Event is FINISHED

火災から3ヶ月後。これからの木工房ようびを見に来て欲しい

Description
■ 主催者から
欲しい未来をつくる人々が集い、肩書を外し自分の夢を語り支え合うコミュニティー「home」。毎回ゲストを1名お呼びし、トークをしてもらい、そのあと対話の場をつくっています。

今回のゲストは木工房ようびの大島さん。皆様もご存知のとおり、1月23日の朝、工房が全焼する出来事があったばかり。彼を支えることが何かできないかと、大島さんの仕事でもパートナーでもあり、homeの仲間でもある山川さんと企画をしました。以下、山川さんの文章です。

ーーーーーーーー
但馬さんと一緒にhomeをお手伝いしている山川です。いつもは場所の調整だけですが、今回は自分が中心となって呼びかけたいと思います。僕の大切な友人であり、大切な仕事のパートナーでもある大島正幸さんが今回のhomeのゲストです。

大島さんは、岡山県北部にある西粟倉村で木工房ようびという家具工房をやっています。社長であり、職人さんでもあります。ちっちゃい人なつこいおじさんです。(35歳
彼の家具にかける想いや情熱は常軌を逸していて(笑)、恋に落ちた中高生のようなテンションで家具について語ってきます。
彼らの作る家具も素晴らしく、特にスギやヒノキなど日本の木で美しいフォルムを作れる唯一無二の職人集団だと思っています。そんな彼らが今ピンチを迎えています。工房が火事で全焼してしまったのです。時間をかけて手に馴染んだ工具、家具になる前の材料、出荷前の商品、機械も建物も全て燃えてしまいました。

不幸中の幸いですが、人は全員が無事で、そして皆、折れることなくすぐに再起を誓ったそうです。それから一ヶ月たった今、東京工房が再稼働し、少しずつ復活の兆しは見え始めています。

しかしまだまだ大変なことには変わりません。

家具づくりを続けるための短期的な支援(カンパ)と、長期的な見通し(家具や空間の仕事)が必要です。
落ち込んでいるんではないか、大丈夫なのか。色々、心配の声も届いています。
そこで火事から3ヶ月後のようびを直接知ってもらえるような報告会を兼ねたイベントをhomeでやりたいと思っています。お気持ちでカンパも集められたら。こんなところで道が途絶えちゃいけない人たちだと思っています。あんな人いないよ。。
みんなで復活に向けてhomeらしい方法で支援していきたいです。ご参加のほど、お願いします!
ーーー

■タイムスケジュール
19:00 開始
21:30 懇親会開始
22:00 終了

<ホームについて>
欲しい未来を創りたいと思って行動している、または行動したいと思っている人々の緩やかなコミュニティーです。想いを持っている参加者がその肩書にこだわらずに対話をベースにつながり、お互いがお互いを受け入れる。コミュニティーメンバーのもうひとつのホームになれる場作りを心がけています。
Event Timeline
Tue Apr 26, 2016
7:00 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
銀座 文祥堂
Tickets
参加費(軽食、ドリンク込み) ¥3,000
参加費:学生(軽食、ドリンク込み) ¥2,000
Venue Address
東京都中央区銀座三丁目4番12号6F Japan
Organizer
ユウヒト
187 Followers