Event is FINISHED

『恋愛のゆくえ』:堀之内出版『nyx』2号発刊記念

Description

『nyx』2 号第2特集「恋愛論」刊行記念トークイベント

『恋愛のゆくえ』

伊澤高志 × 佐々木雄大 × 宮野真生子

恋愛の歓びと苦しみは、洋の東西、時代の古き新しき
を問わず、人間にとって普遍的な感情のように思われ
る。それがあたかも人生の最重要事であるかのように。
しかし、それは本当だろうか。

『nyx』2号第2特集「恋愛論」の執筆者3人が恋愛に ついて語ります。


<登壇者紹介>

愛し合う身体と言葉のゆくえ 『ロミオとジュリエット』に おける愛、性、結婚

伊澤高志(いざわたかし)

一九七八年生まれ。立正大学文学部文 学科講師。専攻はイギリス文学。論文 に「旅する恋人たち『ロミオとジュ リエット』翻案試論」(『文学部論叢』 一三七号、二○一四年)等。共著に『十 七世紀英文学と戦争』(金星堂、二〇〇 六年)、共訳にドリーン・マッシー『空 間のために』(月曜社、二○一四年)等。


タブーは破られるためにある エロティシズムにおける禁止と侵犯

佐々木雄大(ささきゆうた)

一九七八年生まれ。玉川大学非常勤講 師。専攻は倫理学。論文に「バタイユ 宇宙と測りあうほどの労働」『PO SSE』二八号、二〇一五年、「〈エコ ノミー〉の概念史概説自己と世界 の配置のために」『nyx』創刊号、二 〇一五年、等。共著に『近代哲学の名著』 中公新書、二〇一一年、『現代哲学の名 著』中公新書、二〇〇九年、等。


恋愛という「宿痾」を生きる

宮野真生子(みやのまきこ)

一九七七年生まれ。福岡大学人文学部 文化学科准教授。著書に『なぜ、私た ちは恋をして生きるのか』(ナカニシヤ 出版、二〇一四年)、共著に『「おのず から」と「みずから」のあわい公 共する世界を日本思想にさぐる』( 東 京大学出版会、二〇一〇年)、他。『愛・ 性・家族の哲学』(全三巻、ナカニシヤ 出版)が二〇一六年三月刊行予定。


日時 201634日(金)19時~ 21

場所 本のにほひのしない本屋 神楽坂モノガタリ

料金 1,500 円(1ドリンク付)

  (当日受付にてご精算ください)

お問合せ先:メール(info@horinouchi-shuppan.com)

堀之内出版ウェブサイト(http://www.horinouchi-shuppan.com)

いずれかをご利用ください。

※登壇者に回答してもらいたい恋愛にまつわる質問・相談等ありましたらお寄せ下さい。

 イベントで質問・相談をご紹介する場合、 個人情報は伏せてご紹介いたします。



Event Timeline
Fri Mar 4, 2016
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
神楽坂モノガタリ
Tickets
当日ご精算1500円(1ドリンク付)
Venue Address
東京都新宿区神楽坂6丁目43 K'sPlace 2F Japan
Organizer
神楽坂モノガタリ・イベント部 "Asyl de Kagurazaka" 
1,420 Followers