Event is FINISHED

3月8日夜「地域とつながるアイデアソンの作り方 第2回」 無料講座

Description

3月1日、3月8日にさくらWORKS関内(横浜市中区相生町3)及び開港記念会館(横浜市中区本町1)で、2回にわたる連続講座「地域とつながるアイデアソンの作り方~ファシリテーション入門~」が開催されます。

主催はNPO法人横浜コミュニティデザイン・ラボ。横浜市立大学影山摩子弥研究室との協働事業として、NPO法人横浜スタンダード推進協議会(横浜市神奈川区大口仲町)と連携して行います。

NPO法人アイデア創発コミュニティ推進機構 理事長の矢吹博和さん

NPO法人アイデア創発コミュニティ推進機構 理事長の矢吹博和さん

講師はNPO法人「アイデア創発コミュニティ推進機構」代表理事の矢吹 博和さんです。アイデア創発コミュニティ推進機構では「アイデアを生み出すための様々な手法」を用いて、答えが用意されていない問いに対して、具体的な解決につながるアクションを引き出すためのコミュニティづくりをを推進しています。

矢吹さんはこれまで、米国航空宇宙局(NASA)や日本の独立行政法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)などが公開している宇宙・地球環境・衛星関連のデータを利用してアプリ開発などを行う、世界規模のハッカソン「International Space Apps Challenge(ISAC)」のファシリテーターや、ローソン、NTTコミュニケーション、インテル、読売新聞社などのアイデアソン運営を担当するなど、豊富な実践経験があります。

アイデアソンとは、「アイデア」と「マラソン」を組み合わせた造語です。ある特定のテーマについて集まり、対話を通じて、新たなアイデア創出やアクションプラン、ビジネスモデルの構築などを一気に行うイベントのことです。

今回の講座では、具体的な「問い」を設定したうえで話し合いの場を整理し促進させる役割であるファシリテーターの役割を学び、ふだんの会議などで活用できるアイデア創出の基本的な手法を体験できます。

第2回目の講座では「2020年、横浜市役所移転後の旧庁舎跡の活用法は?」をテーマに学びを深めます。


この日は、慶応大学SFC准教授の井庭崇さんが創造した対話の手法「フューチャーランゲージ」を体験します。未来・課題・解決策のつながりを意識しながら対話を繰り返し、アイデアを見つける手法などを体験します。

1企業・1団体だけでは対応できない事業に取り組む際に必要な「アイデア創出」のスキルアップ「事業開発へのつながり」「地域の人との対話からアイデアのきっかけをつかみ取る」などの地域が企業とつながることで双方向に良い影響を与えることが出来る活動、地域住人と共にアイデアを生み出し、活動を行うきっかけづくりの場となっています。



第2回概要

日時:3月8日(火)19:00~21:30
場所:横浜市開港記念会館1号室 横浜市中区本町1-6
講師:矢吹 博和氏 NPO法人アイデア創発コミュニティ推進機構 理事長

タイムスケジュール:

19:10-19:20 アイスブレイク
19:20-19:30 フューチャーランゲージ説明
19:30-20:50 フューチャーランゲージ演習
「2020年市役所移転後の旧庁舎の活用法 」
20:50-21:00 休憩
20:00-21:10 プレゼンテーション
21:00-21:20 振り返り

参加費:無料

Event Timeline
Tue Mar 8, 2016
7:00 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
横浜市開港記念会館
Tickets
参加表明
Venue Address
神奈川県横浜市中区本町1−6 Japan
Directions
JR京浜東北線・根岸線「関内駅」南口から徒歩10分(約700m)、市営地下鉄線「関内駅」1番出口から徒歩10分(約700m)、みなとみらい線「日本大通り駅」1番出口から徒歩1分(約50m)
Organizer
NPO法人横浜コミュニティデザイン・ラボ
507 Followers