まれ。
1年間芸人活動を経て、独学で映画の道へ。 初監督作品『おとなになりたくて』(2013)が、したまちコメディ大賞2013でグランプリと観客賞を史上最年少受賞。
MOOSIC LAB 2014で『QOQ』(2014)が準グランプリと主演のケツが最優秀男優賞を受賞。2014年CO2助成監督に選ばれ『バカドロン』(2015)を製作し、大阪アジアン映画祭に出品。

運営事務局代表:大下直人
和歌山の漁港で野外上映や空き家を上映施設にし、自主制作映画のコンペティションを行うKisssh-Kissssssh映画祭創設メンバー。
現在は放送・映画業界で奔走中。

Event Timeline
Sun Apr 3, 2016
6:30 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
アップリンク
Tickets
前売(自由席) ¥1,500
Venue Address
渋谷区宇田川町37-18トツネビル1F Japan
Organizer
UPLINK
5,587 Followers