Event is FINISHED

ライオン祭 vol.2 『南アフリカのライオンと私たち~トーク&ワークショップで知る・感じる光と影~』 

Description

ライオンといえば、どんなイメージが心に浮かびますか。恐い、勇敢、百獣の王、それとも・・・・?ライオンは誰もが知っているおなじみの動物ですが、野生では現在およそ2万頭ほどに減少し、なんと今後20年以内の絶滅が危惧されています。


ライオンという動物の魅力にアプローチしながらアフリカのライオンへの関心を高め、日本にいる私たちの生きるエネルギーも充電する、ライオン祭。昨年12月の初開催に続き、第二回目となります。


今回は、南アフリカのホワイトライオン保護活動に翻訳者として携わらせて頂いてきた東海笑子が、南アにおけるライオンの現状をより深く知り、学ぶ機会として企画しました。南ア育ちのメディアコーディネーターであり、NPO法人「アフリカゾウの涙」代表としても活躍されている山脇愛理さんをスペシャル・ゲストにお迎えします。


どきどきするような南アフリカでのライオン体験談から、狩猟ビジネスの実態にいたるまで、幅広く皆さんと話し、感じ、考える時間になればと思います。集いの最後には、テーマに関連したワークショップも行います。


【日時】 2016年4月3日(日) 15:30~19:00    

【場所】 ギャラリーゆうど 

    JR目白駅より徒歩7分(東京都新宿区下落合3-20-21)

【参加費】 前払い 2800円 当日 3000円 

【定員】 25名程 

*南アフリカの赤ワインやルイボスティーとImaginary Cafeによる特製おやつ〈南ア産アマルーラクリーム入り麻炭ケーキ〉をご用意しています。

*定員制のため、必ず事前のご予約をお願い致します(Peatixにて前払いまたは予約のみをお選び頂けます)。

*メールでのご予約やお問い合わせ先 lionfestival@umira.net

*書籍 『ミステリー・オブ・ザ・ホワイトライオン』(リンダ・タッカー著/東海笑子訳/2015)は税抜き価格3700円にて販売致します。ご購入希望の方は、チケット予約時のフォームにご記入下さい。


【プログラム(仮)】※内容は変更する可能性もあります。

15:15 開場  

15:30 イントロダクション

16:10 「南アフリカのライオンたちと狩猟ビジネスの実態」(山脇)

16:50 「南アフリカのホワイトライオン保護区での体験」(東海) 

17:30 質問コーナー/休憩    

18:00 シェアタイム(+ワークショップ by UMIRA)  

19:00 終了 


19:00-20:30 【懇親会】(Imaginary Cafe) 

※任意参加です(別途1000円前後を予定)



【メンバー】


山脇愛理 (スペシャル・ゲスト)

NPO法人「アフリカゾウの涙」代表理事。幼少期に当時まだアパルトヘイトだった南アフリカへ移住し、クルーガー国立公園などの動物保護区で多くの時を過ごす。南アフリカのヴィッツ大学動物学科で動物行動生態学を専攻。卒業後、日本の動物番組をきっかけにメディアコーディネーターとして活動を開始。アフリカ各地の動物や大自然などをテレビ番組で紹介する。一年の約半分はアフリカと日本の間を行き来し、NPO活動を通して日本での象牙需要ゼロ運動に力を入れている。http://tearsofelephants.jimdo.com/


東海笑子 (ライオン祭・企画代表)

東京生まれ。イギリス南西部のファルマス大学芸術学部でファインアートとコリオグラフィーを専攻。2011年より南アフリカのホワイトライオン保護活動に関わり、現地に滞在しながら『ミステリー・オブ・ザ・ホワイトライオン 初めて開示されるライオンシャーマンの教え』(リンダ・タッカー著/2015年)の翻訳に携わる。光と影をテーマとしたワークショップを通じて、人と自然の結びつきや、生きる実感を育む活動を目指している。 UMIRA主宰。 http://www.umira.net/


瀬戸洋平 (ファシリテーター)

静岡県御殿場市出身。幼少期に篠笛と出会い-、お囃子・民謡・ロックなど多様なジャンル-の中で「見える音」「踊れる音色」を探求する。2014年より瀬戸洋平バンドを始動させ、地域の祭・イベント・ライブハウス等で精力的に活動の場を拡げている。視覚障がい者としての視点や経験を活かし、美術館やさまざまなワークショップ等で1人1人の眼差しを言葉に対話を行うファシリテーターとしての顏も併せもつ。http://setoshinobue.jimdo.com/


Imaginary Cafe〜想像的民族料理店〜

田中庸平による料理プロジェクト。架空の民族料理というコンセプトで、週一度だけオープンする武蔵小金井での店での3 年間の営業を経て、現在は無店舗型料理店として、目白の古民家「ゆうど」を中心に、食と身体を巡る活動をしている。イベントプロデュースやワークショップなども行っている。http://facebook.com/imaginarycafe


フライヤー水彩画: 久保田綾子

Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2016-03-31 13:49:10
More updates
Sun Apr 3, 2016
3:30 PM - 7:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
ギャラリーゆうど
Tickets
前払い ¥2,800
予約のみ(当日払い)

On sale until Apr 2, 2016, 11:59:00 PM

Venue Address
東京都新宿区下落合3-20-21 Japan
Directions
【ゆうどまでの道案内】 JR山手線目白駅下車(改札は1つ)、初めての方だと徒歩7分くらい。 改札を出てすぐ前の信号を渡り、目白通り沿いを左の方へ5分ほど歩きます。4つ目の下落合三丁目という信号の角を右へ曲がり、電信柱一つ目を左折、右手三軒目です。
Organizer
UMIRA
75 Followers