Event is FINISHED

【2016.4.16(土) 第5回碧樹会 ドキュメンタリー映画上映会×眞野豊氏トーク】

Description

ジェンダー・マリアージュ全米を揺るがした同性婚裁判~』×眞野豊氏トーク

 20156月、全州で同性婚が容認されたアメリカ。そこに至るまでには、愛と涙の積み重ねがありました。「ジェンダー・マリアージュ」は米国最大の州、カルフォルニア州での同性婚裁判を追ったドキュメンタリーです。 上映会の後は、”性の多様性と教育”(クィア・ペダゴジー)の専門家で当事者でもある九州大学大学院の眞野豊さんに、この映画の感想をうかがうとともに、日本の性的マイノリティをめぐる現状と今後の課題についてお話をうかがいます。

 【イベント概要】

 日時:2016416日(土) 14:0017:0013:30開場)

    上映:14:0016:00

参加者意見シェア:16001610

    九州大学の眞野豊氏トーク:16:1517:15

 場所:電気ビル共創館 7F 会議室(一般参加者:20席、碧樹会:10席)

 料金:1,500円(ワンドリンク、お茶菓子付)

 主催:九州・アジア経営塾 碧樹会 後援:ユナイテッドピープル

 問い合わせ先:九州・アジア経営塾 碧樹会

  西 隆行 080-8551-9037 2_nishi@hekijyu.org

  事務局:梅野 2_umeno@hekijyu.org、 宗 9_sou@hekijyu.org

 【ストーリー】

 同性婚が合法とされていたアメリカ・カリフォルニア州で、200811月、 結婚を男女間に限定する州憲法修正案「提案8号」が通過。同性婚が再び 禁止されることになった。この「提案8号」を人権侵害であるとして州を 提訴したのが二組の同性カップル。クリス&サンディとポール&ジェフ。 アメリカ合衆国最高裁判所で婚姻の平等が初めて争われるこの訴訟のもと、かつてブッシュ対ゴアの大統領選で敵同士だった2人の弁護士、テッド・オルソンとデヴィッド・ボイスも手を取り合う。愛とは、家族とは、人権とは……。彼らのかつてない闘いを5年以上に渡って撮影し続けた感動のドキュメンタリー。


眞野 豊 MANO Yutaka
プロフィール
九州大学大学院博士後期課程在学中。同性愛を公言しながら公立中学校へ6年間勤務。LGBTの人権を題材とした道徳の授業や教職員へ向けた研修を行ってきた。現在は「性の多様性を学校現場でどう教えるか」をテーマに研究・講演活動に取り組んでいる。NPO法人「LGBTの家族と友人をつなぐ会」会員。2015年8月には、オランダ原作の同性愛の絵本『王さまと王さま』を共訳し、出版した(リンダ・ハーン&スターン・ナイランド作、ゲルマー・アンドレア&眞野豊訳『王さまと王さま』ポット出版)。



Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2016-02-29 04:59:55
More updates
Sat Apr 16, 2016
2:00 PM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
電気ビル共創館 7F 会議室
Tickets
一般参加 1500円(現地払い)
碧樹会会員 1500円(現地払い)
Venue Address
福岡市中央区渡辺通2-1-82 7F Japan
Organizer
西 隆行
114 Followers
Attendees
20 / 30