Event is FINISHED

向井山朋子[コンサート+アーティストトーク]

Description
※チケットは予定枚数に達しました。当日券の販売は未定です。決まり次第こちらでご連絡いたします。

オランダを拠点に活動してきたピアニスト・美術家の向井山朋子が2016年より日本での活動を本格化。今年は2つの作品「La Mode(ラ・ モード)」と「Home」を発表予定。
ナビゲーターに著述家・ディレクターの湯山玲子さんを迎え、ミニコンサートとトークで「これからの」向井山朋子に迫ります。


日時:2016年4月5日(火)16:00〜(開場:15:30)
会場:Hakujyu Hall1階サロン
料金:全席自由 予約 2,000円(当日 2,500円)
出演:向井山朋子(ピアノ/トーク)&湯山玲子(ナビゲーター)
演目:ジョン・ルーサー・ アダムス作曲「アマング・レッド・マウンテンズ」他
※曲目は変更になる場合があります

協力:Hakujyu Hall
お問い合わせ:multus.ticket@gmail.com

○向井山朋子 tomoko Mukaiyama

オランダ・アムステルダム在住のピアニスト、美術家。1991年国際ガウデアムス演奏家コンクールに日本人として初めて優勝、村松賞受賞。アンサンフル・モデルン、アンサンブル・アンテルコンタンポラン、ロンドンシンフォニッタ、 ロイヤルコンサルトヘボウなどに毎年ソリストとして招聘され、新曲の初演に携わる。また、近年は従来の形式にとらわれない舞台芸術やインスタレーション作品を発表。2007年、向井山朋子ファンデーションをオランダに、2015年には日本で一般社団法人◯+(マルタス)を設立し、プロデュースの分野でも活躍。音楽のみならず美術、建築、ファッション、ダンス、写真など幅広い分野とのコラボレーションで独創性を発揮している。2016年は建築家の伊東豊雄氏らと共にファッションと境界線をテーマにした舞台『La Mode(ラ・ モード)』を制作。台中メトロポリタンオペラハウスでのこけら落とし公演後、東京、オランダでツアー予定。また、さいたまトリエンナーレで新作『HOME』を発表する。


○湯山玲子 Reiko Yuyama

著述家、ディレクター。出版、広告の分野でクリエイティブ・ディレクター、プランナー、プロデューサーとして活動。同時に評論、エッセイストとしても著作活動を行っており、特に女性誌等のメディアにおいては、コメンテーターとしての登場多数。現場主義をモットーに、クラブカルチャー、映画、音楽、食、ファッション等、文化全般を独特の筆致で横断するテキストにファンが多い。
20代の『AneCan』から、50代の『HERS』まで、全世代の女性誌にコラム連載やコメントを多く発表。主な著作に『女ひとり寿司』(幻冬舎文庫)、『クラブカルチャー!』(毎日新聞出版局)、『女装する女』(新潮新書)、『四十路越え!』(ワニブックス)、『ビッチの触り方』(ワニブックス)、上野千鶴子との対談『快楽上等! 3.11以降を生きる』(幻冬舎)、『ベルばら手帖』(マガジンハウス)。月一回のペースで、爆音でクラシックを聴く「爆クラ」イベントを開催中。 (有)ホウ71取締役。日本大学藝術学部文藝学科非常勤講師。

Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2016-03-28 23:43:38
More updates
Tue Apr 5, 2016
4:00 PM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
自由席 ¥2,000
Venue Address
東京都渋谷区富ヶ谷1-37-5 Japan
Directions
東京メトロ(千代田線)代々木公園徒歩5分/小田急線 代々木八幡駅 徒歩5分
Organizer
Multus ○+ マルタス
36 Followers