Event is FINISHED

【特別講座】 「もやし屋って何?日本の発酵食文化を支えてきた種麹屋」

Description

京都で300年続く老舗種麹屋「菱六」の助野彰彦社長をお迎えして、日本の麹文化について教えて頂きます。日本には、味噌や醤油、みりんなど、様々な発酵食品がありますが、それらはすべて麹菌によって作られています。麹菌は日本特有の菌で日本の国菌にも指定されており、この元となる種麹を製造・販売しているのが業界では「もやし屋」と呼ばれる種麹屋です。現在、全国に存在する種麹屋は10数件しかありません。今回は、そんな種麹屋の現状もお伺いしながら、種麹の歴史、種麹の製造工程、麹菌の繁殖の様子などを顕微鏡で撮影した映像を見ながら、解説頂きます。また菱六さんの開発された「米麹パウダー」を使った実習もあり!是非この機会に日本の発酵食の源について学びましょう。

日時:427日(水) 1030123015分前から入室可能)

場所:日本発酵文化協会東京会場(祐天寺「旧豆種菌」)→mapはこちら http://hakkou.or.jp/map.php

講師:助野彰彦(株式会社 菱六 代表取締役社長)

→講師プロフィールはこちら http://hakkou.or.jp/lectures/index2#koushi_50

定員:25

会費:6,480円(税込み)

持ち物:エプロン・筆記用具・ハンドタオル

※受講者人数が10名様に満たない時は中止となる場合がございますのでご了承ください。

中止の場合は事前にご連絡いたします。

※キャンセルに関しましては、仕入れの都合上、受講料全額分のキャンセル料が発生致します。


Event Timeline
Wed Apr 27, 2016
10:30 AM - 12:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
受講料 ¥6,480

On sale until Apr 24, 2016, 11:50:00 PM

Venue Address
東京都目黒区五本木1丁目6-3 Japan
Directions
祐天寺駅から徒歩約6分
Organizer
一般社団法人 日本発酵文化協会
862 Followers