Event is FINISHED

土方巽1960 しずかな家 II【午前の部】

Description

アートの街・黄金町(横浜市)は、50年以上前からアートの街だった!?

芸術の世界に強い影響を与えた前衛ダンサー・土方巽(1928〜1986年)。

じつは1960年に京急・黄金町駅から徒歩5分の赤門町で暮らしていました。

この企画では、現代のアーティストたちが集まり、

地域に残る土方の痕跡を汲み取りながら、同時代の表現として発信します。

午前の部:トークイベント
午後の部:野外公演

【午前の部・日時】
2016年4月2日(土) 午前10時〜(9:45受付開始

午前の部・会場】

野毛地区センター会議室(横浜市中区野毛町3-160-4 3F)

http://www.nogechikusen.com/


        キャバレー「将軍」のマスコット的存在だったシロクマ


黄金町とキャバレーの隠れた歴史!?
前衛舞踊家も関わった56年前の秘話を掘り起こすイベントを開催


午前の部・概要】
 黄金町時代の土方がキャバレーでショーダンサーとして暮らしていたというエピソードにちなみ、「舞踏とキャバレー:昭和元禄と平成バブルの時代をマイナーアートはどう生き抜いたのか 土方巽のキャバレー『将軍』の事例を中心に」(仮題)と題してトークイベントを行います。

 かつて若葉町には美空ひばりの実弟である小野透のキャバレー「おしどり」がありました。2013年に閉館したストリップの「黄金劇場」(現・「旧劇場」)では、じつは土方門下のダンサーたちが幕間のショーに出演していたそうです。土方がキャバレーに出演していたのは、横浜のグランドキャバレーが大輪の花を咲かせていた時代。舞踏とキャバレーについて語ることで、黄金町のあらたな顔が明らかになります。

  • 舞踏家・小林嵯峨大野慶人ほか、キャバレーに所縁のある舞台人たちが、キャバレーと舞台の関係について語る
  • 土方巽が経営していた六本木のキャバレー「将軍」に関するトーク
  • 司会は舞踊批評家・武藤大

2014年に行われた第1回公演のアーカイヴ(トークはありませんでした)が見られます。
 ▼
https://note.mu/yanvalou/m/mf984ce68093a

*【午後の部】の雨天時の対応など、最新情報は https://note.mu/yanvalou/m/ma363e4aec17a を御覧下さい。

Event Timeline
Sat Apr 2, 2016
10:00 AM - 12:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
自由席 ¥1,000
Venue Address
横浜市中区野毛町3-160-4 3F Japan
Directions
JR桜木町駅の地下道「野毛ちかみち」南1野毛山公園出口から徒歩5分。京急日ノ出町駅から徒歩5分。ちぇるる野毛ビル3階。
Organizer
檀原照和(スタジオ天神橋)
12 Followers